これは FAQ の製品です。
FAQの資料をダウンロード

従業員の負担を軽減するためには、いかに業務の効率化を図るかが重要。
問い合わせ業務が属人化しているなどの課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか?

業務の効率化を目指す上で一体どのような課題があるか明確にしなければなりません。
必要に応じて、新しいシステム・サービスを導入するのも業務の効率化を図るポイントです。

今回は業務の効率化を目指している方に向けて、Quick Replyについて解説していきます。
新しいシステム・サービスの導入を予定している方は参考にしてください。

Quick Replyとは?

Quick Replyは、NTTデータ先端技術株式会社が提供しているクラウドサービスです。
AIを活用して業務ナレッジの蓄積・活用をサポートします。
業務ナレッジを蓄積・活用するための仕組みを作ることにより、従業員の負担を軽減。

おすすめの類似FAQシステム

類似サービス: helpmeee!KEIKO

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

helpmeee!KEIKOとは、バリュエンステクノロジーズ株式会社が運営している社内問い合わせ対応の効率化ソリューションです。 チャットボットによる問い合わせへの自動回答やチケット起票、有人チャットへの切り替えが可能で、バックオフィスのDX化に大きく貢献します。

1つの画面で問い合わせ対応を完結

従来であれば、問い合わせ管理を効率化しようとしても、1次対応をチャットボットに任せて有人対応はメールソフトを使うなど、複数のツールを組み合わせる必要がありました。 helpmeee!KEIKOであれば、チャットボットによる自動応答から管理画面上での有人対応、管理画面での専門家への相談など、問い合わせ対応をhelpmeee!KEIKO上で完結することができます。

起票・ステータス管理も可能

helpmeee!KEIKOでは、全ての問い合わせに対してチケットを自動で作成して管理することが可能です。 問い合わせの対応ステータスを自動で更新してくれるため、対応済みの問い合わせに二重で対応してしまうようなミスを防止できます。

直感的に操作できるUI

helpmeee!KEIKOは、マニュアルを読まなくても利用できるほど直感的に操作できるUIで設計されています。 対応者側は、KEIKOの管理画面上でKEIKOと質問者のやりとりを引き継ぐ形で有人対応ができるため、内容をスムーズに把握して対応することが可能です。

類似サービス: Freshdesk

(0)

         
月額料金 2,100円〜/ユーザー 無料お試し21日間
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

Freshdeskは、クラウド型のヘルプデスク·問い合わせ管理ツールです。Freshworks社が開発したサービスですが、日本ではOrangeOne株式会社によって販売されています。 シンプルで使いやすく、FacebookやTwitterを操作するような簡単なインターフェースが高評価されており、世界での導入実績は15万社を突破しています。

       

さまざまな問い合わせを一元管理

ヘルプデスク業務において課題となりがちなのが、メールや電話、フォームなど複数の問い合わせ窓口からの問い合わせに対し、それぞれのツールで確認しなければならない煩雑さです。 Freshdeskは、マルチチャネル機能が搭載されており、それぞれの問い合わせ窓口と連携することができるため、1つの画面でさまざまな問い合わせを一元管理することができます。

使いやすいインターフェース

Freshdeskは、B2Bテクノロジーに関するユーザーレビューの世界的な掲載サイトである「G2 Crowd」のCRMカテゴリにおけるトレンドで満足度と注目度においてNo.1の評価を獲得しています。 シンプルで使いやすいインターフェースで設計されているため、PCの操作が苦手という方でも直感的に扱うことが可能です。

顧客の自己解決をサポート

Freshdeskには、ナレッジベースの作成·公開機能が搭載されており、過去の問い合わせを元に、よくある質問などをナレッジベース化することで、顧客の自己解決をサポートすることが可能です。 また、フォーラム·コミュニティの作成もでき、顧客による質問や製品についてのディスカッションを可能とし、顧客の抱える疑問点解決に貢献します。

この製品はFAQの製品です。

FAQの製品をまとめて資料請求

Quick Replyの特徴

システム・サービスを導入する際、どのような特徴があるかを把握しなければなりません。
自社の業務に適している稼働を踏まえ、導入・運用の準備を進めましょう。
Quick Replyの主な特徴は以下の通り。

  • FAQ検索が可能
  • FAQ登録が可能
  • 学習データの登録が可能
  • FAQ・学習データの管理画面を搭載

ここでは、Quick Replyの特徴について紹介するので、気になる方は参考にしてください。

FAQ検索が可能

Quick ReplyはFAQ検索ができます。
検索したい文章をメーラーの本文から選択・検索することでサイドウインドウに検索結果を表示。

返信メールに検索結果をワンクリックで挿入できるのもポイントです。
問い合わせメールの返信を効率よく行いたいと感じている方はFAQ検索を活用しましょう。

FAQ登録が可能

FAQ登録ができるのもQuick Replyの特徴です。
メールの返信文を回答文欄に作成し、問い合わせ業務に対応。
その際、質問文と回答文の組み合わせを新規FAQとして登録できます。
同じような内容の問い合わせに対応しやすくするためにFAQ登録を活用してください。

学習データの登録が可能

登録したい問い合わせを既存のFAQに紐づけられます。
問い合わせメールの返信を行う中で学習データを更新することが可能。
AIの回答精度を向上できるので、問い合わせ業務の効率化を図りたい方はQuick Replyを導入するか検討することをおすすめします。

FAQ・学習データの管理画面を搭載

FAQ・学習データの管理画面が搭載されています。
手動でFAQ・学習データを追加・編集することが可能。
新規のFAQ登録依頼を学習対象として承認できるのも特徴の1つに挙げられます。

Quick Replyで業務の効率化を目指そう

従業員や顧客の問い合わせが多くなればなる程、従業員の負担が大きくなります。
Quick ReplyのFAQ登録を活用すれば、問い合わせ業務の効率化を図れます。

また、社内からの問い合わせに対応しやすくなるため、総務・人事に従事している従業員の負担を軽減しやすくなるのも導入するメリット。
営業時における問い合わせにおいても、過去のメールを参照した上で返信が行えます。

問い合わせ業務の属人化を解消したいと感じている方はQuick Replyの導入を検討してください。

 
これは FAQの製品です。
FAQの資料をダウンロード

Quick Replyの料金・価格

初期費用

要問合せ

月額費用

98,000円(10ユーザまで登録可能)

Quick Replyの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Quick Replyの良い評判・口コミ

見つかりませんでした

Quick Replyのその他の評判・口コミ

見つかりませんでした

Quick Replyを導入した結果に関する評判・口コミ

見つかりませんでした

 
これは FAQの製品です。
FAQの資料をダウンロード

その他の関連する記事