給与前払いサービスのおすすめ15選を徹底比較

 
これは 給与前払い の製品です!
給与前払いの製品資料を一括ダウンロード

今回は給与前払いサービスについて解説いたします。

福利厚生などにも利用でき、従業員の満足度の向上、求人募集の際の武器にもなり得る給与前払い制度を実現するサービスの概要、メリットを解説いたしますので、ぜひ参考になさってください。

給与前払い制度とは

給与前払い制度とは、従業員が希望した場合に、給与支払日よりも前に支払いが行われる制度です。

法律でも認められている制度であり、違法ではありません。

例えば当月に10日間働いた場合、最大10日分の給与を前払い制度によって受け取ることができ、いわゆる「給与の前借り」とは異なります。

給与前払いのニーズは年々高まりを見せていますが、これは非正規労働者の増加、賃金水準の低下によるものとされています。

また、福利厚生の一環として給与前払い制度を導入している企業も少なくありません。

おすすめの類似給与前払いサービス

お手軽操作で簡単に前払いが可能: Will Pay

(4.5)

月額費用 0円 無料お試し 要お問合せ
初期費用 0円 導入会社 要お問合せ

低コストで導入可能な給与前払いサービス。サービス会社が金銭を立て替え、利用者の申請も手軽に行えるため、企業と従業員にとって高い利便性があり、企業は雇用管理コストを削減できます。

ランニングコストをかけずに導入できる

Will Payは初期費用や月額利用料などのランニングコストをかけずに導入することができます。 給与先払いサービスにおいて懸念される、前払い用の資金を事前にプールしておかなければいけないという点においても、Will Pay側で立て替えてくれるので心配無用です。 申請をする従業員にはシステム利用料と各種銀行の振り込み手数料が発生しますが、1万円の申請で495円と決して高額ではないので安心して利用することができます。

いつでもスマホから申請ができる

Will Payの給与前払いはスマホや携帯、PCから24時間365日申請することができます。また、午前11時30分まで(ジャパンネット銀行の場合は18時まで)に申請することで当日中に賃金を受け取ることができる手軽さも特徴的です。

離職率の低下を実現できる

冠婚葬祭など突発的な出費があった際にも給与の前払いが利用できることで、従業員を経済的にサポートすることができるようになります。 また、新入社員などは生活環境の変化などにより金銭的に困っている方も多いでしょう。そういったケースに給与の前払いが選択肢にあるというだけで従業員にとっては非常に心強いものであり、その企業への定着率を高めることへも繋がります。

給与の前払いで従業員満足度を向上: 楽天早トク給与

(4.5)

月額費用 要お問合せ 無料お試し 要お問合せ
初期費用 要お問合せ 振り込み手数料 楽天銀行の場合0円

楽天カード株式会社が運営している給与前払いサービス。あらゆる勤怠管理ツールと連携が可能。楽天銀行での受け取りであれば、手数料は無料で利用でき、従業員は申請1回につき楽天ポイントを受け取ることができます。

シンプルな操作性とわかりやすい画面

楽天早トク給与は非常に使いやすく、直感的に操作することが可能です。 楽天会員のIDでログインすることができるため、普段から楽天のサービスを利用している方は、特に利用しやすいサービスと言えるでしょう。 1つの画面で、申請可能な金額の確認や申請金額を入力する項目、受け取り方法などがまとめられており、PCやスマホから簡単操作で前払い申請ができるため、画面操作が苦手な方が多い職場でも安心です。

預託型のため貸金業に該当する懸念がない

給与の前払いサービスで懸念されることが多いのが、「給与前払いサービスは賃金業にあたるのではないか」という問題です。 楽天早トク給与は前払い金の原資を立て替えることがなく、原資は企業自身の口座(預託金)から振り込まれるため、給与支払いの原則に則っているので賃金業には該当しないため安心して利用することができます。

