これは チャット接客ツール の製品です。
チャット接客ツールの資料をダウンロード

Benefitterとは?

Benefitterとは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が提供するチャットボット開発プラットフォームです。高度なチャットボットを短期間で作成。AIやチャネルを組み合わせて、最適化したチャットボットを構築できます。ヘルプデスクや社内申請、会議の調整、マーケティング業務支援、人探しなど、さまざまな窓口をまとめることが可能です。多くの業務をデジタル化することで、効率化につながるでしょう。さらにチャットボットとのやり取りから趣味趣向を学習して、個人にあわせて会話を変化させられます。より最適化された回答を提供できるのが魅力です。

類似サービス: OfficeBot

(5)

月額費用150,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用350,000円最短導入期間要問い合わせ

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。 チャットボットによる生産性向上や育成効率アップだけでなきう、社内DXにも貢献することができます。 AI搭載型のチャットボットで、導入企業側でFAQを登録することですぐに活用することができ、通常のAI運用で発生する学習基幹や検索語句設定が不要という特徴があります。

自動化で企業DXを促進

OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

他言語に対応

OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

類似サービス: Cross Talk

(4.5)

月額費用39,800円~無料お試し要問い合わせ
初期費用50,000円最短導入期間要問い合わせ

Cross Talkとは、株式会社フリップデスクが運営しているチャットボットツールです。 自動チャットボットと有人チャットの両方を備えており、データを連携したままスムーズな切り替え移行ができるため、お客様にストレスを感じさせないチャット接客が可能になります。

適切なタイミングでチャットボットを表示

Cross Talkは、Flipdeskのターゲティング条件をそのまま使用することができ、ユーザーの行動とそこから推察されるニーズを読み取り、適切なタイミングでチャットボットを表示できます。 「出しっぱなし」や「却って邪魔」といったありがちなチャットの失敗を防ぎ、店頭でお客様と対話するようなコミュニケーションをサイト上に再現して、顧客体験を向上します。

対話形式でユーザーにあったコンテンツを訴求

一問一答型、分岐型のチャットが選択でき、ユーザーの回答に応じて次の質問を出し分けることができます。 疑問や不安があった際、解消せずサイトを離れてしまうユーザーは7割にも及ぶと言われています。 Cross Talkなら、FAQを見ても解決できず離脱してしまいそうなユーザーへ働きかけ、不安や疑問を解消できます。 お問い合わせ対応の効率化だけでなく、CV率の改善にも役立ちます。

有人チャット連携も可能

Cross Talkは、チャットボットから有人チャットへの連携設定が可能です。 そのため、チャットボットだけでは対応できないような場合や、ユーザーが有人対応を希望している場合など、柔軟にオペレーター対応へ変更することができます。

類似サービス: GENIEE CHAT

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用30万円最短導入期間要問い合わせ

GENIEE CHATとは、株式会社ジーニーが運営しているチャット型Web接客プラットフォームです。 GENIEE CHATを導入し、従来の入力フォームをチャット型へ移行することで、顧客体験価値を向上、CVR・LTVの最大化を実現することができます。

入力フォームへの経路を最短化してアクセス数を向上

GENIEE CHATは、導入企業のサイト上に任意でチャットバナーを常時表示させることが可能です。 ユーザーが申し込みをしたいと思ったタイミングで、バナーから迷わずに入力フォームへアクセスできるようになるため、アクセス数の向上を実現します。

入力アシストで離脱率を最小限に

入力フォームをチャット型に置き換えることで、対話形式での入力が可能となり、ユーザーにストレスを与えることなく離脱率を低減することが可能となります。 入力アシスト機能や入力補助機能を搭載しているため、入力完了率を向上させることができます。

手厚いサポートで運用工数を削減

GENIEE CHATは、サポート体制が優れているため、「導入したにも関わらず、活用できなかった」ということがありません。 専属のカスタマーサポートが、導入からCVR改善までをサポートしてくれるため、ツールの扱いに不安があるという方でも安心です。

Benefitterの特徴

特徴①マルチチャネル対応と外部サービス連携

Benefitterはマルチチャネルに対応しています。WEBブラウザやLINE、各種ビジネスチャットなどで動作。一つのチャットボット用の会話シナリオでも、複数の通信チャネルで使用が可能です。複数のチャネルと1人のユーザーのIDを連携させることで、同一人物として認識できます。さらに外部サービスとの連携に対応。システムに接続することで、チャットボットからの情報を抽出・処理ができます。外部サービスのAPI接続情報を活用すれば、管理画面から設定が可能です。

特徴②会話シナリオとテンプレート

Benefitterでは、会話の条件設定が簡単におこなえます。プログラミングが不要で、専門的な知識がなくても複雑なチャットボットを開発することが可能です。追加の開発コストや保守コストはかかりません。さらにBenefitterでは会話シナリオのテンプレートを用意しています。一から作成する必要がないため、導入後すぐに活用できるでしょう。テンプレートは、シナリオのカスタマイズを学ぶ際にも役立ちます。

特徴③データ分析とパーソナライズ

Benefitterでは、チャットボットの稼働状況をグラフや表でモニタリングできます。利用人数の推移やユーザー別利用回数、キーワード別検索回数、ユーザー満足状況など、さまざまなデータのチェックが可能です。さらにユーザーごとの会話から得た情報を蓄積。情報をもとにパーソナライズをおこない、条件を設定した会話や通知ができます。個人にあわせて広告やキャンペーンを通知したり、会話シナリオを分岐したりが可能です。

[table “chat_cs” not found /]
 
これは チャット接客ツールの製品です。
チャット接客ツールの資料をダウンロード

Benefitterの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

Benefitterの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Benefitterの良い評判・口コミ

・機能が豊富で、要件通りのチャットボットを短期間で構築できました。

Benefitterのその他の評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

Benefitterを導入した結果に関する評判・口コミ

・回答を自動化することで、各担当に連絡する手間が省けるようになりました。

 
これは チャット接客ツールの製品です。
チャット接客ツールの資料をダウンロード

その他の関連する記事