FAQシステムのおすすめ7選を徹底比較

 
これは FAQの製品です。
FAQの資料をダウンロード

現代の顧客サービスでは、FAQシステムの導入が業務効率を大きく向上させるカギとなっています。

この記事では、おすすめのFAQシステム7つとFAQシステムを選定する際の重要なポイントを解説し、顧客満足度の向上とサポート業務の効率化を図る方法をご紹介します。

FAQシステムとは?

FAQシステムは、ユーザーからのよくある質問(Frequently Asked Questions)とその回答を整理し、記事化することで、エンドユーザー自身が情報を得やすくするためのシステムです。

このシステムを導入することで、顧客は自分の疑問に対する回答をすぐに見つけることが可能となり、同時にカスタマーサポートの負担が軽減されます。

具体的には、FAQシステムを通じて、顧客サービスの質の向上、対応時間の短縮、そして運用コストの削減を実現できます。

FAQのおすすめ製品

OfficeBot

(5)

月額費用150,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用350,000円最短導入期間要問い合わせ

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。 チャットボットによる生産性向上や育成効率アップだけでなきう、社内DXにも貢献することができます。 AI搭載型のチャットボットで、導入企業側でFAQを登録することですぐに活用することができ、通常のAI運用で発生する学習基幹や検索語句設定が不要という特徴があります。

自動化で企業DXを促進

OfficeBotは、幅広い業務で自動化を実現することができ、カスタマーサポートやバックオフィス、セールスなど、その範囲は多岐にわたります。 上記のような業務にチャットボットを導入することで、業務スピードの加速を実現し、生産性や顧客満足度の向上につなげることが可能となります。 特にバックオフィス向けのAIチャットボットとしては先駆けで、多くの企業に導入されており実績豊富なところが特徴です。

AIチャットボットが顧客の自己解決力を改善

OfficeBotのAIチャットボットは、導入企業側でFAQを登録した瞬間から即戦力として活躍することができます。 これは一つのFAQからAIが質問パターンを自動拡張する独自のAI技術によって実現しており、通常のAI運用で発生する学習作業や検索語句設定など一切不要となっています。

他言語に対応

OfficeBotは日本語だけでなく、簡体中国語、繁体中国語、英語、韓国語と多言語に対応しています。 特徴的なのは、日本語でFAQを登録するだけで、これらの外国語に自動対応してくれるという点です。

DECAカスタマーサポート

(5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ導入社数要問い合わせ

DECAカスタマーサポートとは、株式会社ギブリーが運営しているカスタマーサポートツールです。自社データとChatGPTの組み合わせによってQ&Aを自動生成し、AIチャットボットやFAQシステムによって顧客対応を自動化することができます。

FAQを自動で生成

問い合わせ対応工数を削減するために、チャットボットやFAQシステムは有効ですが、これらを活用するためにはあらかじめQ&Aを用意しておく必要があります。Q&A作成にも工数がかかるため、運用リソースをさけない場合は思うように作業が進まないこともあります。

独自AIがFAQ検索をサポート

問い合わせ対応を効率化するためには、FAQを作成するだけではなく、ユーザーが求めているFAQにスムーズに誘導できるようなUIが求められます。DECAカスタマーサポートは、入力された質問に的確に回答を提示するAIを搭載した「チャットボット」や「FAQシステム」を展開できます。

マルチチャネルに対応したAIチャットボット

チャットボットをWebサイトだけでなく、LINEやInstagramなどのマルチチャネルでの展開が可能です。問い合わせ導線をユーザーが使い慣れたチャネルに設けることで、チャットボットの利用率を高めて、問合せ対応の工数を削減できます。

JAPAN AI Chat

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

JAPAN AI株式会社は、「AIで持続可能な未来の社会を創る」をビジョンとし、独自のAI技術開発や最新のAI技術を活用したプロダクト/サービスの提供、または各社のニーズに合わせて個社カスタマイズした AI 環境の構築支援/開発を行っています。

法人利用に最適化されたセキュリティ

JAPAN AI Chatは、企業ごとに専用のAI対話環境を提供し、最適化されたセキュリティを実現しています。アプリケーションのヘルスチェック、アラートなどを常時監視できる環境が整備されており、管理者が従業員の利用状況をモニタリングすることができます。

プロンプト支援で応答精度を向上

AIに不慣れな方は、プロンプトを作成するのが難しく、求めるようなアウトプットが実現できない場合もあります。JAPAN AI Chatでは、営業やカスタマーサポート、マーケティング、人事といった、さまざまな職種に対応したテンプレートが豊富に用意されています。

