これは ワークフロー(決裁・承認フロー) の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー)の資料をダウンロード

Check-inとは?

Check-inとは西菱電機株式会社が運営している業務報告ツールです。
無料のトライアルから利用でき、簡易的なワークフローシステムとして利用することができます。

操作性も優れており、普段からExcelやスマートフォンを使用している方であれば、問題なく使うことができるため、導入ハードルも低く業務効率化に貢献してくれるサービスです。
Check-inは従業員の現在地を確認することができ、予め業務時間を指定しておくことで現在地情報を把握できるため、業務時間内だけに制限しておけば、プライバシーが侵害されることもありません。

類似サービス: コラボフロー

(4.5)

月額料金500円〜/人無料お試し30日間無料
初期費用要問い合わせ最低利用人数5ユーザー〜

コラボフローは、ワークフローシステムです。 専門的な知識不要でExcelなどで作成したフォームを活用でき、導入・操作を直感的に行えるので属人化の心配がありません。 継続利用率99.55%と使いやすさ・確かな業務改善、どちらも両立したサービスと言えます。 シンプルでありながら様々なサービスと連携でき、本格的なワークフローシステムを構築したい方には特におすすめです。

簡単操作でワークフローを作成

コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

Webからも申請フォームが作成できる

Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

運用をしながら改善が可能

更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

類似サービス: MA-EYESnc

(5)

月額費用40,000円〜無料お試し30日間無料
初期費用0円最短導入期間3営業日

MA-EYESncとは、株式会社ビーブレイクシステムズが提供しているクラウド型の業務管理システムです。 「プロジェクトの収支が把握できない」「複数のシステムに情報入力をしなければいけない手間が発生している」「集計作業が手間で確認作業に時間を要している」といった課題を感じている方におすすめです。

プロジェクトの収支をリアルタイムで確認

MA-EYESncでは、プロジェクトに紐づく経費や、社員・外注の方の実績を登録することで、プロジェクト終了前でも予実を確認することができます。 いつでもリアルタイムにプロジェクトの進捗が確認できるようになるため、未然にプロジェクトの赤字化を防ぐことができるようになります。

全ての情報を一元管理

複数のシステムに同じ情報を入力しなければならず、作業に時間を要しているといった課題も、MA-EYESncであれば解消できます。 MA-EYESncに入力した情報は引き継がれるため、二重入力が発生しません。 また、「受注と購買」といった異なる業務でも、1つのシステムで管理してシームレスな情報遷移を実現します。

分析帳票をワンクリックで出力

MA-EYESncで業務を管理することで、売上や粗利に関する帳票など、あらゆる情報をExcelデータとして出力することが可能となります。 それぞれにピボットが組まれているため、ユーザーが知りたい情報を多角的に確認することができます。

類似サービス: Shachihata Cloud

(0)

月額費用110円〜無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

Check-inの特徴

データをExcelで出力できる

Check-inでは、データの活用が簡単に行えます。
収集されたデータは、Excelで出力することでさまざまな方法で運用できます。
汎用性があり、使い慣れたExcelが利用できるため、資料作りや分析も簡単に操作可能です。

入力フォームを作成するときに、分析対象となる項目をいれておけば、日常の業務で蓄積されていく情報を基に、Excelで出力し、加工や分析を簡単に行うことが可能です。
提出された報告書を承認して終了ではなく、分析して業務の改善に展開していけるのは、Check-inの大きな強みです。

企業に適したスケールで運用可能

Check-inでは、業務にあわせて必要な機能を搭載していけます。
さまざまなオプションが搭載されており、オリジナルのシステムを構築することが可能です。

Check-inは、必要な機能をオプションとして追加し業務の形態に適したシステムを運用していくことを目的につくられているため、基本機能は非常にシンプルです。
チェックインやフォームの作成および承認などを基板とした基本機能に、オプションとして利用端末制限やアクセス制限、報告フォーム共有、専用帳票作成といった機能を加えていくことができます。

業務形態や企業スケールにあわせ柔軟に構成を変更できるため、比較的安価で導入できる点で、今後ワークフローシステムを取り入れようと検討している企業におすすめのポイントです。

費用が安い

Check-inでは、スマホで簡単に申請業務が行えます。
外出先からはもちろん、移動時間も有効に活用でき業務の効率化が可能です。

営業や現場など外回りが多い業務では、簡単に申請ができる機能はとても重宝されるはずです。
移動時間やちょっとした隙間時間を有効に活用することで、業務の効率化が実現できます。
一方、管理者にとっても、承認や差し戻しがワンタッチ操作で完了するため、効率的に業務を行えます。

[table “collaboration” not found /]

 
これは ワークフロー(決裁・承認フロー)の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー)の資料をダウンロード

Check-inの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

Check-inの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Check-inの良い評判・口コミ

・最もライトなプランでは10IDまで月額2,000円と安価で利用できる。
・操作方法がシンプルなため、だれでも簡単に利用できる。

Check-inのその他の評判・口コミ

・機能を充実させたい場合、有料オプションを使わなければならない。
・アップデートをしても、項目入力を押したのにカレンダーが表示されたり、途中で固まってしまったりすることがある。

Check-inを導入した結果に関する評判・口コミ

・モバイル端末から結果報告できるため、出先から帰社した後にまとめて業務する必要がなくなりました。
・申請、承認業務が簡単に行えるため、申請および承認にかかる時間を削減することができました。

 
これは ワークフロー(決裁・承認フロー)の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー)の資料をダウンロード

その他の関連する記事