既存システムとのデータ連携が容易

楽天早トク給与は、勤怠データを登録している既存システムと連携して、CSVファイル形式で勤怠データをアップロードすることが簡単にできます。 この連携させた勤怠データをもとに、申請可能額を計算してくれるため、導入企業側の負担は最小限です。申請可能回数や申請額の上限を企業側で設定することも可能なため、従業員の過度な前払い申請を抑制することもできます。

類似サービス: 即給 byGMO

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要お問合せ
初期費用 要問い合わせ 導入会社 要お問合せ

即給 byGMOとは、GMOペイメントゲートウェイ株式会社が運営している給与の前払いサービスです。 従業員が働いた分の給与を給料日前に、好きなタイミングで受け取ることができるため、働きやすさの向上はもちろんのこと、採用における自社のアピールポイントとしても有効なサービスとして注目されています。

   

24時間365日、申請・振込ができる

即給 byGMOは、三井住友銀行と提携して展開するサービスで、即時振込が可能で、土日であっても24時間給与を受け取ることができます。(受取金融機関によって例外あり)

選べる利用形態

給与の前払いサービスは、サービス運営企業が前払いの資金を一度立て替えて、月に一度精算する「立替型」と前払いの資金を雇用主である企業が用意する「デポジット型」とに分けられます。 多くの給与前払いサービスでは、どちらか一方のタイプしか選べないですが、即給 byGMOでは、これら2つの利用形態から企業の状況に合わせて選択することができます。

最短1週間で導入可能

即給 byGMOは、立替型で導入する場合、最短1週間で導入することができます。 導入ステップも、「問い合わせ」、「電子契約」、「利用開始」とシンプルです。 デポジット型の場合も、導入までは最短3週間と短期間で導入でき、三井住友銀行でデポジット用の口座を開設する以外は立替型と導入までの流れは変わりません。

この製品は給与前払いの製品です。

給与前払いの製品をまとめて資料請求

給与前払いサービスのメリット

担当者の業務負担

給与前払いサービスを利用しない場合、給与前払いを申請した従業員一人ひとりに個別で対応するのは大変な労力です。

給与計算や振込対応などの業務は、大変な手間のかかる作業です。

給与前払いサービスを利用した場合、事務手続きをすべてサービスの提供元に委託できるため、運用工数の削減、負担の軽減に繋がります。

従業員の離職率低下につながる

従業員の資金難は、副業や借金などにつながる可能性があります。

それに伴い、会社への不満や信用リスクの低下を招く恐れがあるのです。

給与前払い制度は、そういった問題を払拭できるため、離職率の低下をもたらしてくれるでしょう。

求人応募の増加

昨今は、正社員はもちろん、アルバイト・契約社員・フリーランスなど、働き方が多様化しており、高齢化の影響も相まって、人材の獲得に頭を悩ませている企業も少なくないでしょう。

そのような状況下で、給与の前払い制度のある企業は、求職者から魅力的に映る可能性があります。

他社との差別化を図ることは、大きなアピールポイントに繋がるはずです。

給与前払いサービスのタイプ

システム提供型

システム提供型はサービス提供会社が従業員の給与を立て替え、後で企業に請求するタイプのサービスです。

メリットとしては、準備金の用意が不要な点や、賃金規程・労使協定を改正しなくて良い点などが挙げられますが、従業員の手数料負担が大きくなりがちです。

アウトソーシング型

アウトソーシング型は、サービス提供会社が企業に代わって事務処理などを行う、委託方式のサービスです。

従業員の手数料負担が少ないメリットがありますが、企業側が給与支払い分の資金を前もって準備せねばならず、賃金規程・労使協定を改正する必要があります。

おすすめの給与前払いサービス15選

Will Pay(ウィルペイ)

