これは 安否確認システム の製品です。
安否確認システムの資料をダウンロード

セコム安否確認サービスとは?

セコム安否確認サービスとは、セコム株式会社が提供する安否確認サービスです。地震や台風、水害などの災害が発生した際、従業員の安否を迅速に確認できます。被災状況や出社予定など情報を収集したうえで、適切な行動を指示できるのが特徴です。収集した情報は専用Webサイトで閲覧できます。安否や応答率を一覧でチェックでき、個別の追加指示や全体へのメッセージなど、次のアクションをスムーズにとれるでしょう。なお、通常のプランの他に、より手軽に使用できる「セコム安否確認サービススマート」というプランも用意されています。

おすすめの類似安否確認システム

災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

(4.5)

月額料金 1,250円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最低利用人数 1人〜

実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

低価格から導入できる

バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

普段から連絡網として活用できる

災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

ホワイトボードで情報共有を効率化

バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

これは安否確認システムの製品です。

安否確認システムの製品をまとめて資料請求

セコム安否確認サービスの特徴

特徴①災害発生時に電子メールを一斉送信

セコム安否確認サービスでは、災害発生の際に電子メールで管理者に通知します。応答があるまで繰り返し通知をおこなうため、見逃す心配がないでしょう。その後は安否確認を一斉送信することで、従業員の安否確認を迅速におこなえます。電子メールやスマホアプリのプッシュ通知、LINE連携など複数の通知手段を用意。安否報告がない従業員に対して繰り返し通知ができ、再送信の回数・間隔は自由に設定できます。

特徴②迅速で簡単な安否報告

セコム安否確認サービスでは、電子メールや専用Webサイト、スマホアプリ、電話、LINE連携から安否を報告できます。自分の状況に適した方法を選択できるのが魅力です。簡単な選択肢を選ぶだけで報告できるため、時間がかかりません。自分で報告するのが難しい状況では、代わりに他の社員が報告することができます。一斉送信が届かない場合に自主的に安否報告ができる自主報告機能もあり、より確実に状況を伝えられるでしょう。安否・現地状況は集計され、管理者はリアルタイムで確認できます。

特徴③24時間365日体制のオペレーションとサポート

セコム安否確認サービスでは、24時間365日体制で日本国内の災害情報をチェックしています。地震や災害、インフラ障害をより正確に把握。専門スタッフによって情報の真偽や詳細を確認したうえで、通知をおこないます。誤報の心配がなく、災害の確実性が高い通知を受け取れるでしょう。相談口やテスト送信、複数拠点でのバックアップなどサポートも充実しているため、安心して利用できます。

セコム安否確認サービスの主な機能

セコム安否確認サービスに搭載されている主な機能を紹介します。

トラストオペレーションセンター

セコム安否確認サービスでは、「トラストオペレーションセンター」の専門スタッフが国内災害情報を入手し、誤報チェックを実施しています。

夜間や休日であっても正確な情報を管理担当者と従業員に対して一斉送信しているため、誤報のリスクを軽減し、正確な情報を把握することができます。

自主報告

万が一安否確認通知が届かない場合であっても、従業員側から自主報告をすることが可能です。

選択式の報告方法となっているため、緊急性がある状況であっても、素早く正確に情報を伝えることができます。

管理者向け機能

管理者向けの機能としては、マルチデバイスに対応している点が挙げられます。

スマートフォンかPCから手軽に安否の集計結果を確認することができます。

また、安否情報だけでなく事業所や建物、インフラの被災状況も確認可能です。

セコム安否確認サービスのサポート体制について

セコム安否確認サービスは、これまでに8,900社以上の導入実績があり、そのサポート体制もユーザーから評価されています。

企業のBCPをサポートするため、相談窓口を設置し、運用方法などを気軽に相談することが可能です。

また、テスト送信機能があるため、災害訓練を実施することができます。

複数拠点でデータを管理しているため、バックアップ作業も容易です。

[table “safety_confirmation” not found /]

 
これは 安否確認システムの製品です。
安否確認システムの資料をダウンロード

セコム安否確認サービスの料金・価格

初期費用

要お問合わせ

月額費用

要お問合わせ

セコム安否確認サービスの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

セコム安否確認サービスの良い評判・口コミ

・LINE連携で安否確認の通知や、報告ページヘの移動ができるのが便利です。
・安否確認が選択形式でできるため、簡単に必要な情報を伝達できます。
・震度5以上で安否確認メールが自動で送信されるので便利です。

セコム安否確認サービスのその他の評判・口コミ

・ネット環境が必要なので、大規模な災害が発生したとき本当に機能するか心配です。
・安否の報告を忘れると繰り返し連絡がくるのが、少し面倒に感じます。
・大きな地震が発生していない地点でも、安否確認メールが届くことがあります。

セコム安否確認サービスを導入した結果に関する評判・口コミ

・いざというとき従業員やその家族の安否確認ができるため、安心感がアップしました。
・災害対策について考えるキッカケになり、防犯意識が高まりました。
・安否確認が一斉に送信されるため、一人ひとりに連絡する必要がなくなりました。

 
これは 安否確認システムの製品です。
安否確認システムの資料をダウンロード

その他の関連する記事

qeee枠【安否確認サービス】

災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

(4.5)

月額料金 1,250円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最低利用人数 1人〜

実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

低価格から導入できる

バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

普段から連絡網として活用できる

災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

ホワイトボードで情報共有を効率化

バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。