人事管理システムのおすすめ7選を徹底比較

 
これは 人事管理 の製品です!
人事管理の製品資料を一括ダウンロード

人事管理システムとは?

人事管理システムとは、人事評価や労務、勤怠などに必要な情報を一元管理することができるシステムです。

従来は、従業員台帳を活用して人事業務を行なっている企業が一般的でしたが、必要な情報を探すのに時間がかかったり、情報の更新に手間がかかったりと課題も多かったため、パソコン1台で全従業員の情報を手軽に閲覧し、リアルタイムに人事戦略を設計できる人事管理システムを導入する企業が増えています。

人事管理システムを導入し、人事情報をオンライン上で一元管理することで、集計などの業務を効率化、手作業によるミスを防止することが可能となります。

また、ペーパーレス化にも有効なため、人事業務におけるコスト削減にも有効です。

クラウド型のサービスも多く登場しており、社外やテレワークでの利用にも適しています。

おすすめの人事管理システム

類似サービス: HRBrain

(4.5)

月額費用 要見積もり 無料お試し 7日間無料
初期費用 要見積もり 最短導入期間 最短即日〜

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

人事評価を効率化

HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

最適な人材配置が可能になる

人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

類似サービス: JobSuite TALENTS

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

より広範な人事領域のDXを実現

obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

類似サービス: CYDAS PEOPLE

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

CYDAS PEOPLEとは、株式会社サイダスが開発しているタレントマネジメントシステムです。 人材管理の効率化を目的として作られたタレントマネジメントシステムと違い、働きがいをつくるべく開発されたシステムであるため、幅広い活用が可能となっています。

       

社員みんなで使うタレントマネジメントシステム

多くのタレントマネジメントシステムは、人事担当者側が社員の人材データを管理し、活用するために設計されています。 CYDAS PEOPLEは、人事だけでなく、働くすべての人が使えるシステム設計のため、社員みんなが使えば使うほど「生きた」データが蓄積されていきます。

項目が履歴として蓄積され、過去との比較分析が可能

蓄積されたデータは、シームレスに各機能と紐付くため、導入企業の目的に合わせて、データの経年開示や分析等のデータ活用時にも、瞬時に活用することが可能になります。 サイダスピープル上のデータから、過去・現在・未来のデータの推移や傾向を分析し、組織の早期課題発見や社員の経年でのスキルの見える化等で、課題解決に繋げることができます。

組織の成長につながるデータ活用が可能に

CYDAS PEOPLEは、人材ポートフォリオや人的資本データといった組織に関するデータだけでなく、キャリアビジョンや価値観といった社員一人ひとりのデータも収集し、動的データと静的データの活用によって、働きがいのある人事施策の実現につなげることができます。

人事管理システムを導入するメリット

人材情報を一元管理できる

人事管理システムでは、氏名や所属部署など基本的な情報だけでなく、従業員一人ひとりが持つスキルや資格など様々な情報を把握することができます。

表面的な人材情報だけでなく、性格や思考といった内面的な情報も1つのシステムで管理できるようになるため、人材配置や組織形成に情報を活用しやすくなります。

業務効率化につながる

人事管理システムを導入することで、1つのシステム上で人事・労務業務を完結させることができるようになるため、人事部門の業務負荷が軽減されます。

業務効率が向上することで、残業や休日出勤を減らし、労働環境の改善につながる点もメリットです。

人材配置が適正化される

人事管理システムを導入することで、従業員一人ひとりの様々な情報をシステム上で把握し、適切な人材配置ができるようになります。

どのような資格を持っているのか、これまでの実績、異動歴、周囲からの評価などが総合的に管理できるため、本人がよりパフォーマンスを発揮できる環境で働くことができるような異動案が作成できるでしょう。

人事管理システムの選び方

導入の目的を明確にする

人事管理システムを導入する際は、まず自社の目的を明確にすることが重要です。

多機能な人事管理システムを選ぶことで、様々な課題解消につなげることができますが、多機能なシステムはコストが高額になりやすいだけでなく、操作も複雑化しやすいため、使いこなせない可能性があります。

人事業務の効率化を目指すのか、労務の範囲も効率化したいのか、といった目的を定め、適切な機能が搭載されているシステムを比較すると良いでしょう。

自社にあったタイプを選ぶ

人事管理システムは、提供タイプによって料金や最適な運用方法が異なります。そのため、自社のリソースや経営スタイルにあったものを選ぶことが重要です。

コストを抑えて短期間で導入したいのであれば、クラウド型のシステムを選ぶと良いでしょう。

クラウド型の人事管理システムは、自社で専用のサーバーを構築する手間がなく、インターネットに接続できる環境があればすぐに利用できるため、テレワークを導入している企業にもおすすめです。

