https://sheepdog.co.jp/wp-content/uploads/2023/12/2023_09_27_11_09_anpi_prime.png
これは 安否確認システム の製品です。
安否確認プライムの資料をダウンロード

安否確認プライムとは?

安否確認プライムは、株式会社エクスリンクが提供する安否確認サービスです。

安否確認プライムでは、安否確認、回答結果確認、復旧対策指示を行えるサービスであり、災害発生後に行うべき内容がまとまった安否確認サービスです。地震・津波の規模やエリアによって自動送信を行うこともでき、安否確認の回答結果を事業所や組織単位で確認が可能です。安否確認は、メールやSMS、LINEなど複数の方法で送ることができ、安否確認未回答者に対して再送信を行うことも可能です。

安否確認プライムの特徴

安否確認プライムの特徴について下記3点紹介します。

特徴① SMSで安否確認を送れる

安否確認プライムは、SMSを通じて安否確認を行えるサービスです。

SMSでは、メールアドレスの管理が不要で、ドメイン拒否やメールアドレス変更によりメールが届かない問題も回避できます。また、SMSは送達率や開封率が高く、災害時でも信頼性の高い通信手段として機能します。従業員はSMS本文内リンクよりアクセスすれば安否確認の回答が可能です。

特徴② 管理が簡単

安否確認プライムは、管理者が手間をかけることもなく従業員の管理を行えます。

管理者は、氏名やID、組織、電話番号などの情報をエクセルまたはCSVで作成し、アップロードすればリストの構築が可能です。管理画面はパソコンのほかにスマートフォンやタブレット端末からも確認ができるため、災害時にも手元の端末から安否確認の状況確認が可能です。

特徴③ 復旧対策指示を行える

安否確認プライムは、災害発生後の初動対応のために、災害対策本部メンバー限定の掲示板や個別・一括でのメッセージ送信機能、各種設問の回答受付機能を活用できます。

災害時には、迅速な情報共有と適切な復旧対策指示が必要であり、情報を迅速に収集することで正確な指示を出すことができます。

安否確認システムのおすすめ製品

バーズ安否確認+

(4.5)

月額料金1,250円〜初期費用0円
無料お試し要問い合わせ最低利用人数1人〜

バーズ安否確認システムとは、株式会社バーズ情報科学研究所が運営しているサービスです 緊急時に素早く簡単に従業員の安否確認ができ、BCP(事業継続計画)の観点からも高く評価をされています。 実際に導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」などといった声が報告されており、導入のしやすさも好評です。

低価格から導入できる

バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

普段から連絡網として活用できる

災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

ホワイトボードで情報共有を効率化

バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

安否確認プライム

(4.5)

月額費用13,500円無料お試し要問い合わせ
初期費用60,000円〜導入社数要問い合わせ

安否確認プライムは、株式会社エクスリンクが運営している安否確認システムです。迅速な安否確認を実現する利便性の高い機能が搭載されていながらも、低価格から利用することができます。

アプリのインストール不要

安否確認プライムはWebブラウザーやインターネット接続環境があればご利用いただけるクラウドサービスです。専用アプリをインストールする必要がないため、ガラケーや自分の端末にアプリを入れたくないという従業員の方がいても安心です。

SMSで高い到達率・開封率を実現

安否確認プライムは、携帯電話番号を活用したSMS(ショート・メッセージ・サービス)により、高い到達率・開封率で安否確認をすることができます。メールの場合は、迷惑メールに判定されてしまったり、メールアドレスが変更されていたりと、不達になる要因がいくつかあります。

SMSが届いたかを確認できる

SMSの送信後、従業員の端末まで届いたのか、届いていない場合は圏外や電源切れなどのエラー理由まで把握することが可能です。圏外・電源切れ・端末エラーであったかなどの理由がわかることで、再送するタイミングも計りやすくなります。

安否LifeMail

(5)

月額費用80円〜/1人無料お試し30日間
初期費用150,000円最低契約期間なし

安否LifeMailとは、株式会社コム・アンド・コムが運営している安否確認システムです。 日本で最初に開発された安否確認システムとして、確かな実績があり、社会状況の変化やユーザーからのニーズに応じた度重なる改良で、使いやすく機能性にも優れたシステムとなっています。

