これは メール管理・共有 の製品です。
メール管理・共有の資料をダウンロード

Microsoft Exchangeとは

Microsoft Exchangeはマイクロソフトが提供しているメール送受信サービスです。

Microsoft Exchangeを導入することで、時間・場所・デバイス問わず、メールを利用することができるようになります。

メールデータの自動バックアップ機能、誤送信防止機能なども搭載されており、事業の継続性への貢献(BCP) はもちろん、コンプライアンス対策も十分と言えるツールです。

おすすめの類似メール管理・共有ツール

類似サービス: メールディーラー

(4.5)

                   
月額料金 35,000円〜 無料お試し 14日間無料
初期費用 50,000円〜最短導入期間 申し込みから2営業日程度

メールディーラーとは、株式会社ラクスが提供しているメール管理システムです。 大量のメールを簡単に一元管理できるようになり、誤送信や重要なメールの見落としを防ぐことができるため、非常に多くの企業から導入されています。

属人化しているメール業務を解決

メールディーラーでは、お客様との対応履歴等、すべての情報を共有することができるため、誰が見てもやりとりを把握することができます。

対応状況を可視化できる

メールディーラーでは、問い合わせの状況に応じて「未対応」、「対応中」、「対応完了」のフォルダに自動で振り分けしてくれるため、メール管理が容易になり、対応状況を簡単に可視化することができます。

問い合わせ窓口を一元管理

メールディーラーでは、メールや電話だけでなく、チャットなどの問い合わせ窓口まで一元管理できるため、複数のツールを往復するストレスが解消されます。

 

類似サービス: Freshdesk

(0)

         
月額料金 2,100円〜/ユーザー 無料お試し21日間
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

Freshdeskは、クラウド型のヘルプデスク·問い合わせ管理ツールです。Freshworks社が開発したサービスですが、日本ではOrangeOne株式会社によって販売されています。 シンプルで使いやすく、FacebookやTwitterを操作するような簡単なインターフェースが高評価されており、世界での導入実績は15万社を突破しています。

       

さまざまな問い合わせを一元管理

ヘルプデスク業務において課題となりがちなのが、メールや電話、フォームなど複数の問い合わせ窓口からの問い合わせに対し、それぞれのツールで確認しなければならない煩雑さです。 Freshdeskは、マルチチャネル機能が搭載されており、それぞれの問い合わせ窓口と連携することができるため、1つの画面でさまざまな問い合わせを一元管理することができます。

使いやすいインターフェース

Freshdeskは、B2Bテクノロジーに関するユーザーレビューの世界的な掲載サイトである「G2 Crowd」のCRMカテゴリにおけるトレンドで満足度と注目度においてNo.1の評価を獲得しています。 シンプルで使いやすいインターフェースで設計されているため、PCの操作が苦手という方でも直感的に扱うことが可能です。

顧客の自己解決をサポート

Freshdeskには、ナレッジベースの作成·公開機能が搭載されており、過去の問い合わせを元に、よくある質問などをナレッジベース化することで、顧客の自己解決をサポートすることが可能です。 また、フォーラム·コミュニティの作成もでき、顧客による質問や製品についてのディスカッションを可能とし、顧客の抱える疑問点解決に貢献します。

これはメール管理・共有の製品です。

メール管理・共有の製品をまとめて資料請求

Microsoft Exchangeの特徴

メールデータがしっかりと保全される

Microsoft Exchangeを利用すれば、メールデータをデータセンター内の複数のデータベースに、自動的にバックアップされます。

万が一、データセンターに障害が発生したとしても、データは自動的に別のデータセンターに転送されるため、損失されるような心配はありません。

コンプライアンスに貢献するメールアーカイブ機能も搭載されており、安心・安全な運用が実現されるはずです。

50GBのメールボックスサイズ

メールボックスのサイズは50GBと誇り、添付ファイル付きのメールを保存しても、すぐにいっぱいになることはありません。

また、送受信可能なメールの容量も最大25MBに設定されていることから、大容量の添付ファイルも簡単にやりとりすることも可能です。

誤送信防止機能が5種類標準装備されている

メール誤送信は、報漏えいが起こる大きな原因の1つです。

しかし、Microsoft Exchangeには、

  • 組織外の受信者を To/CC に指定された際にアラートを発する「メール ヒント」
  • 送信ボタンを押した後でも指定した時間だけ送信を遅らせられる「遅延送信」
  • 状況に合わせてメール送信時の処理内容が指定可能な「トランスポート ルール」
  • 個人情報等、機密情報が自動検出される「データ損失保護」
  • メール内容を自動的に暗号化する「Office 365 Message Encryption」

以上、5つの機能が搭載されており、情報漏えいをしっかりと防止してくれます。

 
これは メール管理・共有の製品です。
メール管理・共有の資料をダウンロード

Microsoft Exchangeの料金・価格

初期費用

無料

月額費用

500円〜

Microsoft Exchangeの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Microsoft Exchangeの良い評判・口コミ

Active Directoryと連携して、会社のディスクトップパソコン・ノートパソコン・スマートフォンで使用できるのが非常に便利です。
どのデバイスからでも予定表の共・確認ができます。

Microsoft Exchangeのその他の評判・口コミ

コマンドでないと設定変更できないものがあるので、GUIから設定できるようにして欲しいです。

Microsoft Exchangeを導入した結果に関する評判・口コミ

メールの送信先がOutlookの場合、間違えて送信してしまっても、取り消すことができます。再送した場合、メールが2通になってしまってわかりづらくなりますが、それを回避できます。

 
これは メール管理・共有の製品です。
メール管理・共有の資料をダウンロード

その他の関連する記事