外部サービス連携が可能

JAPAN AI Chatは、外部サービスとの連携が可能となっており、入力した指示内容を基に外部から最新情報を取得し、回答を生成します。

FAQの製品をまとめて資料請求

おすすめのFAQシステム

DECAカスタマーサポート

特徴

DECAカスタマーサポートは、ChatGPTを活用したAI-カスタマーサポートツールです。

FAQの自動生成機能を提供し、質問に対する回答の自動提案により顧客の自己解決を支援します。

多様なチャンネル対応が可能であり、Webサイト、LINE、Instagramなどでのチャットボット設置ができます。

また、有人対応の切り替えもスムーズで、接客品質の向上にも寄与します。

料金

詳細な料金プランについては公開されておらず、直接お問い合わせが必要です。

主な機能・他社製品との違い

  • FAQページの自動生成とキーワード検索が可能。
  • Web、LINE、Instagramなど複数のプラットフォームで対応。
  • 接客品質の向上と顧客満足度の向上。
  • 質問に対するAIによる即時回答。

DECAカスタマーサポートは、顧客の自己解決率を向上させ、問い合わせ件数の削減にも貢献します。

また、AIの活用により、FAQの作成・運用工数を削減し、効率的なカスタマーサポートが可能です。

他社製品と比較すると、AI技術をフルに活用した点で優れています。

OfficeBot powered by ChatGPT API.

特徴

OfficeBot, powered by ChatGPT API.はネオス株式会社によって提供されており、主にバックオフィス業務に特化したAIチャットボットシステムです。

このシステムは、問い合わせ業務や社内FAQの自動化を通じて業務効率化と売上向上を実現します。

特にMicrosoft Azure OpenAI Serviceとの連携により、高いセキュリティ環境の中でChatGPTを安心して業務に利用できる点が特徴です。

料金

OfficeBot powered by ChatGPT API.の料金は以下の通りです。

  • 初期費用:350,000円
  • 月額費用:150,000円

主な機能・他社製品との違い

  • ChatGPTの大規模言語モデルを活用した質問応答
  • マルチチャネル対応(Slack, LINE, Microsoft Teamsなど)
  • テキストマイニングとレポート機能による問い合わせ分析

OfficeBotは社内業務の効率化に焦点を当てています。

Zendesk Guide

特徴

Zendesk Guideは、問い合わせ管理システム「Zendesk Suite」に含まれるヘルプセンター構築機能です。

ユーザーはノーコードでFAQサイトやナレッジベースを作成でき、AI機能を活用して問い合わせ管理業務の効率化や品質向上が図れます。

また、問い合わせが多い内容をFAQに反映させることで、顧客の自己解決を促進します。

料金

Zendesk Guideの料金は以下の通りです。

  • Suite Team: 月額 $55
  • Suite Growth: 月額 $89
  • Suite Professional: 月額 $115

ALPHA SCOPE

特徴

ALPHA SCOPEは、リモートワークでも活用できる多機能FAQシステムです。

株式会社プラスアルファ・コンサルティングによって提供され、情報共有の課題を解決するために設計されています。

このシステムは、顧客、社内スタッフ、オペレータ向けにカスタマイズが可能で、クラウドベースで提供されるため、迅速に導入開始できます。

料金

詳細はお問い合わせください。

QA ENGINE

特徴

QA ENGINEは、特にカスタマーサポートを強化したい企業に適したFAQシステムで、以下のような特徴があります。

  • 使いやすいインターフェース
  • スケーラブルな料金設定
  • 継続的なサポートとカスタマイズオプション

コストパフォーマンスと柔軟な拡張性に優れています。

料金

QA ENGINEの料金は以下の通りです。

  • 初期導入費用:なし
  • 月額利用料(エンジン1個目):30万円
  • 月額利用料(2個目以降):20万円

AI-FAQボット

特徴

AI-FAQボットは事前学習を必要としないAI搭載型チャットボットです。

Excelで質問と回答を準備するだけで利用開始でき、特にスモールビジネスや情報技術(IT)や専門的な技術的知識を持たない方に適しています。

また、デザインのカスタマイズが可能で、直感的なUIが特徴です。言葉の揺れを自動で学習し、回答精度を向上させる特許技術も持っています。

料金

AI-FAQボットの料金は以下の通りです。

  • QA数1~100問:30,000円~
  • 無料トライアルは30日間QA数100問まで利用可能

RICOH Chatbot Service

特徴

RICOH Chatbot Serviceは、企業のカスタマーサポートを強化するためのチャットボットサービスです。

より広範なカスタマーサポートニーズに応えるための複数のプランを提供しており、大規模な企業や、より高度なカスタマイズを必要とするシナリオに適しています。

料金

RICOH Chatbot Serviceの料金は以下の通りです。

  • STARTERプラン:月額18,000円
  • STANDARDプラン:月額50,000円~
  • 30日間の無料トライアルあり

FAQシステムの料金相場は?