特徴

Will Payは最短即日で給与の前払いが可能な給与立替サービスです。

5,000円までの申請金額であればシステム手数料がかからず、10,000円でも手数料は220円と安価なのが特徴的です。

急な出費が必要な従業員にとって嬉しいサービスと言えるでしょう。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円
  • 従業員手数料:0円〜
  • タイプ:システム提供型

※詳細は2023年10月現在

楽天早トク給与

特徴

楽天早トク給与は柔軟な運用を実現してくれる給与前払いサービスで、従業員が月に利用できる申請額を設定でき、過度な申請を防止できるなど、運用を適切に行えるよう導いてくれます。

給与の前払い申請時に、楽天ポイントが5ポイントもらえるのも嬉しいポイントと言えます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 従業員手数料:要問い合わせ
  • タイプ:アウトソーシング型
※詳細は2023年10月現在

CRIA(クリア)

特徴

CRIAは株式会社メタップスペイメントが運営しています。

飲食店などに強く、24時間365日給与の前払いを申請できるサービスです。

給与の前払いにかかる資金は、CRIA側が立て替えてくれるため、余計なコストがかからないという利点があります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 従業員手数料:500円
  • タイプ:システム提供型

※詳細は2023年10月現在

即給 byGMO

特徴

即給 byGMOとは、GMOペイメントゲートウェイ株式会社が運営している給与の前払いサービスです。

三井住友銀行と提携しており、24時間給与の受け取りが可能で、PC・スマートフォンからすぐに利用することができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 従業員手数料:500円
  • タイプ:システム提供型

※詳細は2023年10月現在

前給

特徴

前給とはきらぼしテック株式会社が運営している給与の前払いサービスです。

銀行グループが運営している安心感があり、飲食や人材派遣などさまざまな業界で導入されている実績があります。

専用サーバの構築などが不要で、初期費用無料で導入することができます。

従業員の基礎データや勤務実績データの登録で効率的な運用を実現します。

従業員が給料日よりも前にそれまでに働いた分の給与を受け取ることができるため、従業員満足度の向上や採用活動における強みが増えるといった導入効果が期待できます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 従業員手数料:要問い合わせ

PrePay(プリペイ)

特徴

PrePayは、株式会社イデアホールディングスが開発・販売している給与前払いWebサービスです。

スマホアプリによって簡単に申請できるため、従業員にとって使い勝手の良いサービスと言えます。

13時までに申請することで、即日給与を受け取ることができ(楽天銀行を利用する場合のみ)勤怠管理システムと連携して便利に活用することができます。

料金

  • 初期費用:200,000円
  • 月額費用:0円
  • 従業員手数料:要問い合わせ
  • タイプ:アウトソーシング型

※詳細は2023年10月現在

jinjer給与前払い

特徴

jinjer給与前払いは、jinjer株式会社が提供している給与前払いサービスです。

申請を行えば、自動で振込手続きが行われるタイプであるため、経理・給与担当者にとって負担のかからないサービスと言えるでしょう。

勤怠管理システム・給与計算システムとも柔軟に連携できる点が持ち味で、勤怠データと紐づいてのサービス利用が可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 従業員手数料:要問い合わせ
  • タイプ:システム提供型

※詳細は2023年10月現在

CYURICA(キュリカ)

特徴

CYURICAを導入することで、ATMから給料の前払いを利用できます。

初期費用はかからず、最短1週間で導入することができ、従業員は全国のATMから前払いの申請・受け取りが可能になります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:5,000円〜
  • 従業員手数料:400円
  • タイプ:アウトソーシング型

※詳細は2023年10月現在

Payme

特徴

Paymeとは、株式会社ペイミー が運営している給与の即日払いサービスです。

企業側の負担がなく給与の即日払いを導入することができます。

求人の募集要項に給与の即日払いが利用できることを掲載することで、求人応募率の向上につながります。

専任の担当者がサポートしてくれるため、導入後に不明点が発生した場合でも安定して運用することができます。

従業員満足度の向上によって、企業定着率の低下を防ぎ、採用力を高めることができるサービスです。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円
  • 従業員手数料:要問い合わせ

