チケット管理とは?管理のメリットやデメリット、おすすめのツールを紹介

 
これは イベント・セミナー管理 の製品です!
イベント・セミナー管理の製品資料を一括ダウンロード

プロジェクトを円滑に進めるために導入が進められているチケット管理は、業務やタスクの優先順位をはっきりさせるだけでなく、担当者や期日、進捗状況などを全体で共有することができます。しかし、チケット管理ツールの選択肢が多いため、「どのツールを導入したらいいかわからない」と悩む方もいるでしょう。そこで、本記事ではチケット管理ツールについてやメリット・デメリット、おすすめのツールについて紹介します。

チケット管理とは

チケット管理は、プロジェクトを進める際に発生するタスクを「チケット」という形で発行して管理する方法です。このチケットにはタスクの内容、期日、担当者などが記載されています。そして、これらの情報は社内で共有され、進捗状況を簡単に把握することができます。

おすすめの類似イベント・セミナー管理ツール

イベント開催に関する機能がオールインワン: eventos

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ ライブ配信 可能

ウェビナーやオンライン商談・展示会などを簡単に開催することができるイベントプラットフォーム。多くの機能を1ツールで一元管理。自社専用のイベントプラットフォームが持て、カスタマイズも自由にできます。

デザイン性の高いイベントサイトの構築ができる

eventosは、カスタマイズ性の高さで自社の特色を反映したイベントサイトをデザインすることが可能です。 ウェビナーやカンファレンス、アンケートなど、企業のニーズを実現するための機能を自由に選択して公開できるため、ブランディングに強いサービスと言えるでしょう。

簡単な操作性

イベントサイトの構築には、専用の知識が必要で、操作も難しいイメージがあります。 しかし、eventosは使いたい機能をドラッグ&ドロップするだけで、イベントの構築から公開までが可能なため、PCの操作が苦手という方でも無理なく運用することができます。 Google AnalyticsやGoogle Tag Managerのタグを挿入すれば、アクセス分析も可能です。

リード獲得に特化している

eventosでは、BIツールやMAツールと連携することで、イベントへの参加申し込み情報やアンケートの回答内容、ウェビナーの視聴時間までを分析してCSVに出力することが可能です。 1つのツールで複数の機能を一元管理できるため、管理の煩雑化も起きにくく、いつでもリアルタイムなリード分析で、ホットリードの獲得が実現できます。

類似サービス: ネクプロ

(0)

         
利用料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最低導入期間 最短1営業日から

ネクプロとは、株式会社ネクプロが運営しているウェビナー/動画配信ツールです。 ライブ・録画・オンデマンドといった多彩な配信方式でのウェビナー/動画配信の実施が可能で、単に配信を行うだけでなく、顧客管理や集客、アンケート、分析改善といったマーケティング機能も搭載されています。

ウェビナーの再利用で顧客エンゲージメントを最大化

ネクプロでは、全てのコンテンツを全ての顧客に公開するのではなく、顧客ごとにパーソナライズ化されたコンテンツ配信を実施することで、エンゲージメントの最大化を実現しています。 録画したウェビナーを視聴したいという顧客からのニーズは高いため、録画したウェビナー動画を活用することで、集客効果の向上が期待できるでしょう。

視聴ログの分析・レポートが可能

ネクプロでは、視聴ログを把握することができるため、ウェビナー参加履歴に応じたお礼メールの送信や、未参加者への開催情報送信など、効果的な情報発信が可能となります。 また、視聴時間を把握して、興味関心度合いを可視化、必要な顧客に対して営業がフォローする、といったフローの構築も可能です。

疑似ライブ(録画配信)でウェビナーを効率化

ネクプロは、疑似ライブ(録画配信)を活用したウェビナーが可能な点も特徴的です。録画をベースとしている疑似ライブは何度でも再利用できるため、ウェビナーの開催数を増やせる点もメリットです。 また、チャットはリアルタイムに受け付けて、登壇者とは別の担当者が質問に回答することで、スムーズなウェビナー進行が実現できます。

