イベント管理システムのおすすめ7選を徹底比較

 
これは イベント・セミナー管理 の製品です!
イベント・セミナー管理の製品資料を一括ダウンロード

今回は企業がイベントを行う際に便利な、イベント管理システムについて解説いたします。

イベントの効率化、煩雑さの解消に最適なおすすめサービスもご紹介いたしますので、ぜひ参考になさってください。

イベント管理システムとは?

イベント管理システムとは、

  • イベントの告知ページ作成
  • 参加者のチェック
  • 参加者の受付業務
  • イベント後のフォロー
  • アンケート機能

など、イベントに関する業務全体の効率化やバリューの向上を目指せるツールです。

イベントを開催する際の情報の一元化、その後のマーケティングなどにも活用でき、多くの企業が導入しています。

いざイベントを開催しようとすると、準備段階からあらゆる課題が発生するはずですが、それらを単純化・効率化することができ、イベントの宣伝広告、イベントへの参加チケットやクーポン管理、参加予定者とのコミュニケーションなどを一つのプラットフォームに集約できるのです。

おすすめの類似イベント・セミナー管理ツール

イベント開催に関する機能がオールインワン: eventos

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ ライブ配信 可能

ウェビナーやオンライン商談・展示会などを簡単に開催することができるイベントプラットフォーム。多くの機能を1ツールで一元管理。自社専用のイベントプラットフォームが持て、カスタマイズも自由にできます。

デザイン性の高いイベントサイトの構築ができる

eventosは、カスタマイズ性の高さで自社の特色を反映したイベントサイトをデザインすることが可能です。 ウェビナーやカンファレンス、アンケートなど、企業のニーズを実現するための機能を自由に選択して公開できるため、ブランディングに強いサービスと言えるでしょう。

簡単な操作性

イベントサイトの構築には、専用の知識が必要で、操作も難しいイメージがあります。 しかし、eventosは使いたい機能をドラッグ&ドロップするだけで、イベントの構築から公開までが可能なため、PCの操作が苦手という方でも無理なく運用することができます。 Google AnalyticsやGoogle Tag Managerのタグを挿入すれば、アクセス分析も可能です。

リード獲得に特化している

eventosでは、BIツールやMAツールと連携することで、イベントへの参加申し込み情報やアンケートの回答内容、ウェビナーの視聴時間までを分析してCSVに出力することが可能です。 1つのツールで複数の機能を一元管理できるため、管理の煩雑化も起きにくく、いつでもリアルタイムなリード分析で、ホットリードの獲得が実現できます。

類似サービス: ネクプロ

(0)

         
利用料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最低導入期間 最短1営業日から

ネクプロとは、株式会社ネクプロが運営しているウェビナー/動画配信ツールです。 ライブ・録画・オンデマンドといった多彩な配信方式でのウェビナー/動画配信の実施が可能で、単に配信を行うだけでなく、顧客管理や集客、アンケート、分析改善といったマーケティング機能も搭載されています。

ウェビナーの再利用で顧客エンゲージメントを最大化

ネクプロでは、全てのコンテンツを全ての顧客に公開するのではなく、顧客ごとにパーソナライズ化されたコンテンツ配信を実施することで、エンゲージメントの最大化を実現しています。 録画したウェビナーを視聴したいという顧客からのニーズは高いため、録画したウェビナー動画を活用することで、集客効果の向上が期待できるでしょう。

視聴ログの分析・レポートが可能

ネクプロでは、視聴ログを把握することができるため、ウェビナー参加履歴に応じたお礼メールの送信や、未参加者への開催情報送信など、効果的な情報発信が可能となります。 また、視聴時間を把握して、興味関心度合いを可視化、必要な顧客に対して営業がフォローする、といったフローの構築も可能です。

疑似ライブ(録画配信)でウェビナーを効率化

ネクプロは、疑似ライブ(録画配信)を活用したウェビナーが可能な点も特徴的です。録画をベースとしている疑似ライブは何度でも再利用できるため、ウェビナーの開催数を増やせる点もメリットです。 また、チャットはリアルタイムに受け付けて、登壇者とは別の担当者が質問に回答することで、スムーズなウェビナー進行が実現できます。

類似サービス: Eventory

(0)

         
利用料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最低導入期間 即日〜

Eventoryとは、株式会社インディヴィジョンが運営しているイベントツールです。 世界750社から導入されている実績があり、オンラインイベントの運営に必要な機能がオールインワンされています。もちろん、オフライン(リアル)イベント、両方を同時に行うハイブリッドイベントにも最適な機能を実装しています。