月額制の料金プランを採用しているサービスが多く、利用人数に合わせたプランを選ぶことで、最低限のコストで運用することができます。

オンプレミス型のシステムは、専用サーバーの構築や保守メンテナンスなどが必要となるため、初期コストが高額になりやすい傾向があります。

ただし、カスタマイズ性が高く、自社にあった機能の追加やレイアウトの変更が柔軟にできる点が優れています。

サポート体制を比較する

初めて人事管理システムを導入する場合などは、操作方法や運用方法でわからない点が発生することは珍しくありません。

そのため、電話やメール、チャットなどで24時間365日相談できるサポート体制を整備しているサービスを選ぶことをおすすめします。

不明点を解消できないと、システムの運用が止まってしまうこともあるため、困った時にすぐ相談することができるサポート窓口を設けているサービスを選ぶと良いでしょう。

おすすめの人事管理システム7選

HRBrain

特徴

HRBrainは、株式会社HRBrainが運営する実績豊富なタレントマネジメントです。

組織診断からタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができます。

様々な人材データを一元管理し、業務効率化や人材配置の適切化へとつなげます。

煩雑化している人事評価の集計を自動化し、人事部門の負担を軽減するための機能が豊富に搭載されています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※価格情報は2024年1月時点のもの

freee人事労務

特徴

freee人事労務は、freee株式会社が運営しているクラウド型の人事労務ツールです。

年末調整や勤怠管理といった労務業務を一元化することができ、ヒューマンエラーの原因になっていた手入力の作業を自動化することが可能となります。

人事情報をfreee人事労務を導入して一元化することで、業務効率化や人材配置の適正化につなげることができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:年額23,760円(月あたり1,980円)〜
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※価格情報は2024年1月時点のもの

CYDAS

特徴

CYDASとは、株式会社サイダスが運営している、人材管理の効率化を目的として開発されたタレントマネジメントシステムです。

幅広い業界で導入されている実績があり、利用満足度の高いタレントマネジメントシステムとして評価されています。

人事だけでなく、働くすべての人が利用できるシステムとして設計されており、「生きた」データを蓄積することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:

※価格情報は2024年1月時点のもの

SmartHR

特徴

SmartHRとは、クラウド型の人事労務ソフトで、入社手続から雇用管理、給与支払いまでを一気通貫して完結することができます。

人事労務関連の業務をペーパーレス化することができ、外部サービスとの連携や分析、レポート機能を利用して人事関連情報を効率的に利用することが可能となります。

強固なセキュリティで利用することができ、安心して情報管理ができる点も優れています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2024年1月時点のもの

ジンジャー人事労務

特徴

ジンジャー人事労務とは、jinjer株式会社が運営している人事労務管理システムです。

雇用契約書や履歴書といった人事情報をペーパーレス化し、コストカットや業務効率化につなげることができます。

ジンジャーシリーズとして豊富な実績があり、業務効率化において高い実績があります。

システムに一括で従業員情報を登録し、システム上で一覧形式で確認することができます。

氏名や所属部署など基本的な情報だけでなく、資格や給与情報といった様々な情報を管理でき、いつでも必要な情報を素早く検索することが可能となります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:500円/人
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2024年1月時点のもの

スマカン

特徴

スマカンとは、人事情報の見える化を実現するクラウド人事システムです。

人材情報を一元管理し、人材配置や人材育成、評価に活用することで、人材戦略をサポートすることができます。

クラウド型の人事管理システムとなっているため、オフィス以外での利用、テレワークにもおすすすめです。

情シス部門がないという場合でも、手軽に人材データベースや評価シートの設計ができる点も優れています。

マルチデバイスで利用することができ、レイアウトもわかりやすいため、初めて人事管理システムを利用するという方にもおすすめです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:50,000円〜
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2024年1月時点のもの

カオナビ

特徴

カオナビは、豊富な導入実績があるタレントシステムです。

人事情報を一元管理し、顔写真を活用した人材管理を可能とします。

運用中の独自評価シートをクラウド上で簡単に再現することができ、ワークフロー機能も搭載されているため、入力漏れを防止して進捗状況を把握することができます。

顔写真付きで社員をアイコン化し、人材情報を管理することができるため、テレワークなどのオフィス以外での人材管理における、「顔と名前が一致しない」といったトラブルを避けることが可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※価格情報は2024年1月時点のもの

まとめ

人事管理システムについて解説しました。

人材情報を一元管理し、人事・労務関連業務活用することで、業務効率化につなげることができます。

システムを選定するには、機能面や料金面も重要ですが、無料トライアルが利用できるかにも注目すると良いでしょう。