これは FAQ の製品です。
FAQの資料をダウンロード

AI-FAQボットとは?

AI-FAQボットとは、株式会社L is Bが提供しているチャットボットです。オリジナルAIを搭載しており、話し言葉のような自然な文章を理解し、最適な回答を導き出してくれます。回答までのプロセスで関連度の高い単語を文脈から抽出し自動学習していきます。

既存のFAQをアップロードするだけでAIが学習を重ねて回答の精度を上げていきます。精度がどんどん上がることでユーザーの利便性が向上するとともに、問い合わせ業務の負担を減らすこともできます。

おすすめの類似FAQシステム

類似サービス: helpmeee!KEIKO

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

helpmeee!KEIKOとは、バリュエンステクノロジーズ株式会社が運営している社内問い合わせ対応の効率化ソリューションです。 チャットボットによる問い合わせへの自動回答やチケット起票、有人チャットへの切り替えが可能で、バックオフィスのDX化に大きく貢献します。

1つの画面で問い合わせ対応を完結

従来であれば、問い合わせ管理を効率化しようとしても、1次対応をチャットボットに任せて有人対応はメールソフトを使うなど、複数のツールを組み合わせる必要がありました。 helpmeee!KEIKOであれば、チャットボットによる自動応答から管理画面上での有人対応、管理画面での専門家への相談など、問い合わせ対応をhelpmeee!KEIKO上で完結することができます。

起票・ステータス管理も可能

helpmeee!KEIKOでは、全ての問い合わせに対してチケットを自動で作成して管理することが可能です。 問い合わせの対応ステータスを自動で更新してくれるため、対応済みの問い合わせに二重で対応してしまうようなミスを防止できます。

直感的に操作できるUI

helpmeee!KEIKOは、マニュアルを読まなくても利用できるほど直感的に操作できるUIで設計されています。 対応者側は、KEIKOの管理画面上でKEIKOと質問者のやりとりを引き継ぐ形で有人対応ができるため、内容をスムーズに把握して対応することが可能です。

類似サービス: Freshdesk

(0)

         
月額料金 2,100円〜/ユーザー 無料お試し21日間
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

Freshdeskは、クラウド型のヘルプデスク·問い合わせ管理ツールです。Freshworks社が開発したサービスですが、日本ではOrangeOne株式会社によって販売されています。 シンプルで使いやすく、FacebookやTwitterを操作するような簡単なインターフェースが高評価されており、世界での導入実績は15万社を突破しています。

       

さまざまな問い合わせを一元管理

ヘルプデスク業務において課題となりがちなのが、メールや電話、フォームなど複数の問い合わせ窓口からの問い合わせに対し、それぞれのツールで確認しなければならない煩雑さです。 Freshdeskは、マルチチャネル機能が搭載されており、それぞれの問い合わせ窓口と連携することができるため、1つの画面でさまざまな問い合わせを一元管理することができます。

使いやすいインターフェース

Freshdeskは、B2Bテクノロジーに関するユーザーレビューの世界的な掲載サイトである「G2 Crowd」のCRMカテゴリにおけるトレンドで満足度と注目度においてNo.1の評価を獲得しています。 シンプルで使いやすいインターフェースで設計されているため、PCの操作が苦手という方でも直感的に扱うことが可能です。

顧客の自己解決をサポート

Freshdeskには、ナレッジベースの作成·公開機能が搭載されており、過去の問い合わせを元に、よくある質問などをナレッジベース化することで、顧客の自己解決をサポートすることが可能です。 また、フォーラム·コミュニティの作成もでき、顧客による質問や製品についてのディスカッションを可能とし、顧客の抱える疑問点解決に貢献します。

この製品はFAQの製品です。

FAQの製品をまとめて資料請求


AI-FAQボットの特徴

特徴①導入から運用までが簡単

一般的なAI型のチャットボットは、質問を正しく理解できるように膨大なデータを学習させる必要があります。それに対してAI-FAQボットは事前の学習をする必要は一切ありません。Excelで作成した質問・回答のFAQデータをアップロードするだけで使い始めることができます。これにより稼働前の準備にかける時間や労力を大幅に削減してくれます。

FAQデータの管理はすべてExcelで行えます。そのため、専門知識を持つ専任者がいなくても定期メンテナンスが簡単にできます。

特徴②グループウェアと連携可能

AI-FAQボットはdirect、Slack、Teamsなどのビジネスチャット、Garoon、desknet's NEOなどのグループウェアと連携することができます。普段から使っているシステムとAI-FAQボットが一元化されるため、知りたい情報をすぐに得ることができます。

パソコンだけでなく、スマートフォンからもアクセスできるため、外出先で情報が必要になったときでも簡単にAI-FAQボットに質問できます。

特徴③デザインをカスタマイズ

AI-FAQボットは、チャットボットのカラーやテキストのカスタマイズが可能です。また、デザインも自由に設定できるため、設置するWebサイトに色を合わせたり、企業のカラーを打ち出したりと、自社にとって最適なデザインを目指すことができます。

オプションではキャラクターのカスタマイズが行えるため、自分にとって親近感を抱けるデザインに変更することも可能です。

[table “faq” not found /]
 
これは FAQの製品です。
FAQの資料をダウンロード

AI-FAQボットの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

1~100問まで:30,000円
101~200問まで:40,000円
201~300問まで:50,000円
301~400問まで:60,000円
401~500問まで:70,000円
501~600問まで:80,000円
601~700問まで:90,000円
701~800問まで:100,000円
801~900問まで:110,000円
901~1,000問まで:120,000円
1,001問以上:要問い合わせ

明記されている金額はすべて税別です。
最大3,000問までご利用いただけます。
30日間無料トライアルあり。

AI-FAQボットの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

AI-FAQボットの良い評判・口コミ

・デザインを自由にカスタマイズでき、質問内容も決められる。
・24時間365日対応できる点が優れている。
・質問の意図を汲み取って効率よく回答を導き出してくれる。

AI-FAQボットのその他の評判・口コミ

・質問数によって値段が変化するため、わかりづらい。
・話し言葉に寄りすぎると検索不能になる。
・敬語が不自然なときがある。

AI-FAQボットを導入した結果に関する評判・口コミ

・導入後は業務の効率化の実現、生産性のアップにつながった。
・社内文書の検索時間が短縮された。
・抽象的な問い合わせでも質問の種類を的確に判断してくれる。

 
これは FAQの製品です。
FAQの資料をダウンロード

その他の関連する記事