これは ワークフローシステム の製品です。
ワークフローシステムの資料をダウンロード

Flowとは?

Flowは、SBテクノロジー株式会社が運営するワークフローシステムです。

Flowは、Microsoft 365との連動性の高いサービスであり、ユーザー情報やセキュリティポリシーをMicrosoft 365からそのまま引き継ぐことが可能です。ボタンやプルダウンで構築できるため、プログラミングなどの専門的な知識がなくても、ユーザー自らが直感的な操作でワークフローを作成ができます。

Microsoft 365を日々のコミュニケーションツールとして使用している企業にとって、導入しやすいサービスです。

おすすめの類似ワークフローシステム

クラウドでワークフローを構築: バクラク申請

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最低契約期間 要問い合わせ

AIによる正確な請求書の電子化によって、紙による稟議申請からデータでのワークフロー化を実現します。

申請側の手間を効率化

稟議システムにおける課題として挙げられることが多いのが、申請に必要な稟議書の作成・入力作業における手間です。 また、請求書の回収作業や、その後の支払い申請も、ついつい後回しになってしまうということも少なくありません。 バクラク申請は、AI-OCRによる精度の高い読み取りによって、申請内容を自動で入力することができるため、これまで入力作業にかけていた手間を効率化することができます。 どんなフォーマットの請求書でも認識することができ、複数枚の同時アップロードにも正確かつ高速で対応することが可能です。 さらに、請求書回収機能が搭載されているため、回収漏れをなくし、支払い申請も自動で作成できるため、手入力する必要がなくなります。

システムにアクセスしなくても承認が可能

申請が楽になっても、それを承認する側が忙しかったり外出することが多く、なかなか承認時間が確保できないと不安に思う方でも、バクラク申請であれば安心です。 バクラク申請では、毎回システムにアクセスすることなくチャットアプリのslackやスマートフォンから手軽に申請・却下ができるため、外出先や在宅勤務中でも申請から承認完了までを加速させることができます。 また、承認や却下するために稟議情報を遡るのが手間という方には、予算超過や期日超過情報を自動でアラートしてくれるため、瞬時の判断が可能となります。

システム連携で経理の課題を解消

これまで経理部門が抱えていた課題としては「現場で請求書が止まっていて支払いが遅れている」、「支払う請求書の判断がつきにくい」ことなどが挙げられていました。 バクラク申請は、バクラク請求書とのシームレスな連携によって、これらの課題を解消します。 支払い申請をすると、仕訳と振込データを自動で作成、経理部門へデータ連携してくれるため、稟議システムと会計システムの分断を解消することができます。 承認ステータスもリアルタイムで反映して連携されるため、承認状況を都度確認する手間も省け、支払うべき請求書を把握できるようになります。

類似サービス: コラボフロー

(4.5)

         
月額料金 500円〜/人(クラウド版) 無料お試し 30日間無料
初期費用 要問い合わせ最低利用人数 5ユーザー〜

継続利用率は99.55%のワークフローシステムで専門的な知識がなくてもExcelなどで作成したフォームを活用できるため、導入が簡単で操作も直感的に扱うことができるため属人化が起きる心配もありません。

簡単操作でワークフローを作成

コラボフローは3ステップでワークフローを作成することができます。 普段から利用しているExcelで柔軟に申請フォームをデザインすることが可能なため、難しい専門知識やツールを用いる必要がありません。

Webからも申請フォームが作成できる

Excelを利用していないという場合でもコラボフローであれば問題ありません。 直接Webから申請フォームを作成することができ、作成方法も必要なパーツを並べていくだけなので非常に手軽となっています。 フォームの編集画面は見やすく、直感的に操作することができるため一部の人しか使いこなせないということもありません。

運用をしながら改善が可能

更新時に設定済みの入力項目情報は、更新した後でもそのまま引き継がれるため運用しながら業務改善をしていくことが可能です。 更新バージョンは管理され、運用反映のタイミングを管理することもできます。

 

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用 110円〜/ユーザー 無料お試し あり
初期費用 0円 最短導入期間 即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

この製品はワークフロー(決裁・承認フロー)の製品です。
ワークフロー(決裁・承認フロー)の製品をまとめて資料請求

Flowの特徴

Flowの特徴について下記3点紹介します。

特徴① ノーコードで運用できる

Flowは、ノーコード&直感的な操作が可能で、ユーザー自身が必要なワークフローを簡単に作成できます。

Flowでは、申請項目設定、承認経路設定の最短2ステップでワークフローの構築ができるため、IT部門に依存せず、さまざまな部署や担当者が効率的に業務を進めることが可能です。一度作成したワークフローは運用を行うなかで変更できるため、より自社にあったワークフローを構築できます。

特徴② Microsoft 365 と連携できる

Flowは、Microsoft 365と連携できるサービスです。

Flowでは、既存のMicrosoft 365アカウントを利用して、簡単にワークフローシステムを始めることができます。また、ユーザー情報やセキュリティポリシーもMicrosoft 365アカウントからそのまま引き継がれるため、新たな設定や手間をかけることなく利用可能です。

特徴③ 自由にワークフローを構築できる

Flowは、ユーザー自らが自由度高くワークフローを設計・構築できます。

Flowでは、アイコンやプルダウンで構成されているため直感的に操作ができ、専門的な知識がないユーザーでも、必要な業務フローを自在に作成することが可能です。Flow導入により、企業独自の業務プロセスやニーズに応じたフローの適用ができ、業務の柔軟性が向上します。
[table “workflow” not found /]

 
これは ワークフローシステムの製品です。
ワークフローシステムの資料をダウンロード

Flowの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

4万円/月~(年額一括払い)

Flowの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Flowの良い評判・口コミ

・直感的な操作で利用できる。

Flowのその他の評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

Flowを導入した結果に関する評判・口コミ

・専門知識がなくても、ワークフローの構築ができた。

  • 満足度

    初心者でも使いやすい

    良い点

    直感的な操作でワークフローを作成できる点です。

    改善点

    特にありません。

    導入して改善できた課題や効果

    ワークフローは専門的な知識を持っていないと対応できないイメージを持っていましたが、特に知識がなくても作成できます。
    専門の担当者以外でも対応できるようになったため、負担が軽減されました。
    CSV形式の出力で、他のシステムとも連携させることができます。

  • 満足度

    Microsoft365に保存できる

    良い点

    Microsoft Teamsを利用中のため、すぐ慣れることができた点です。

    改善点

    気になる点は特にありません。

    導入して改善できた課題や効果

    Microsoft365が基盤となっており、使い慣れているのですぐに使えるようになりました。
    Microsoft365の機能と連携することで、データを活用することもできます。
    ワークフローを作成する時間を短縮できたことがよかったです。

 
これは ワークフローシステムの製品です。
ワークフローシステムの資料をダウンロード

その他の関連する記事