これは グループウェア の製品です。
グループウェアの資料をダウンロード

「Buddycomってどんなサービス?特徴や料金、口コミについて知りたい。」

このように思われている方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、Buddycomの料金や評判・口コミについて紹介しますので、サービス選定の参考にしてください。

本記事を読み終える頃には、Buddycomのサービスや料金について理解できるようになりますので、最後までお付き合いください。

それでは解説していきます。

 

Buddycomとは?

Buddycomは、株式会社サイエンスアーツが運営するスマートフォンIP無線アプリです。

Buddycomは、現場で働く方向けのコミュニケーションツールであり、従来使用されていた無線機やトランシーバーの替わりの機器として導入が進んでいます。

業務中に電話に出れない方に適した周辺機器も充実しており、騒音の激しいアミューズメント施設や運転を伴う業務での導入実績も豊富です。

Buddycomの導入で、常に変わる現場の状況に対して「速い」情報共有が可能になります。

おすすめの類似グループウェア・プロジェクト管理ツール

あらゆる業務を一元管理: monday.com

(4.5)

月額費用 900円〜 無料お試し 14日間無料
初期費用 要問い合わせ 導入会社 140,000社

チームのタスク、プロジェクト、スケジュール、ファイル、チャットを一元管理できるプラットフォーム。プログラミング不要でさまざまな機能が実装できるローコード/ノーコード開発プラットフォームとして、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。

タスク管理の煩雑さを解消

monday.comは、Excelライクな見た目でタスク管理をすることが可能です。 ドラッグ&ドロップの直感的操作でタスクを入れ替えることができ、タスクの期限が迫った場合は、自動でアラートを送ることができるため、利便性に優れています。 タスクは、チームメンバーで共有することができるため、タスク漏れの心配もなく、リアルタイムでタスクの更新も可能なため、チームメンバーがいつでも最新のタスクを確認できるようになります。

リモートワークの管理にも最適

リモートワークにおける課題として多く挙げられるのが、メンバーの稼働状況がわからず、業務負荷が大きいメンバーの存在に気づくことができないという点です。 monday.comは、ブラウザベースで利用できるため、場所を選ばずアクセスすることが可能で、タスクごとにチャットをすることで、出社時と変わらないパフォーマンスを実現します。

リアルタイムでのタスク管理が可能

チーム内でいつでも最新のタスク共有ができるため、リアルタイムでのタスク管理が可能となります。 管理者は、誰が今どんなタスクを処理しているのか、タスクの抱えすぎになっていないかがリアルタイムで確認でき、適切なプロジェクト管理が可能となり、チームメンバーは自分以外のメンバーがどんなタスクを抱えているのかが把握できることでタスクの依頼や協働作業がしやすくなります。

操作性に優れたグループウェア: aipo

(5.0)

月額費用 350円~/ユーザー 無料お試し 14日間無料
初期費用 0円 導入会社 要お問合せ

ウェブブラウザから利用するグループウェアで、スケジュール管理、ワークフロー、Webメール、ファイル共有、ブログ、掲示板等の機能を有し、ひとつの画面でチームの予定を確認でき、空き時間がひと目で分かります。

テレワークにおけるスケジュール管理が可能

テレワークにおける課題として上位に挙げられるのが、メンバーとのスケジュール共有です。 テレワークのみならず、フリーアドレスや別フロアで仕事をしている場合でも、誰がどこで何をしているのかを瞬時に把握することは困難となります。 aipoは、クラウド型のサービスであるため、場所を選ばずにスケジュールの入力·確認が可能です。入力されたスケジュールは、リアルタイムで更新されるため、いつでもメンバーの最新の予定を把握することが可能となります。

ダブルブッキングのないスケジュール管理を実現

紙やホワイトボードでのスケジュール管理では、書き込み·修正を繰り返すうちに煩雑化してしまい、会議や設備予約のダブルブッキングが起きるリスクが高まります。 aipoでは、登録するメンバーを部署やチームなどのグループごとに振り分けることができます。 予定登録の際に、会議室や社用車など設備に関しても登録することができるため、設備に関するダブルブッキングを防止することが可能です。

Excelでのスケジュール管理から脱却できる

Excelでのスケジュール管理は、同時編集ができないことや、複雑な数式を用いている場合などに属人化が起きやすいことが問題となります。 また、Excelは基本的にPCからの編集に向いており、外出先からモバイルで操作することが難しいというデメリットもあります。

この製品はグループウェア・プロジェクト管理ツールの製品です。
プロジェクト管理の製品をまとめて資料請求

 

Buddycomの特徴

Buddycomの特徴について下記3点紹介します。

特徴① 高い拡張性と信頼性がある

Buddycomは、数千から数万のユーザーを一つの環境で稼働させることができます。

Buddycomのサーバーは、世界4地域に分散されており、複数のサーバーを同時稼働させることで1つのサーバーの負荷が上がりすぎないように工夫されています。

東海旅客鉄道株式会社では、音声のリアルタイム共有を2,000グループで実現しており、情報伝達・お客様対応の向上が可能です。

特徴② 現場作業に適した豊富な周辺機器

Buddycomは運転士や作業員など、業務中にスマートフォンを操作できない現場作業に適した豊富な周辺機器を揃えています。

ノイズキャンセリングに特化した機器や、防塵・防水機能を持った機器など現場での作業に適した周辺機器のラインナップがあります。

利用シーンにより周辺機器を使い分けることで、作業に集中して取り組める環境を構築可能です。

特徴③ ワンプッシュでライブ通話が可能

Buddycomはスマートフォンを用いて、音声や映像を届けるワンプッシュライブ通話ができます。

Buddycomでは、招待URLやメンバーの招待なくライブ通話ができるため、現場での迅速な情報共有と即時の意思疎通が可能です。現場作業に適した仕様であり、介護施設や鉄道会社・アミューズメント施設・建築現場などでの導入が進んでいます。
[table “communication” not found /]

 
これは グループウェアの製品です。
グループウェアの資料をダウンロード

Buddycomの料金・価格

初期費用

0円

月額費用

660円~

【無線・トランシーバーとして利用】
・Talk Lite 660円(税抜価格600円)ユーザー/月相当
・Talk Enterprise 1,100円(税抜価格1,000円)ユーザー/月相当

【映像配信として利用】
・Livecast Lite 1,650円(税抜価格1,500円)ユーザー/月相当
・Livecast Enterprise 2,200円(税抜価格2,000円)ユーザー/月相当

Buddycomの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Buddycomの良い評判・口コミ

・アプリをインストールすれば、すぐに利用できる。 ・スマートフォンのアプリを経由し、インカムのように複数人と同時に通話ができる。

Buddycomのその他の評判・口コミ

・Buddycom使用中は、バッテリー消費が早いと感じる。 ・音量の調整がしにくいと感じる。

Buddycomを導入した結果に関する評判・口コミ

・インカムと異なり、距離が離れた拠点とも連絡を取り合うことができる。 ・通話ができるだけでなく、通話内容をテキスト化してくれる。

  • 満足度

    速い対応ができるように

    良い点

    以前は連絡ツールがなく、職員の一人対応が困難な場合に応援を呼ぶ際「大声で叫ぶ」「走って呼びに行く」しかなく、コミュニケーションに手間取っていましたが、こちらを導入後はご利用者様のご家族から、職員の対応がとても速くなったと好評です。

 
これは グループウェアの製品です。
グループウェアの資料をダウンロード

その他の関連する記事