あらゆるイベントに対応

Eventoryは、BtoB・BtoCどちらのイベントにも対応できるイベントツールです。 また、大規模展示会から少人数のウェビナーまで、イベントの規模に関わらず対応できます。

イベントに必要な機能をオールインワン

Eventoryには、イベント運営に必要な機能がオールインワンされています。 「イベントページ作成」「CRM機能」「協賛企業展示ブース」「有料・無料チケット発券」「参加者同士のオンライン商談」といった豊富な機能が搭載されており、全ての機能を追加費用なしで利用することができます。

営業リードが獲得できる

Eventoryは、イベントの開催だけではなく、リードジェネレーション、リードナーチャリングに活用できる機能も搭載しています。 イベント当日の管理はもちろんのこと、イベントに参加してくれた人の行動をデータとして可視化、分析することができるため、その後のアプローチに活用することができます。

イベント管理システムを利用するメリットは?

イベント管理業務の効率化

アナログな状態でイベントを開催すると、準備・受付の段階から顧客情報の管理が煩雑になりがちです。

イベント管理システムを導入すれば、参加者情報がツール上で一元管理できるようになるため、業務の効率化が実現されます。

また、クラウドサービスの場合、リアルタイムで最新の情報を複数人で共有できます。

集客効果が向上する

イベント管理システムでは、興味を持ちそうなユーザーに対し、イベントの告知を行うことができます。

また、チケットの支払いを前払いに設定できるサービスも少なくなく、集客効果・キャンセル防止にも役立ちます。

イベントの進捗状況を確認できる

利用するシステムによっては、専用のアプリを使ってスマートフォンやタブレットからイベントの進捗状況を確認ができるものがあります。

会場が広い場合でも各所の現状を確認できたり、直接イベント会場にいなくても状況を把握できたりするため、迅速な対応が叶います。

イベント後に顧客へのフォローもできる

イベント管理システムの多くは、イベントで取得した顧客情報へメール配信することが可能です。

したがって、参加のお礼やクーポン情報の配信など、アフターフォローを行うことができます。

イベント管理システムの選定方法は?

導入したい理由・目的を整理する

まず、イベント管理システムを導入したい理由・目的を明確にしておきましょう。

  • イベントサイト制作
  • 宣伝広告
  • 参加者登録フォーム作成
  • イベント最中の業務効率化

など、イベントにまつわる業務のどこを効率化し、水準の高いものにしたいのか、それによって選ぶべき製品が異なります。

準備業務に長けた製品、あらゆる機能がオールインワンで搭載されている製品など、各製品によって強みが異なりますので、しっかりとチェックし、最適なサービスを導入すると良いでしょう。

目的にマッチしない製品を選んでしまった場合、逆に業務が煩雑になってしまうことも考えられるので、要注意です。

イベントの規模を試算して製品を選ぶ

イベントの規模によって、向いている製品は異なります。

大規模イベントにおける業務の効率化に向いているサービスや、オンラインイベントに最適なサービスなど、製品によってそれぞれ異なる特徴を有していますので、こちらもよくチェックして、サービスを導入すると良いでしょう。

おすすめのイベント管理システム7選

eventos

特徴

eventosは、bravesoft株式会社が運営している統合イベントプラットフォームです。

オンライン・オフライン関わらず、両者を組み合わせたイベントも開催でき、チケット管理・ライブ配信・オンライン商談などあらゆる業務を効率化できます。

決済手数料の安さや、確かな導入効果により、高い人気を博しています。

料金

要問い合わせ

※2023年10月現在/詳細は公式サイトを確認

ネクプロ

特徴

ネクプロとは、株式会社ネクプロが運営しているウェビナー・動画配信ツールです。

ライブ・録画・オンデマンドといった多彩な配信方式を実現でき、配信のみならず、顧客管理・集客・アンケート・分析など、マーケティングをしっかりと行いたい際にも最適です。

ウェビナーや、オウンドメディア、社員向けの研修ツールなど、幅広く利用されています。

料金

要問い合わせ

※2023年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Eventory

特徴

Eventoryとは、株式会社インディヴィジョンが運営しているイベントツールです。

世界中で導入されており、オンラインイベント・オフラインイベント・ハイブリッドイベント、一通り対応できる機能性が持ち味です。

リード獲得に有効利用でき、BtoB、BtoC、ウェビナーなどの開催に最適なサービスと言えます。

料金

要問い合わせ

※2023年10月現在/詳細は公式サイトを確認

SHANON MARKETING PLATFORM(イベントマーケティングシステム)