低価格から導入できる

バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

普段から連絡網として活用できる

災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

ホワイトボードで情報共有を効率化

バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

安否確認システムの製品をまとめて資料請求

安否確認プライムの主な機能

安否確認プライムに搭載されている主な機能を紹介します。

従業員連絡先登録

従業員の連絡先を管理者が一括して登録することができます。

従業員ID、氏名、事業場・組織、電話番号、メールアドレス、住所といった基本情報をCSVやExcel形式でリストとして作成し、安否確認プライムにアップロードするだけとなっているため、PC操作が苦手な方でも連絡先の登録が可能です。

もちろん、個別に登録していくこともできます。

項目のカスタム

雇用形態や通勤手段、緊急連絡先、役職、入社年度といった従業員の付加情報を企業の運用に合わせて柔軟に作成することができます。

カスタムした項目は、従業員情報の検索時に使用することが可能です。

個人情報のマスキング

権限管理機能として、個人情報のマスキングを行うことができます。

例えば、電話番号や位置情報などの個人情報を指定することで、権限が与えられていないユーザーから指定された項目を閲覧できないようにすることが可能です。

安否確認プライムの使い方

安否確認プライムの使い方は、以下の通りです。

  1. 管理画面で従業員情報を登録:管理者が組織や事業所の従業員のSMS送信先を登録
  2. SMSを一斉送信:災害発生時にSMSを一括送信
  3. WEBサイトで状態を回答:従業員は受信したメッセージに記載されたURLから状態を報告
  4. 従業員の安否状態を管理画面で把握:管理画面から事業所や部署ごとの従業員の安否状況を確認

SMSは送信側に費用が発生するため、メッセージを受け取った従業員には費用が発生しません。

[table “safety_confirmation” not found /]
安否確認プライムの資料をダウンロード

安否確認プライムの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

無料トライアルあり

安否確認プライムの評判・口コミ

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

以下のような口コミがありました。

安否確認プライムの良い評判・口コミ

・SMSで緊急時の安否確認ができる。

安否確認プライムのその他の評判・口コミ

・マニュアルがわかりづらい。

安否確認プライムを導入した結果に関する評判・口コミ

・安否確認プライム上で安否確認ができるため、管理者が電話連絡を行う必要がなくなった。

安否確認プライムの資料をダウンロード

安否確認システムの製品比較

安否LifeMail

安否LifeMail

月額費用80円〜/1人

安否LifeMailとは、株式会社コム・アンド・コムが運営している安否確認システムです。 日本で最初に開発された安否確認システムとして、確かな実績があり、社会状況の変化やユーザーからのニーズに応じた度重なる改良で、使いやすく機能性にも優れたシステムとなっています。

無料お試し30日間

安否確認プライム

安否確認プライム

月額費用13,500円

安否確認プライムは、株式会社エクスリンクが運営している安否確認システムです。迅速な安否確認を実現する利便性の高い機能が搭載されていながらも、低価格から利用することができます。

無料お試し要問い合わせ

バーズ安否確認+

バーズ安否確認+

月額料金1,250円〜

バーズ安否確認システムとは、株式会社バーズ情報科学研究所が運営しているサービスです 緊急時に素早く簡単に従業員の安否確認ができ、BCP(事業継続計画)の観点からも高く評価をされています。 実際に導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」などといった声が報告されており、導入のしやすさも好評です。

詳細記事はこちら

初期費用0円

安否確認システムの製品比較

安否LifeMail

安否LifeMail

月額費用80円〜/1人

無料お試し30日間

安否LifeMailとは、株式会社コム・アンド・コムが運営している安否確認システムです。 日本で最初に開発された安否確認システムとして、確かな実績があり、社会状況の変化やユーザーからのニーズに応じた度重なる改良で、使いやすく機能性にも優れたシステムとなっています。

安否確認プライム

安否確認プライム

月額費用13,500円

無料お試し要問い合わせ

安否確認プライムは、株式会社エクスリンクが運営している安否確認システムです。迅速な安否確認を実現する利便性の高い機能が搭載されていながらも、低価格から利用することができます。

バーズ安否確認+

バーズ安否確認+

月額料金1,250円〜

初期費用0円

バーズ安否確認システムとは、株式会社バーズ情報科学研究所が運営しているサービスです 緊急時に素早く簡単に従業員の安否確認ができ、BCP(事業継続計画)の観点からも高く評価をされています。 実際に導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」などといった声が報告されており、導入のしやすさも好評です。

詳細記事はこちら

その他の関連する記事

qeee枠【安否確認サービス】

災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

(4.5)

月額料金 1,250円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最低利用人数 1人〜

実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

低価格から導入できる

バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

普段から連絡網として活用できる

災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

ホワイトボードで情報共有を効率化

バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。