プリポケ

特徴

プリポケとは、株式会社マネーコミュニケーションズが運営している給与前払いサービスです。

業界でも最低水準の手数料で利用できる点が魅力的で、従業員への負担が少ない給与前払いサービスをお探しの方におすすめとなっています。

24時間いつでも給与前払いの申請をすることができ、シンプルでわかりやすい操作性となっているため、社内浸透度が高いサービスと言えるでしょう。

規定の時間までに前払い申請をすることで、即日給与を受け取ることも可能です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円
  • 従業員手数料:1.5%

Advanced pay SAISON

特徴

Advanced pay SAISONは、立替型の給与前払いサービスです。

雇用形態に関わらず利用することができ、従業員満足度向上におすすめとなっています。

給与の前払いに必要な資金をベンダー側で立て替えてくれるため、導入企業側の負担が少ないサービスです。

特定の銀行口座を指定することで、従業員は給与の前払い申請後すぐに給与を受け取ることができます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円
  • 従業員手数料:要問い合わせ

エスプリプラス

特徴

エスプリプラスとは、株式会社シスプロが運営している給与の即時払いシステムです。

自社払い型のサービスとなっており、従業員に支払うための資金を企業側であらかじめ口座に振り込んでおく必要があります。

24時間365日好きなタイミングで給与の前払い申請が可能で、急な出費に対しても前払いが受けられることで、一つの企業で働き続けることが可能となります。

振り込まれた給与をコンビニATMからいつでも引き出すことができるため、従業員が利用しやすいサービスと言えるでしょう。

システム提供型の給与前払いサービスとなっているため、担当者の業務負担が少ない点も魅力的です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円
  • 従業員手数料:55円〜

Q給

特徴

Q給とは、株式会社デジタルフィンテックが提供している給与の前払いサービスです。

従業員は好きなタイミングで給与を受け取ることができ、急な出費に追われた際にも、日払いバイトなどをする必要がなくなります。

業界によって給与の前払いが導入されていることが採用に大きく関わってくるため、求人の応募数を向上させたい企業に、おすすめです。

スマートフォンから手軽に申請し、給与を受け取ることができ、勤怠管理システムとの連携によって運用を効率化することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:11,000円〜
  • 従業員手数料:550円

ジョブペイ

特徴

ジョブペイとは、従業員が給料日より前にATMから給与を引き出すことができるサービスです。

ATMから給与を受け渡すことができるため、24時間365日好きなタイミングで前払いを受けることができます。

給与支払いの原則を遵守しているため、法的リスクに配慮されている点も優れています。

eKYCを活用し、オンラインで本人確認が可能な点も特徴的です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:5,000円〜50,000円
  • 従業員手数料:要問い合わせ

前払いできるくん

特徴

前払いできるくんとは、株式会社Payment Technologyが運営している給与前払いサービスです。

初期費用や月額費用がかからず、最短1週間で導入することができます。

従業員は24時間365日好きなタイミングでそれまで働いていた分の給与を受け取ることができるようになり、従業員定着率の向上などに効果的です。

給与の前払いに必要な資金はベンダー側で立て替えてくれるため、スムーズに導入することができます。

また、中小企業向けのサービスも提供されており、精算時にクレジットカードを使用することも可能です。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円
  • 従業員手数料:申請額の6%

