これは CTIの製品です。
CTIの資料をダウンロード

コールセンターは、顧客から商品やサービスに関する問い合わせに対応するために重要な業務。
顧客の悩みを汲み取り、適切なサポートを得られるかどうかによって企業の印象が変わってきます。

コールセンターの業務を効率化し、1人でも多くの顧客に対応したいと感じている企業も多いのではないでしょうか。
今回は、コールセンターの業務をサポートするNICE CXoneについて解説していきます。
気になる方は一度参考にしてください。

NICE CXoneとは?

NICE CXoneは、NICE社が開発したクラウド型コンタクトセンターソフトウェアです。
AIを活用した各種分析機能だけでなく、ワークフォースマネジメント機能を搭載。
オムニチャネルに対応しているため、顧客に対してアプローチしやすくなっています。

数多くの企業がNICE CXoneを導入しているので、気になる方は導入するかどうか一度検討してください。

のおすすめ製品

の製品をまとめて資料請求

NICE CXoneの特徴

新しいソフトウェアを導入する際、どのような特徴があるか押さえておくことが重要。
NICE CXoneにより普段の業務を効率よく行えるようになるかどうか把握した上で導入の準備を進めましょう。
NICE CXoneの主な特徴として、以下のものが挙げられます。

  • 電話以外の連絡手段に対応可能
  • 顧客の自己解決をサポート
  • 容易に導入が可能

ここでは、NICE CXoneの各特徴について取り上げます。

電話以外の連絡手段に対応可能

NICE CXoneは電話やメール、チャット、LINEなど、さまざまな連絡手段で顧客へ対応できます。
1人でも多くの顧客とやり取りするためには、さまざまな連絡手段でやり取りできるようにすることが重要。

コールセンターの業務をサポートするソフトウェアを導入する際、オムニチャネルに対応しているかチェックすることをおすすめします。

また、さまざまな連絡手段での対応やエージェントのデスクトップ画面を記録し、業務を効率化するための課題について検討できるのもメリットです。

顧客の自己解決をサポート

AIチャットボットをはじめ、ナレッジマネジメントやIVRなどのセルフサービスを提供しているのもNICE CXoneの特徴。
顧客に自己解決を促し、問い合わせの数を減らしたいと感じている際はNICE CXoneを導入するか検討してください。

容易に導入が可能

NICE CXoneはクラウド型のため、PCと通信環境が整っていれば導入できます。
専用機器を設置する必要がありません。
また、契約中のフリーダイヤル・ナビダイヤルをそのまま利用できます。
電源費用などの費用がかからないため、運用に必要なコストを軽減できるのもメリット。

NICE CXoneで業務の効率化を図ることが重要

コールセンターの業務をサポートするソフトウェアは多岐にわたります。
従業員の負担を軽減し、業務の効率化を図るためにも、どのような機能があるかなどを細かくチェックすることが重要。

1人でも多くの顧客に対応したいと感じている企業はNICE CXoneを導入するか検討してください。

これは CTIの製品です。
CTIの資料をダウンロード

NICE CXoneの料金・価格

初期費用

0円

月額費用

5,300円

NICE CXoneの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

NICE CXoneの良い評判・口コミ

・クライアントアプリをインストールするのが不要な点が良かった。

NICE CXoneのその他の評判・口コミ

・操作時に動作が遅れる場合がある。

NICE CXoneを導入した結果に関する評判・口コミ

・システムを運用する際にコストや煩雑さが解消された。

これは CTIの製品です。
CTIの資料をダウンロード

その他の関連する記事