カスタマーサクセスツールのおすすめ7選を徹底比較

 
これは カスタマーサクセス の製品です!
カスタマーサクセスの製品資料を一括ダウンロード

昨今よく聞くようになった、カスタマーサクセスというワードですが、今回はそれがどういったものなのか、その定義・行うメリット・おすすめツールについて解説いたします。

興味関心のある企業の方はぜひ、参考になさってください。

カスタマーサクセスとは

カスタマーサクセスとは、ビジネスシーンにおいて、「顧客を成功に導くべく、あらゆる取り組み」を意味します。

顧客の困り事・クレームなどに対して、能動的に寄り添うことで成功に導き、サポートすることを指し、対個人はもちろん、BtoBの場合における顧客の売上・企業の成長に寄り添うサービスを提供する活動こそが、カスタマーサクセスと言えるでしょう。

サブスクリプションモデルの台頭も背景にあり、カスタマーサクセスに特化したツール・サービスも数多く登場しており、今後更なる広がりが予想される概念です。

似た言葉で、「カスタマーサポート」がありますが、定義が異なり、カスタマーサポートの場合、顧客が困った場合に対応するというニュアンスが強いです。

例えば、顧客からのクレーム・問い合わせなどに対し、適切にサポートし問題解決に導くことから、あまり能動的な印象ではありません。

一方、カスタマーサクセスでは、能動的に顧客の困り事・課題を抽出し、今の状況をさらに好転させるような、積極的なイメージが強いです。

企業と顧客間の接点を増やし、顧客満足度・認知度の向上を目指すことが最大の狙いと言えるでしょう。

おすすめの類似カスタマーサクセスツール

類似サービス: LITEVIEW for BUSINESS

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

LITEVIEW for BUSINESSとは、ノーコード開発SaaS業界上で初めて、自社アプリもWebサイトも1つのサービスで完結する月額制サービスで、LITEVIEW株式会社が運営するプラットフォームです。

       

自社開発と同様のクオリティ

LITEVIEW for BUSINESSは、自社ロゴ・自社ドメインのWebサイトとアプリを提供します。 その上で、「サブスクリプション・都度課金・EC・無料・チケット販売・クラウドファンディング」等、さまざまなビジネスモデルを設定することができます。

期間とコストも手軽に

LITEVIEW for BUSINESSのアプリ・Webサイト開発は、機能パッケージから目的に合わせて選択するだけなので、自社開発の場合と比較して初期費用は約1/200ほどに削減、運営・管理費は1/10ほどに削減することができます。 ノーコードのため、技術的なスキルは不要で、どんな方にとっても取り扱いやすく、社内担当者による作業が可能です。

幅広いシーンで活用可能

LITEVIEW for BUSINESSは、幅広いシーンで活用されています。 「自社MVPの開発支援」「業務支援」「クリエイターエコノミー」「大学DX」「不動産DX」など幅広い用途で使用されています。

この製品はカスタマーサクセスツールの製品です。

カスタマーサクセスツールの製品をまとめて資料請求

カスタマーサクセスツールを利用するメリット

サービス継続率が向上する

カスタマーサクセスを導入すれば、解約が大きなネックであるサブスクリプションモデルにおける継続率の向上が期待できます。

カスタマーサポートではなかなか難しい、能動的に顧客と接点を持つことができ、信頼関係の構築が叶います。

したがって、すぐ解約されてしまう可能性は低くなり、意見をもらいつつ一緒に改善を図るような運用が実現されるでしょう。

改善点を認識する機会が増える

カスタマーサクセスによって定期的なタッチポイントを構築できれば、隠れたニーズ・潜在的な不満などを把握するきっかけ作りにも繋がります。

受け身ではなかなか発見できない改善ポイントに対し、サービスの改善スピードの向上が実現されるため、継続率の向上にも繋がるのです。

LTVを最大化できる

カスタマーサクセスによって顧客との信頼関係を築くことができれば、顧客単価向上の「アップセル」、同一顧客に複数の商品・サービスを利用してもらう「クロスセル」へと繋げることができます。

新規顧客の開拓もさることながら、事業の基盤をしっかりと固めるには、カスタマーサクセスを活用し、既存顧客のLTVを最大化することも重要な要素です。

カスタマーサクセスツールのおすすめサービス7選

openpage

特徴

openpageとは、カスタマーサクセスに特化したCMSです。

自社サービスの色・ロゴを設定し、顧客専用のWebサイトを構築すれば、ユーザーの利用状況の分析、成功体験への誘導を実現できます。

サイト構築までを短時間でできることから、カスタマーサクセスが行うべき業務に集中することが可能です。

組織別・ユーザー別に作成されたコンテンツの視聴状況を確認しつつ、顧客一人ひとりにあわせた施策を行うのにもってこいのツールと言えます。

料金

  • 初期費用:300,000円〜
  • 月額費用:100,000円〜

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

Freshdesk

特徴

Freshdeskは、Freshworks社が開発した、クラウド型のヘルプデスクツールです。

シンプルで使いやすい操作性が魅力で、世界での導入実績は15万社以上を突破しており、1つのツールであらゆるチャネルでの問い合わせを一元管理することができます。

業務の効率化に最適です。

料金

  • 初期費用:0円〜
  • 月額費用:2,200円〜

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

commmune(コミューン)

特徴

commmuneとは、コミューン株式会社が運営しているカスタマーサクセスプラットフォームです。

顧客のLTV向上、カスタマーサクセス工数の削減に最適なカスタマーサクセスツールとして、ROIの最大化に貢献してくれます。

専門的な知識が不要で、顧客ポータルを構築することができ、導入企業に最適なカスタマイズも可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

coorum(コーラム)

特徴

coorumは株式会社が提供しているカスタマーサクセスオートメーションツールです。

幅広い業界から導入されており、顧客満足度の向上・LTVアップなど、実現できる機能が満載です。

Q&Aフォーラムの機能によって、手軽に情報を共有することができ、顧客同士で疑問点を解消できる仕組みも嬉しいポイントと言えます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

HiCustomer(ハイカスタマー)

特徴

HiCustomerは、SaaS企業向けのカスタマーサクセスツールです。

十分な分析力が魅力で、導入企業を着実に増やしており、実績をあげています。

時系列の顧客データ管理・ヘルススコア機能・レポート機能など、カスタマーサクセスツールに必要な便利な機能が満載です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

pottos(ポトス)

特徴

pottos(ポトス)は、顧客のヘルス状況を可視化できるサービスです。

ポップアップ通知によって、自動的にアプローチすることができる強みを活かし、手厚いサポート体制を構築することができます。

料金

  • 初期費用:300,000円〜
  • 月額費用:98,000円〜

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

Growwwing(グローウィング)

特徴

Growwwing(グローウィング)は、顧客情報の一元管理ができるサービスです。

サクセス状況のリアルタイムをモニタリングすることが可能で、メールシステムとしても自動連携できる点が魅力です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:30,000円〜

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

まとめ

サブスクリプション型のサービスは、今後もより一層需要を拡大していくはずです。

能動的に顧客を成功へと導くために、今後、カスタマーサクセスの重要度もより高まっていくことが予想されます。

カスタマーサクセスツールの利用を検討している企業の方はぜひ、参考になさってください。