類似サービス: Eventory

(0)

         
利用料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最低導入期間 即日〜

Eventoryとは、株式会社インディヴィジョンが運営しているイベントツールです。 世界750社から導入されている実績があり、オンラインイベントの運営に必要な機能がオールインワンされています。もちろん、オフライン(リアル)イベント、両方を同時に行うハイブリッドイベントにも最適な機能を実装しています。

あらゆるイベントに対応

Eventoryは、BtoB・BtoCどちらのイベントにも対応できるイベントツールです。 また、大規模展示会から少人数のウェビナーまで、イベントの規模に関わらず対応できます。

イベントに必要な機能をオールインワン

Eventoryには、イベント運営に必要な機能がオールインワンされています。 「イベントページ作成」「CRM機能」「協賛企業展示ブース」「有料・無料チケット発券」「参加者同士のオンライン商談」といった豊富な機能が搭載されており、全ての機能を追加費用なしで利用することができます。

営業リードが獲得できる

Eventoryは、イベントの開催だけではなく、リードジェネレーション、リードナーチャリングに活用できる機能も搭載しています。 イベント当日の管理はもちろんのこと、イベントに参加してくれた人の行動をデータとして可視化、分析することができるため、その後のアプローチに活用することができます。

チケット管理のメリット

以下ではチケット管理のメリットをまとめています。

作業時間やコストの計算が楽

  • チケットに記載した情報は後から編集可能で、作業にかかった時間や費用を明示することができる。
  • 作業の集計作業が簡単になり、業務効率が向上。

タスクの進捗を詳細に把握できる

  • チケット管理で発行したタスクはステータスをもとに進捗状況を全体で共有可能。
  • 大きなプロジェクトでは、工程を細かく分割して状況を把握できる。

タスクの割り振りがしやすい

  • チケット管理を活用することで、細分化されたタスクごとに割り振りがしやすくなる。
  • 各タスクの進捗を把握しやすくなり、誰が何を担当しているかが明確。

過去の情報をいつでも参照できる

  • チケットはタスクが完了してもデータとして残り、いつでも参照可能。
  • 過去の情報を元に次のプロジェクトの計画が立てやすくなる。

チケット管理のデメリット

以下ではチケット管理のデメリットをまとめています。

入力作業に手間がかかる

  • チケットの発行にはタスク内容や担当者などを入力する必要があり、手間がかかる。
  • しかし、口頭で伝える場合もメモが必要なため、証拠としての残存が容易。

スケジュールの遅れが発生する可能性

  • タスクの細分化により、タスク間の繋がりが見えにくくなり、スケジュールの遅れが発生する可能性がある。
  • 納期と優先順位の設定を徹底することが重要。

プロジェクトの全体像を把握しづらくなる

  • タスクを細分化することで全体像を把握しにくくなる可能性がある。
  • 担当者は目の前のタスクに注力しすぎ、全体像を理解しにくくなるおそれ。

おすすめのチケット管理ツール3選

Asana

  • タスク整理に特化し、外部ツールとの連携が可能。
  • 大規模プロジェクトにおすすめで、GoogleカレンダーやSlackとも連携可能。

Stock

  • チャットでデータを共有し、30日間のデータ保存が可能。
  • 誤ってデータを削除しても安心して利用できる。

Backlog

  • 操作性が優れ、通知機能が充実。
  • 30日間の無料トライアルがあり、導入前に利用を試すことができる。

まとめ

この記事では、チケット管理ツールについての基本的な理解や、メリット・デメリット、おすすめのツールについて紹介しました。チケット管理はプロジェクトをスムーズに進めるための重要な手法であり、適切なツールの選択が成功の鍵となります。自社のニーズに合ったツールを選び、効果的にプロジェクトを進めましょう。