テレアポリストとは?購入のメリットやおすすめのサービスを紹介

 
これは CTI の製品です!
CTIの製品資料を一括ダウンロード

新規の顧客獲得や見込み客へのアプローチとして、電話を活用する営業手法をテレアポと呼びます。テレアポを実施するには、電話をかける対象となるリストを作成しなければなりません。このテレアポリストは、自社で作成することも可能ですが、外部業者に依頼して作成することも可能です。

本記事では、テレアポリストの購入におけるメリットや注意点について詳しく解説します。

テレアポリストとは?

テレアポリストは、電話営業に活用するための情報がリスト化された資料を指します。主な情報としては、企業名、代表者名、担当者名、住所、電話番号、メールアドレスなどが挙げられます。

電話番号だけでなく、他の情報も含めてリスト化されていることが重要であり、また、電話で得た情報を記録するための備考欄も備えていると良いでしょう。

おすすめの類似CTIシステム

電話営業が劇的に効率アップList Navigator

(4.5)

基本料金 150円〜/1ブースあたり 無料お試し あり
初期費用 0円〜 システム利用料金 30日間無料

トップアポインターやスーパーバイザーとしての経歴がある開発者の豊富な経験やノウハウが詰め込まれたCTIのため、電話営業の効率アップを実現する機能が豊富に搭載されています。

誰でも使えるUIを採用

List Navigatorは、直感的に操作できるユーザーインターフェースを採用しており、オペレーターの方が最小限の操作で業務を行うことができるように、細部までこだわって開発されているシステムです。

テレワークにも活用できる

List Navigatorは、クラウド型のシステムであるため、PCとインターネット環境が整っていれば、時間や場所を選ばずに利用することができます。

クリアな音質

CTIにおいて意外とトラブルになりがちなのが音質です。 いくら効率化につながる機能が搭載されていても、肝心の通話品質に問題があっては意味がありません。 List Navigatorは、どこよりもクリアな音声でストレスフリーな通話環境の実現にこだわっているため、効率的かつスムーズな電話業務が可能になります。

テレアポ効率が向上するCTIシステムBizBaseテレマーケティング

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し デモあり
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 6ヶ月間

実際にBizBaseテレマーケティングを導入した企業からは「1時間あたりのコール数が270%アップした」、「80時間かかっていた業務が21時間まで削減できた」、「サポート対応が丁寧で良い」などの声が挙げられております。

架電先管理で効率的なテレアポが可能

RBizBaseテレマーケティングは「架電件数をもっと増やしたい」、「無駄な動作を省略して生産性を上げたい」といった悩みを解消する機能が豊富に搭載されています。

お問い合わせを自動で応答・管理

BizBaseテレマーケティングは通話内容の録音やモニタリングによって電話対応の品質を向上させることができます。 また、IVR(自動音声応答)やACD(着信呼自動分配)によってお問い合わせ対応のスピードアップを実現可能です。 担当者への転送も容易に可能なため、状況に応じて適切なお問い合わせ対応が可能になります。

蓄積した情報から顧客分析・行動改善

分析機能にも優れており、担当者単位での集計はもちろん、日次·月次などの時間単位でのリアルタイム集計が可能です。 常に最新の集計結果が確認できるため、顧客分析をもとにトークスクリプトを作成してオペレーターの行動改善に繋げることが可能となります。

テレアポリストを購入するメリット

テレアポリストを購入することには以下の2つのメリットがあります。

手間をかけずにリスト作成が可能

テレアポリストは自社で作成することもできますが、情報収集には手間がかかります。購入することで業務効率が向上し、営業活動に専念できるでしょう。

高品質なリストが手に入る

専門の業者にテレアポリストの作成を依頼することで、高品質で見込みの高いリストを得ることが可能です。購入したリストの質が向上することで、無駄な電話を減らし、成約率を向上させることが期待できます。

テレアポリストを購入するデメリットや注意点

テレアポリストの購入にはメリットがある一方で、デメリットや注意点も存在します。以下に挙げるポイントを把握しておくことが重要です。

購入費用がかかる

テレアポリストの購入には費用が発生します。自社で作成した場合と比較してコストを検討し、バランスを取りましょう。

質の低いリストが混ざる可能性

業者によっては質の低いリストを提供する可能性があります。購入前に業者の信頼性を確認し、品質にこだわることが重要です。

テレアポリストを購入する際のチェックポイント

テレアポリストを購入する際には、以下のポイントを確認しておくことが重要です。

リスト1件あたりの費用

テレアポリスト1件あたりの費用は業者によって異なります。コストとの兼ね合いを考え、検討しましょう。

提供される情報の内容

業者によって提供される情報が異なります。必要な情報がリストに含まれているか確認しましょう。

合法な手段で入手されたリストか

リストが合法的に入手されたものであるか確認しましょう。不正な手段で得られたリストは利用を避けるべきです。

テレアポリストを購入できるおすすめサービス

テレアポリストを購入できるいくつかのおすすめサービスを以下に紹介します。

HRogリスト

株式会社フロッグが提供する「HRogリスト」は、求人サイトの情報を活用して人材業界に特化したテレアポリストを作成できるサービスです。初月は無料トライアルが利用できます。

Musubu

株式会社soraプロジェクトが提供する「Musubu」は、140万社以上の法人データを活用して自社に合ったテレアポリストを作成できるサービスです。見込み確度が算出されるため、営業を効率化できます。

APOLLO SALES

株式会社Onionが提供する「APOLLO SALES」は、インターネット上の公開情報から最適なテレアポリストを作成するサービスです。営業メールの自動送信やフォーム営業もサポートしています。

まとめ

テレアポリストの購入は、効率的な電話営業を実現するための一手段です。また、リストの質や信頼性を確認し、慎重に業者を選定することが成功の鍵となります。

 

その他の関連する記事