小規模事業者がCTIを導入すべき理由とは?おすすめCTIツールも紹介

 
これは CTI の製品です!
CTIの製品資料を一括ダウンロード

小規模事業者でCTIを導入するべき理由

小規模事業者がCTI(Computer Telephony Integration)を導入するべき理由はいくつかあります。特に以下の点が挙げられます。

ミスを減らせる

CTIを導入することで、業務プロセスの自動化が可能となり、人為的なミスが減少します。

リピーターのお客様から信頼されやすくなる

CTIにより、顧客の情報が的確に取り扱われ、良好な顧客対応が可能となり、リピーターの信頼を築きやすくなります。

担当外でも電話対応しやすくなる

CTIは通話情報や顧客情報を一元管理し、担当者が不在でも他のスタッフが迅速かつ正確に対応できます。

これらのメリットは特に小規模事業者にとって有益です。

おすすめの類似CTIシステム

電話営業が劇的に効率アップList Navigator

(4.5)

基本料金 150円〜/1ブースあたり 無料お試し あり
初期費用 0円〜 システム利用料金 30日間無料

トップアポインターやスーパーバイザーとしての経歴がある開発者の豊富な経験やノウハウが詰め込まれたCTIのため、電話営業の効率アップを実現する機能が豊富に搭載されています。

誰でも使えるUIを採用

List Navigatorは、直感的に操作できるユーザーインターフェースを採用しており、オペレーターの方が最小限の操作で業務を行うことができるように、細部までこだわって開発されているシステムです。

テレワークにも活用できる

List Navigatorは、クラウド型のシステムであるため、PCとインターネット環境が整っていれば、時間や場所を選ばずに利用することができます。

クリアな音質

CTIにおいて意外とトラブルになりがちなのが音質です。 いくら効率化につながる機能が搭載されていても、肝心の通話品質に問題があっては意味がありません。 List Navigatorは、どこよりもクリアな音声でストレスフリーな通話環境の実現にこだわっているため、効率的かつスムーズな電話業務が可能になります。

テレアポ効率が向上するCTIシステムBizBaseテレマーケティング

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し デモあり
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 6ヶ月間

実際にBizBaseテレマーケティングを導入した企業からは「1時間あたりのコール数が270%アップした」、「80時間かかっていた業務が21時間まで削減できた」、「サポート対応が丁寧で良い」などの声が挙げられております。

架電先管理で効率的なテレアポが可能

RBizBaseテレマーケティングは「架電件数をもっと増やしたい」、「無駄な動作を省略して生産性を上げたい」といった悩みを解消する機能が豊富に搭載されています。

お問い合わせを自動で応答・管理

BizBaseテレマーケティングは通話内容の録音やモニタリングによって電話対応の品質を向上させることができます。 また、IVR(自動音声応答)やACD(着信呼自動分配)によってお問い合わせ対応のスピードアップを実現可能です。 担当者への転送も容易に可能なため、状況に応じて適切なお問い合わせ対応が可能になります。

蓄積した情報から顧客分析・行動改善

分析機能にも優れており、担当者単位での集計はもちろん、日次·月次などの時間単位でのリアルタイム集計が可能です。 常に最新の集計結果が確認できるため、顧客分析をもとにトークスクリプトを作成してオペレーターの行動改善に繋げることが可能となります。

小規模事業者のCTIシステムを選ぶ際のポイント

CTIシステムを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

クラウド型・オンプレミス型どちらを利用するか

オンプレミス型はセキュリティが強固だがコストが高く、クラウド型はコストが抑えられるが柔軟性にやや欠けることがあります。

セキュリティ対策の強さ

クラウド型CTIを利用する場合は、他社サーバーにデータを格納するため、セキュリティ対策が重要です。

インバウンド・アウトバウンドのどちらか

自社の業務に合わせて、問い合わせ対応をメインにするなら「インバウンド型CTI」、営業活動を重視するなら「アウトバウンド型CTI」を選択します。

顧客対応の品質向上に繋がるか

CTIには顧客情報の自動表示や通話メモ機能などがあり、これらが顧客対応の品質向上に寄与します。

顧客管理システム(CRM)との連携

既存のCRMを使用している場合、CTIとの連携がスムーズであるか確認しましょう。

小規模事業者におすすめできるCTIシステム

一部の小規模事業者におすすめのCTIシステムとして、以下のいくつかが挙げられます。

ComdeskLead

インサイドセールスCTIであり、携帯回線を利用して通話コストの削減と業務効率化が可能です。

EverCall

シンプルで無駄のないCTIシステムで、初めて導入する企業に適しています。低価格かつ効率的な業務効率化が可能です。

MiiTel

AI搭載のクラウドIP電話サービスで、電話営業のコスト削減や顧客対応の可視化が可能です。

発助

オートコールシステムであり、イベントのお知らせやアンケート調査などを行う際に適しています。手軽で安価な特長があります。

まとめ

これらのCTIシステムは、小規模事業者にとって効果的な選択肢となります。 CTIの導入を検討している企業は、自身の業務ニーズに合ったシステムを選択する際に、この記事を参考にしてみてください。