給与前払いサービスの選び方

導入タイプを決める

給与前払いサービスは、大きく分けて2種類に分類され、それぞれで特徴が異なるため、特徴を良く理解して導入を決めましょう。

立替払いタイプは、給与前払いに必要なお金をベンダー側が立て替えてくれます。

立替払いタイプは、自社で立替金を用意する必要がないため、企業側に負担が少なく、導入しやすい点が特徴的です。

自社払いタイプは、従業員に前払いする分の資金を自社で用意する必要があります。

企業側が資金を用意しなければいけない点で負担は大きいですが、賃金支払いの原則に則った運用ができるため、法的リスクが低い点がメリットです。

手数料を確認する

給与の前払いサービスは、導入タイプによって従業員が利用手数料を負担しなければいけません。

サービスによっては、手数料が一律、一定の利用額までは無料という場合もありますが、相場としては前払い申請額の5%前後の手数料が発生します。

従業員の負担が大きいと、企業に制度が定着しないため、手数料が低いサービスを選ぶか、資金に余裕がある場合は自社払いタイプのサービスを導入すると良いでしょう。

給与前払いサービスの料金相場

給与前払いサービス料金相場としては、以下の通りです。

  • 初期費用:0円〜100,000円
  • 月額料金:0円〜10,000円

給与前払いサービスは、クラウド型のサービスも多く、初期費用がかからないサービスも珍しくありません。

また、初期費用がかかるサービスであっても、キャンペーンで初期費用無料となるケースもあります。

多くの給与前払いサービスが、前払いの利用時に申請額の数%の手数料が発生します。

サービスによって対応している銀行が限られていたり、給与の受け取り時に手数料がかかったりする場合もあります。

導入時に初期費用や月額料金だけでなく、手数料や申請可能な上限金額、申請から何日で振り込みがされるかを確認しておくと良いでしょう。

まとめ

以上、給与前払いサービスについて解説いたしました。

これまで述べてきた通り、給与の前払いは従業員の身を助けられる上、他社との差別化を図る福利厚生としても魅力的です。

法律でもしっかりと認められている制度であり、安心して利用することができます。

今回紹介したサービスのおいてもそれぞれ特徴が異なるため、自社にマッチしたものを選ぶことができるでしょう。

給与前払いの制度を設置したいとお考えの企業の方はぜひ、この記事を参考になさってください。

 

その他の関連する記事

qeee枠【給与前払い】

お手軽操作で簡単に前払いが可能: Will Pay

(4.5)

月額費用 0円 無料お試し 要お問合せ
初期費用 0円 導入会社 要お問合せ

低コストで導入可能な給与前払いサービス。サービス会社が金銭を立て替え、利用者の申請も手軽に行えるため、企業と従業員にとって高い利便性があり、企業は雇用管理コストを削減できます。

ランニングコストをかけずに導入できる

Will Payは初期費用や月額利用料などのランニングコストをかけずに導入することができます。 給与先払いサービスにおいて懸念される、前払い用の資金を事前にプールしておかなければいけないという点においても、Will Pay側で立て替えてくれるので心配無用です。 申請をする従業員にはシステム利用料と各種銀行の振り込み手数料が発生しますが、1万円の申請で495円と決して高額ではないので安心して利用することができます。

いつでもスマホから申請ができる

Will Payの給与前払いはスマホや携帯、PCから24時間365日申請することができます。また、午前11時30分まで(ジャパンネット銀行の場合は18時まで)に申請することで当日中に賃金を受け取ることができる手軽さも特徴的です。

離職率の低下を実現できる

冠婚葬祭など突発的な出費があった際にも給与の前払いが利用できることで、従業員を経済的にサポートすることができるようになります。 また、新入社員などは生活環境の変化などにより金銭的に困っている方も多いでしょう。そういったケースに給与の前払いが選択肢にあるというだけで従業員にとっては非常に心強いものであり、その企業への定着率を高めることへも繋がります。

給与の前払いで従業員満足度を向上: 楽天早トク給与

(4.5)

月額費用 要お問合せ 無料お試し 要お問合せ
初期費用 要お問合せ 振り込み手数料 楽天銀行の場合0円

楽天カード株式会社が運営している給与前払いサービス。あらゆる勤怠管理ツールと連携が可能。楽天銀行での受け取りであれば、手数料は無料で利用でき、従業員は申請1回につき楽天ポイントを受け取ることができます。