これまで紹介したFAQシステムの初期費用、料金は以下の通りです。

製品名 初期費用 料金
DECAカスタマーサポート お問い合わせが必要です。 お問い合わせが必要です。
OfficeBot powered by ChatGPT API. 350,000円 150,000円
Zendesk Guide Suite Team: 月額 $55

Suite Growth: 月額 $89

Suite Professional: 月額 $115

お問い合わせが必要です。
ALPHA SCOPE お問い合わせが必要です。 お問い合わせが必要です。
QA ENGINE なし エンジン1個目:30万円

2個目以降:20万円

AI-FAQボット お問い合わせが必要です。 QA数1~100問:30,000円~
RICOH Chatbot Service お問い合わせが必要です。 STARTERプラン:18,000円

STANDARDプラン:50,000円~

(2024年5月現在)

FAQシステムの選び方

ここでは、FAQシステムを選定する際に考慮すべき3つの重要なポイントを紹介します。

ニーズと目的に合った機能性を確認する

FAQシステムを選ぶときは、自社のニーズと目的を明確にします。顧客が直面している問題を自己解決できるようにするために、どのような機能が必要かを考えましょう。

たとえば、多言語対応が必要か、AIによる自動応答が利用可能かなど、特定の機能に注目することが重要です。

また、システムの拡張性も検討すべきで、将来的にビジネスが拡大したときに柔軟に対応できるかがカギとなります。

コストとROIの評価

FAQシステムを導入する際には、コストの面でも慎重に検討する必要があります。

システムに求められる機能を全て備えているか、そしてそれが予算内で収まるかどうかを評価します。

また、導入後の運用コストも含めた総コストを把握し、それに見合うリターンが得られるかどうか(ROI)を考えることも大切です。

低コストで始められるプランから始め、必要に応じて機能を追加することができるかどうかも、選定のポイントとなります。

サポート体制とユーザーコミュニティ

最後に、選考するFAQシステムのサポート体制を確認してください。

導入から運用開始まで、そしてそれ以降も継続的なサポートを受けられるかどうかが重要です。

また、他のユーザーからのフィードバックや評価も参考になります。

ユーザーコミュニティが活発であれば、実際の利用状況や問題解決のヒントを得ることができ、よりスムーズにシステムを導入し、運用することが可能です。

まとめ

FAQシステムを選ぶときは、自社のニーズに合った機能性、コスト効率、そしてサポート体制を重視します。

これらを慎重に評価することで、顧客満足度を高め、サポート業務の効率化を実現できます。

これは FAQの製品です。
FAQの資料をダウンロード

FAQの製品比較

JAPAN AI Chat

JAPAN AI Chat

月額費用要問い合わせ

JAPAN AI株式会社は、「AIで持続可能な未来の社会を創る」をビジョンとし、独自のAI技術開発や最新のAI技術を活用したプロダクト/サービスの提供、または各社のニーズに合わせて個社カスタマイズした AI 環境の構築支援/開発を行っています。

詳細記事はこちら

無料お試し要問い合わせ

DECAカスタマーサポート

DECAカスタマーサポート

月額費用要問い合わせ

DECAカスタマーサポートとは、株式会社ギブリーが運営しているカスタマーサポートツールです。自社データとChatGPTの組み合わせによってQ&Aを自動生成し、AIチャットボットやFAQシステムによって顧客対応を自動化することができます。

無料お試し要問い合わせ

OfficeBot

OfficeBot

月額費用150,000円〜

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。 チャットボットによる生産性向上や育成効率アップだけでなきう、社内DXにも貢献することができます。 AI搭載型のチャットボットで、導入企業側でFAQを登録することですぐに活用することができ、通常のAI運用で発生する学習基幹や検索語句設定が不要という特徴があります。

詳細記事はこちら

無料お試し要問い合わせ

FAQの製品比較

JAPAN AI Chat

JAPAN AI Chat

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

JAPAN AI株式会社は、「AIで持続可能な未来の社会を創る」をビジョンとし、独自のAI技術開発や最新のAI技術を活用したプロダクト/サービスの提供、または各社のニーズに合わせて個社カスタマイズした AI 環境の構築支援/開発を行っています。

詳細記事はこちら

DECAカスタマーサポート

DECAカスタマーサポート

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

DECAカスタマーサポートとは、株式会社ギブリーが運営しているカスタマーサポートツールです。自社データとChatGPTの組み合わせによってQ&Aを自動生成し、AIチャットボットやFAQシステムによって顧客対応を自動化することができます。

OfficeBot

OfficeBot

月額費用150,000円〜

無料お試し要問い合わせ

OfficeBotとは、ネオス株式会社が開発·運営しているバックオフィス特化型のAIチャットボットシステムです。 チャットボットによる生産性向上や育成効率アップだけでなきう、社内DXにも貢献することができます。 AI搭載型のチャットボットで、導入企業側でFAQを登録することですぐに活用することができ、通常のAI運用で発生する学習基幹や検索語句設定が不要という特徴があります。

詳細記事はこちら

その他の関連する記事