特徴

SHANON MARKETING PLATFORMは、株式会社シャノンが運営しているイベントマーケティングシステムです。

オンライン・オフラインのイベント・セミナー管理・ウェビナー・など、あらゆるイベントに対応できるサービスとして人気を博しています。

アフターフォローの効率化も得意としており、イベント情報を一元管理できます。

料金

要問い合わせ

※2023年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Cvent

特徴

Cventは、23,000社以上の導入実績をもつ、イベント管理システムです。

20万人以上のユーザー数を誇り、100か国以上で利用されています。

データ分析に強みを発揮し、顧客満足度の向上を狙いたい際にも最適なサービスです。

料金

要問い合わせ

※2023年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Bizibl(ビジブル)

特徴

Biziblは、株式会社Bizibl Technologiesが運営しているウェビナーツールです。

少人数・定期開催のウェビナーツールに最適で、集客・参加者への連絡・商談・効果測定などに課題をもつ企業の強い味方になってくれます。

料金

要問い合わせ

※2023年10月現在/詳細は公式サイトを確認

E-VE!(イーベ!)

特徴

イーベ!は、株式会社フラッグシステムが運営しているイベント管理システムです。

オンライン・オフラインを問わず、準備からアフターフォロー、分析まで一元的に行えます。

申込フォームの作成や、クレジットカード決済・コンビニ決済などの設定も簡単で、SMS・LINEなどと連携させて便利に利用できます。

料金

要問い合わせ

※2023年10月現在/詳細は公式サイトを確認

まとめ

以上、イベント管理ツールについて、解説いたしました。

企業がイベントを打つ際は、規模の大小に関わらず、準備段階からあらゆる課題が発生する恐れがあります。

特にアナログで管理する際はなおさらでしょう。

イベント管理システムを導入することで、準備や開催時の効率化はもちろん、参加者へのアフターフォローに関してもカバーしてくれるため、課題や煩雑さの解消に大きく寄与してくれるはずです。

近年では、オンラインによるイベントを開催する企業も増加していますが、そのようなケースに焦点を絞ったサービスも少なくありません。

ぜひ、自社が開催するイベントにマッチする強みをもった、イベント管理ツールを選定してください

 

その他の関連する記事

qeee枠【イベント・セミナー管理】

イベント開催に関する機能がオールインワン: eventos

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ ライブ配信 可能

ウェビナーやオンライン商談・展示会などを簡単に開催することができるイベントプラットフォーム。多くの機能を1ツールで一元管理。自社専用のイベントプラットフォームが持て、カスタマイズも自由にできます。

デザイン性の高いイベントサイトの構築ができる

eventosは、カスタマイズ性の高さで自社の特色を反映したイベントサイトをデザインすることが可能です。 ウェビナーやカンファレンス、アンケートなど、企業のニーズを実現するための機能を自由に選択して公開できるため、ブランディングに強いサービスと言えるでしょう。

簡単な操作性

イベントサイトの構築には、専用の知識が必要で、操作も難しいイメージがあります。 しかし、eventosは使いたい機能をドラッグ&ドロップするだけで、イベントの構築から公開までが可能なため、PCの操作が苦手という方でも無理なく運用することができます。 Google AnalyticsやGoogle Tag Managerのタグを挿入すれば、アクセス分析も可能です。

リード獲得に特化している

eventosでは、BIツールやMAツールと連携することで、イベントへの参加申し込み情報やアンケートの回答内容、ウェビナーの視聴時間までを分析してCSVに出力することが可能です。 1つのツールで複数の機能を一元管理できるため、管理の煩雑化も起きにくく、いつでもリアルタイムなリード分析で、ホットリードの獲得が実現できます。

類似サービス: ネクプロ

(0)

         
利用料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最低導入期間 最短1営業日から

ネクプロとは、株式会社ネクプロが運営しているウェビナー/動画配信ツールです。 ライブ・録画・オンデマンドといった多彩な配信方式でのウェビナー/動画配信の実施が可能で、単に配信を行うだけでなく、顧客管理や集客、アンケート、分析改善といったマーケティング機能も搭載されています。

ウェビナーの再利用で顧客エンゲージメントを最大化

ネクプロでは、全てのコンテンツを全ての顧客に公開するのではなく、顧客ごとにパーソナライズ化されたコンテンツ配信を実施することで、エンゲージメントの最大化を実現しています。 録画したウェビナーを視聴したいという顧客からのニーズは高いため、録画したウェビナー動画を活用することで、集客効果の向上が期待できるでしょう。

