タレントマネジメントの成功例と失敗例を紹介

 

最近では、各従業員の能力を最大限に引き出すタレントマネジメントが注目を集めています。この手法は、従業員のスキルや経験を統一的に管理し、適切な配置や育成に活かすプロセスです。

タレントマネジメントの成功例

日産自動車

日産自動車では、タレントマネジメントに特化した部門を設け、社内のスカウトマンを採用しました。これを活用し、国内外の従業員から優れた才能を見いだし、リーダー養成のプログラムに参加するよう奨励しています。この取り組みにより、成果が評価される文化が根付き、従業員の満足感が高まっています。

グローバルキッズ

グローバルキッズでは、採用プロセスでのミスマッチを防ぐために積極的にタレントマネジメントを導入しています。採用の初期段階から、求める人材像と求職者の要望をマッチングさせ、志望者との適合率が高い人材を優先的に採用する仕組みを構築しました。これにより、入社後の期待値のずれによる離職を防ぎ、長期的な研修や教育を容易にしました。

タレントマネジメントシステムのおすすめ製品

JobSuite TALENTS

(5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

より広範な人事領域のDXを実現

JobSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

ざんまいクラウド

(5)

月額費用100円〜無料お試し90日無料
基本費用30,000円最短導入期間5日程度

ざんまいクラウドとは、株式会社K2インフィニティーズが運営している人事評価業務支援アプリケーションです。正式利用申し込みから最短5日で利用開始できるスピード感と、Webブラウザ・インターネット環境があれば、すぐに利用開始することができる手軽さが魅力的なサービスで、コスト面にも優れています。

テンプレートで簡単に始められる

ざんまいクラウドには、評価シートや目標管理シートのテンプレートが用意されているため、社員情報の登録をすることで、すぐに運用を開始することができます。「目標管理シート(4項目)」「能力評価シート」「人事考課シート(目標管理+行動評価)」「多面評価シート」のようなシートのテンプレート以外に、導入企業のニーズに応じたカスタマイズも可能です。

費用対効果に優れている

ざんまいクラウドは、費用対効果にも優れています。目標管理シートを使う場合は、1アカウントにつき月額200円と低コストから利用することができ、シートを使う月だけ費用が発生するため、無駄なコストが発生することがありません

人事評価の業務負担を軽減

ざんまいクラウドの目標管理シートの構成は、汎用のパラメータがあるため、どのような条件のシートに対しても、自由自在かつ無制限に構成することができます。コンピテンシーシートなどは、従業員の職制に応じた評価項目シートを自動で割り当てることができるなど、様々な仕組みを備えているため、評価シートの作成から配布といった人事評価に関する業務の負担を大きく軽減することが可能です。

カオナビ

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

カオナビとは、従業員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステムです。 経営者や人事のニーズ、多種多様な導入企業から得られた知見やノウハウを基に開発されており、使いやすい機能と充実したサポート、活発なコミュニティが特徴です。 あらゆる人事情報をカオナビに集約することで、効率的な人材採用、配置、育成、評価を実現。昨今注目を浴びる人的資本経営や人事労務DXにも対応しています。

人事課題を解決する多種多様な機能

カオナビにはタレントマネジメントに必要な機能が揃っており、様々な人事課題に役立ちます。 人事情報活用のはじめの一歩である人材データベースの構築から、データを活用した人材採用、配置、育成、評価の効率化、昨今注目を浴びる人的資本経営やリスキリングへの対応も可能です。

誰でも使いやすい操作性

タレントマネジメントでは、蓄積した人事情報を社内全体で活用することが重要です。 だからこそカオナビは、人事担当者に限らず、経営者から従業員までの誰もが使いやすい設計になっています。

やりたいことを実現できるカスタマイズ性

カオナビは、カスタマイズ性にも優れています。 たとえば、自社独自の管理項目があったり評価制度を運用したりしている場合でも、柔軟に対応可能です。

タレントマネジメントシステムの製品をまとめて資料請求

タレントマネジメントの失敗例

タレントマネジメントは効果が見えにくく、企業ごとに異なる目的を持つ難しい施策です。成功させるためには、事前に失敗例を学び、対策を講じることが不可欠です。
代表的な失敗例は以下の通りです。

  • 目的の不明確さ: タレントマネジメントを導入する際には、明確な目的が不可欠です。不明確なまま進めると、方針の混乱を招く可能性があります。
  • 導入するだけで効果がでると期待していた: タレントマネジメントは導入だけでは十分な成果を上げません。導入後の具体的な施策が成功につながります。
  • 既存の制度との連携不足: タレントマネジメントの導入後も、既存の人事制度との連携が不足していると混乱を招く可能性があります。

タレントマネジメントの失敗要因

タレントマネジメントが失敗する主な要因はいくつかあります。

  • データの活用不足: 収集された人材データを十分に活用できないと、タレントマネジメントの効果が発揮できません。データの活用方法を事前に計画し、使いやすい形に整備する必要があります。
  • データの更新頻度低下: 人材データが定期的に更新されないと、従業員のニーズに合わせた計画が立てられず、モチベーション低下につながります。頻繁なデータ更新が必要です。

タレントマネジメントを成功させるポイント

成功するためには、導入目的をはっきりさせ、導入後の具体的な運用方針を策定することが重要です。人材データの更新を怠らず、新しい情報でタレントマネジメントを実施することも成功の鍵です。結論、導入目的の明確さと最新データの活用が、タレントマネジメントを成功に導く要素です。

まとめ

タレントマネジメントは各従業員のスキルや経験を一元的に管理し、適切な配置や育成に活かすプロセスです。企業ごとに異なる難しい施策であり、成功には目的の明確化とデータの効果的な活用が欠かせません。

その他の関連する記事