シンプルな操作性とわかりやすい画面

楽天早トク給与は非常に使いやすく、直感的に操作することが可能です。 楽天会員のIDでログインすることができるため、普段から楽天のサービスを利用している方は、特に利用しやすいサービスと言えるでしょう。 1つの画面で、申請可能な金額の確認や申請金額を入力する項目、受け取り方法などがまとめられており、PCやスマホから簡単操作で前払い申請ができるため、画面操作が苦手な方が多い職場でも安心です。

預託型のため貸金業に該当する懸念がない

給与の前払いサービスで懸念されることが多いのが、「給与前払いサービスは賃金業にあたるのではないか」という問題です。 楽天早トク給与は前払い金の原資を立て替えることがなく、原資は企業自身の口座(預託金)から振り込まれるため、給与支払いの原則に則っているので賃金業には該当しないため安心して利用することができます。

既存システムとのデータ連携が容易

楽天早トク給与は、勤怠データを登録している既存システムと連携して、CSVファイル形式で勤怠データをアップロードすることが簡単にできます。 この連携させた勤怠データをもとに、申請可能額を計算してくれるため、導入企業側の負担は最小限です。申請可能回数や申請額の上限を企業側で設定することも可能なため、従業員の過度な前払い申請を抑制することもできます。

類似サービス: 即給 byGMO

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要お問合せ
初期費用 要問い合わせ 導入会社 要お問合せ

即給 byGMOとは、GMOペイメントゲートウェイ株式会社が運営している給与の前払いサービスです。 従業員が働いた分の給与を給料日前に、好きなタイミングで受け取ることができるため、働きやすさの向上はもちろんのこと、採用における自社のアピールポイントとしても有効なサービスとして注目されています。

   

24時間365日、申請・振込ができる

即給 byGMOは、三井住友銀行と提携して展開するサービスで、即時振込が可能で、土日であっても24時間給与を受け取ることができます。(受取金融機関によって例外あり)

選べる利用形態

給与の前払いサービスは、サービス運営企業が前払いの資金を一度立て替えて、月に一度精算する「立替型」と前払いの資金を雇用主である企業が用意する「デポジット型」とに分けられます。 多くの給与前払いサービスでは、どちらか一方のタイプしか選べないですが、即給 byGMOでは、これら2つの利用形態から企業の状況に合わせて選択することができます。

最短1週間で導入可能

即給 byGMOは、立替型で導入する場合、最短1週間で導入することができます。 導入ステップも、「問い合わせ」、「電子契約」、「利用開始」とシンプルです。 デポジット型の場合も、導入までは最短3週間と短期間で導入でき、三井住友銀行でデポジット用の口座を開設する以外は立替型と導入までの流れは変わりません。

類似サービス: CRIA(クリア)

(4.5)

月額費用 0円 無料お試し なし
初期費用 0円 最短利用開始 1週間〜2週間程度

CRIAは給与の即時受け取りを可能とし、従業員にも企業側にもメリットをもたらす給与即時払いサービスです。 飲食業界やサービス業界、小売、アミューズメント、人材·事務といった幅広い業界で導入されている実績があります。

   

企業側の負担は0円

初期費用、月額費用、手数料などが0円で利用することができるだけでなく、給与前払いサービスではネックとなりがちな、準備金の用意も不要という利便性の高さが好評です。

多言語に対応

日本語、英語、ベトナム語の3ヵ国語に対応しているため、外国人の求職者に対してもアピールすることができます。 直感的に操作できるユーザーインターフェースを取り入れているため、外国人の方でも簡単に操作方法を覚えることができるという特徴があります。

手厚いサポート体制

CRIAでは24時間365日対応可能なコールセンターを設置しています。直感的に操作ができるとはいえ、万が一、操作方法がわからない場合でも、専用のコールセンターが問い合わせに対応してくれるため、安心して利用することが可能です。