視聴ログの分析・レポートが可能

ネクプロでは、視聴ログを把握することができるため、ウェビナー参加履歴に応じたお礼メールの送信や、未参加者への開催情報送信など、効果的な情報発信が可能となります。 また、視聴時間を把握して、興味関心度合いを可視化、必要な顧客に対して営業がフォローする、といったフローの構築も可能です。

疑似ライブ(録画配信)でウェビナーを効率化

ネクプロは、疑似ライブ(録画配信)を活用したウェビナーが可能な点も特徴的です。録画をベースとしている疑似ライブは何度でも再利用できるため、ウェビナーの開催数を増やせる点もメリットです。 また、チャットはリアルタイムに受け付けて、登壇者とは別の担当者が質問に回答することで、スムーズなウェビナー進行が実現できます。

類似サービス: Eventory

(0)

         
利用料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最低導入期間 即日〜

Eventoryとは、株式会社インディヴィジョンが運営しているイベントツールです。 世界750社から導入されている実績があり、オンラインイベントの運営に必要な機能がオールインワンされています。もちろん、オフライン(リアル)イベント、両方を同時に行うハイブリッドイベントにも最適な機能を実装しています。

あらゆるイベントに対応

Eventoryは、BtoB・BtoCどちらのイベントにも対応できるイベントツールです。 また、大規模展示会から少人数のウェビナーまで、イベントの規模に関わらず対応できます。

イベントに必要な機能をオールインワン

Eventoryには、イベント運営に必要な機能がオールインワンされています。 「イベントページ作成」「CRM機能」「協賛企業展示ブース」「有料・無料チケット発券」「参加者同士のオンライン商談」といった豊富な機能が搭載されており、全ての機能を追加費用なしで利用することができます。

営業リードが獲得できる

Eventoryは、イベントの開催だけではなく、リードジェネレーション、リードナーチャリングに活用できる機能も搭載しています。 イベント当日の管理はもちろんのこと、イベントに参加してくれた人の行動をデータとして可視化、分析することができるため、その後のアプローチに活用することができます。

類似サービス: Cvent

(0)

         
利用料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最低導入期間 要問い合わせ

Cventとは、全てのイベントを1つのプラットフォームで管理することができるサービスです。 アメリカにあるCvent社が運営しており、日本では国内総販売代理店であるSaaSpresto株式会社がライセンス販売および製品サポートを担当しています。

       

イベントサイトを簡単操作で構築

Cventには、イベントサイトの制作機能が搭載されており、イベント告知用、申込サイト・イベント開催サイトを簡単に制作することができます。 サイト制作には、HTMLやCSSといった専門的な知識は不要で、ウィジットが豊富なため、直感的に操作することが可能です。

メール配信機能でイベント運営の手間を効率化

Eイベントの案内や、リマインド、開催後のお礼など、イベント運営においてメールを活用する機会は意外と多いものです。 Cventは、メール開封の有無やクリック率の確認など、メール配信システムとして求められる機能は網羅しており、新規でメール配信システムを導入する必要がありません。

レポーティング機能で効果測定も可能

Cventには、レポーティング機能が搭載されており、カスタマイズが可能な100種類以上の標準テンプレートが用意されています。 スコアリング機能を活用することで、イベントの成果を可視化することができ、マーケティングやセールス活動の効率化につながります。

類似サービス: SHANON MARKETING PLATFORM

(4.5)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

SHANON MARKETING PLATFORMとは、株式会社シャノンが運営しているイベントマーケティングシステムです。 リアルイベントはもちろん、オンラインセミナー、大型展示会など、様々なイベントに対応したプラットフォームを提供しています。

イベントを一元管理

SHANON MARKETING PLATFORMでは、イベントの開催前から開催後のフォローまで、一元管理ができる機能が搭載されています。 また、イベントの出展者の提出情報や来場者情報などもクラウド上で一元管理することが可能です。

充実のサポート体制

SHANON MARKETING PLATFORMは、その手厚いサポート体制がユーザーから高評価されています。 導入担当による懇切丁寧なサポートで、導入から運用までをサポート、最適なシステムの提案や、イベントでの会場の設営と撤去だけでなく、システム障害にも対応可能です。

自由度の高いデザイン

SHANON MARKETING PLATFORMは、導入企業のニーズに合わせて柔軟にカスタマイズすることができます。 イベントに関連した全てのページを導入企業独自のオリジナルデザインにすることが可能です。