これは CTI の製品です。
CTIの資料をダウンロード

EverCallとは?

EverCallは、Foonz株式会社が提供するCTI(電話とコンピューターの機能を統合させる)システムです。

EverCallでは、クイックコール機能やオートコール機能、見込み管理、ヒアリングシートなどの機能を利用でき、オペレーターがアウトバウンドを効率的に行える機能が充実しています。

管理機能も充実しており、録音・再生機能やリスト週計機能、コール状況確認などの機能を利用可能です。顧客管理システムとの連携により、リアルタイムでの情報共有が可能で、高度な見込み管理やデータ分析・集計が一元管理できます。

おすすめの類似CTIシステム

類似サービス: MiiTel(ミーテル)

(4.5)

月額費用 5,980円〜/ID 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最短導入期間 要問い合わせ

MiiTel(ミーテル)は、株式会社RevComm(レブコム)が提供している営業電話や顧客対応を可視化するAI搭載のクラウドIP電話サービスです。

   

電話対応の内容を可視化できる

従来のクラウドIP電話は、電話をすることが目的でしたが、MiiTelは、AIが通話内容を話速、ラリー回数、沈黙回数、抑揚などの観点から定量的に評価、フィードバックしてくれる機能が搭載されています。

架電業務の効率化を実現

MiiTelには、架電業務を効率化させる機能が豊富に搭載されています。 例えば、電話番号を1クリックするだけで架電することができるため、電話番号を押している時間を短縮、かけ間違いを防止することが可能です。

連携機能で更に機能を強化できる

MiiTelは、CRM(Customer Relationship Management)ツールとの連携で、よりその機能を強化することができます。

テレアポ効率が向上するCTIシステム: BizBaseテレマーケティング

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し デモあり
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 6ヶ月間

実際にBizBaseテレマーケティングを導入した企業からは「1時間あたりのコール数が270%アップした」、「80時間かかっていた業務が21時間まで削減できた」、「サポート対応が丁寧で良い」などの声が挙げられております。

       

架電先管理で効率的なテレアポが可能

RBizBaseテレマーケティングは「架電件数をもっと増やしたい」、「無駄な動作を省略して生産性を上げたい」といった悩みを解消する機能が豊富に搭載されています。

お問い合わせを自動で応答・管理

BizBaseテレマーケティングは通話内容の録音やモニタリングによって電話対応の品質を向上させることができます。 また、IVR(自動音声応答)やACD(着信呼自動分配)によってお問い合わせ対応のスピードアップを実現可能です。 担当者への転送も容易に可能なため、状況に応じて適切なお問い合わせ対応が可能になります。

蓄積した情報から顧客分析・行動改善

分析機能にも優れており、担当者単位での集計はもちろん、日次·月次などの時間単位でのリアルタイム集計が可能です。 常に最新の集計結果が確認できるため、顧客分析をもとにトークスクリプトを作成してオペレーターの行動改善に繋げることが可能となります。

この製品はCTIの製品です。
CTIの製品をまとめて資料請求

EverCallの特徴

EverCallの特徴について下記3点紹介します。

特徴① オートコール機能が利用できる

EverCallには、EVER CATCHと呼ばれるオートコール機能が搭載されており、時間の短縮と有効接続数の大幅な向上が可能です。

EverCallのオートコール機能では、あらかじめ設定された呼び出し時間を超えると、自動的に次の顧客に発信を行うことが可能です。

オートコール機能の活用により、顧客が不在の場合にも自動スキップや在宅確認が自動で行え、コールセンターの効率を飛躍的に高めることができます。

特徴② アポイント後のフォローに利用できる

EverCallは、アポイント後のフォローにも活用できる機能を提供しています。

EverCallでは、リスト管理や録音確認・再生機能、顧客管理システムとの連携が可能であり、アポイント獲得後の顧客対応まで実施可能です。顧客管理を丁寧に行えるため、アポイント後のフォロー漏れ防止や顧客満足度の向上が期待できます。

特徴③ スタッフの管理が行える

EverCallは、顧客の管理だけでなくスタッフの管理に利用できる機能を提供しています。

EverCallでは、コール集計やコール時間集計機能が利用でき、オペレーターのコール数や獲得率を見える化します。また、タイムカード出力機能を利用すれば、オペレーターのログイン状況の確認も可能です。

EverCallは、オペレーターの管理を適切に行い、生産性を高める機能が充実しています。

[table “cloudphone_cti” not found /]
 
これは CTIの製品です。
CTIの資料をダウンロード

EverCallの料金・価格

初期費用

無料

月額費用

¥8,000

最低利用人数:1人
最低利用月間:6カ月

EverCallの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

EverCallの良い評判・口コミ

・簡単に荷電ができ、つながらない場合には自動的に次の顧客への荷電がしてくれる。
・IT電話のため、電話料金が安価である。

EverCallのその他の評判・口コミ

・ブラウザ版ではなく、インストールを行い利用するため初期設定に手間がかかる。

EverCallを導入した結果に関する評判・口コミ

・荷電の一部を自動化ができるため、テレアポの効率が上がった。
・CSVでリストをエクスポートできるため、結果の分析をExcelで行うことができた。
・EverCall導入により顧客管理が徹底でき、受注率が向上した。

  • 満足度

    コールセンター業務を様々な機能でシステム化できます

    良い点

    多機能でも導入・運用コストが比較的安いところ。

    改善点

    ブラウザで動く昨今のクラウドサービスのような形態の方が便利です。

    導入して改善できた課題や効果

    自動コールや通話録音などの機能から見込み顧客管理、コール結果の分析など、コールセンター業務に必要な細かな機能がたくさん詰まっています。管理者として利用する場合、オペレーターの稼働状況や履歴なども一覧で管理できるため、SV業務の負担軽減になっています。

  • 満足度

    オペレーター業務の質を上げ管理の手間を削減できました

    良い点

    オペレーターの実績や顧客情報をひと目で確認できます。

    改善点

    このソフト使用にはWindowsの利用が必要です。

    導入して改善できた課題や効果

    対応履歴や接続率など細かなデータを全て記録できるので、対応漏れの削減はもちろん、データから最適な架電施策を打ち出すきっかけにもなります。動作が軽く多機能のわりにはUIもシンプルで使いやすいです。

  • 満足度

    ITリテラシーがない方でも問題なく利用できている

    良い点

    EverCallはサクサク動き、ITリテラシーがない方でも問題なく利用できていることから、当社では非常に助かっています。
    また、必要な機能やオプションなども豊富なため、それぞれの企業に合った機能を搭載できるのも良いですね。
    改善してほしい点はしいて言えばPCへのインストールが必要な点です。
    また、Gmailで送信したあと、内容をエビデンスとして自動で残すことができるようになれば、さらに便利になると思います。

    改善点

    導入して改善できた課題や効果

 
これは CTIの製品です。
CTIの資料をダウンロード

その他の関連する記事