これは 電子契約 の製品です。
電子契約の資料をダウンロード

Dropbox Signとは?

Dropbox Sign(旧:HelloSign)とは、Dropboxが提供する電子署名サービスです。電子署名の準備から送信、署名、追跡までをオンラインでおこなえます。

紙での契約書のやりとりと比較して、契約締結までの時間を大幅に短縮できることがメリットです。関係者の個人情報を安全に保管できるため、安心して利用できるでしょう。操作が直感的でシンプルなので、特別なトレーニングがなくてもすぐに使いこなせます。

おすすめの類似電子契約システム

類似サービス: Contract One

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最短導入期間 1営業日から

Contract Oneとは、Sansan株式会社が提供している契約DXサービスです。 Sansanのテクノロジーとオペレーションを用いて全ての契約書を正確にデータ化し、契約データベースを構築します。契約内容の横断的な検索や契約期限の管理、契約書の関連付けが可能になることで契約情報をタイムリーに参照でき、類似の契約を確認して契約内容を最適化したり、スピーディーな契約締結を実現します。

   

紙の契約書の押印から保管までをオンラインで完結

印刷・製本、押印、発送、受け取りといったアナログな作業をContract Oneが代行するため、業務効率化を実現することができます。 これまでオフィスで行なっていた業務がオンラインで完結できることで、大幅な業務効率化やテレワークの推進を実現します。 また、紙の契約書を電子化し、データベースで管理することで、契約書の紛失や盗難、破損といったリスクを回避することも可能です。

クラウド上で契約書を一元管理

Contract Oneは、クラウド上に契約書のデータベースを構築して、紙と電子の契約書を一元管理することが可能です。 Sansanが培ってきたAIと人力を組み合わせた独自のテクノロジーによって正確にデータ化し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での電子保存を可能とします。 管理している契約書は、素早く簡単に検索することができるため、必要な契約書を探す手間がかかりません。

多様な働き方を実現

Contract Oneによって契約業務をオンラインで完結できるようになれば、契約業務のためにその都度オフィスへ出社する必要がなくなります。 紙の契約業務に触れることなく契約業務ができるため、テレワークの推進やペーパーレス化の実現、BCP(事業継続計画)対策として有事の際の事業継続につなげるなど、多様な働き方を実現します。

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用 110円〜/ユーザー 無料お試し あり
初期費用 0円 最短導入期間 即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

この製品は電子契約の製品です。
電子契約の製品をまとめて資料請求

Dropbox Signの特徴

特徴①スムーズな電子署名

Dropbox Sign(旧:HelloSign)では、テンプレートを用意しています。契約内容にあわせてカスタマイズが可能です。あらかじめデータを読み込んでおけば、自動署名までのプロセスを高速化できるでしょう。

電子署名に必要な機能を標準装備。さらにデータ暗号化や監査証跡、改ざん防止などのコンプライアンスによってドキュメントを保護して、電子署名を安全に収集できます。

特徴②デジタル署名の作成

Dropbox Sign(旧:HelloSign)では、デジタル署名を簡単に作成できます。PDFやWord、Excel、PowerPointなどのドキュメントに、組み込むことが可能です。デジタル署名やドキュメントのパスコード、タイムスタンプ付きの監査証跡といった機能により、ドキュメントのセキュリティが向上。

署名されたドキュメントはアカウントに保存され、いつでも簡単にアクセスすることが可能です。ドキュメントに署名を忘れたり、署名依頼で送信したドキュメントに相手方が閲覧・署名したりしたときは、メールでの通知を受け取れます。

特徴③ツールとの連携に対応

Dropbox Sign(旧:HelloSign)では、さまざまなツールとの連携に対応しています。DropboxやEvernote、Googleドキュメント、Googleドライブなどに対応。

署名用ドキュメントの送信やステータスの追加、契約書の管理などを、使い慣れたツールでおこなえます。アプリケーションを切り替える必要がないため、契約フローを簡素化できるでしょう。
[table “e-contract” not found /]

 
これは 電子契約の製品です。
電子契約の資料をダウンロード

Dropbox Signの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

・Essentials:1,600円
・Dropbox One:2,900円
・Standard:2,800円/ユーザー
・Premium:要問い合わせ

Dropbox Signの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Dropbox Signの良い評判・口コミ

・Dropboxとの連携が簡単にでき、バックアップが簡単にとれるのが便利です。
・取引先が閲覧・署名したタイミングで通知がくるので助かっています。
・署名をテンプレートで保存できるので、いちいち作成する必要がありません。

Dropbox Signのその他の評判・口コミ

・検索結果の表示画面のUIがイマイチだと感じます。
・日本語への対応が不十分だと思いました。

Dropbox Signを導入した結果に関する評判・口コミ

・書類の署名を要求するとき、チェックの効率がアップしました。
・取引先はもちろん、社内での契約書のやり取りが楽になりました。
・DropboxやGoogle Driveのファイルの承認依頼ができ、手間が削減されました。

 
これは 電子契約の製品です。
電子契約の資料をダウンロード

その他の関連する記事