これは 安否確認システム の製品です。
安否確認システムの資料をダウンロード

安否確認サービス2とは?

トヨクモの安否確認サービス2は、誰でも簡単に使える直感的なユーザーインターフェースで、「現状を報告させること」「報告状況を集計すること」に加え「対策を議論し、指示すること」の3つの目的で使える次世代型の安否確認システムです。
安否確認サービス2は、緊急時に安心してご利用いただけるための機能を多数実装しています。

例えば、地震や津波、特別警報などの災害に連動する自動一斉送信機能や、携帯電話やスマートフォン等、端末を限定しないマルチデバイスへの対応、被災状況を写真で伝えられるファイルの添付機能、家族の安否確認機能やプライベート情報の管理等、管理者も利用者も安心してご利用いただけます。
また、グループ会社とも一緒に運用できる「分散管理」機能も実装。子会社含めた安否確認なども可能になりました。
加えて、社内人事システムと連携するためのAPIも提供しております。現在、規模の大小を問わず、様々な企業で利用されています。

おすすめの類似安否確認システム

災害時に素早く安否確認が可能: バーズ安否確認+

(4.5)

月額料金 1,250円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最低利用人数 1人〜

実際にバーズ安否確認+を導入した企業からは、「短時間で90%以上の回答率が達成できた」、「携帯からも利用できるので、従業員からの不満も解消された」、「手軽に導入できた」といった声が挙げられており、価格だけでなく、導入のしやすさや利便性にも優れていることがわかります。

低価格から導入できる

バーズ安否確認+は、月額1,250円から利用でき、安否確認サービスの中でも低価格から導入することが可能です。 1名から導入でき、1,250円で50名まで利用できるため、スタートアップ段階の企業でも導入することができます。 初期費用は不要なため、コストを抑えて安否確認システムを導入したいという方には、特におすすめのサービスとなっています。 1,000名以上での利用も可能なため、大企業で利用することも可能です。

普段から連絡網として活用できる

災害時のみならず、バーズ安否確認+は、普段から一般のメールと同様に連絡手段として活用することができます。 テンプレート機能やアンケート機能があるため、会議の出欠確認や社内イベントへの参加確認など、幅広く利用することが可能です。 また、Webメールとしてだけでなく、ショートメールの送信も可能なため、確実な連絡が可能となっています。

ホワイトボードで情報共有を効率化

バーズ安否確認+には、ホワイトボード機能が標準で搭載されています。 緊急時はもちろん、平常時からメッセージを書き込んで情報共有を行うことが可能となります。 書き込みは、タイムラインとして履歴で表示することもでき、タイトルをつけて複数のページを登録することが可能です。 実際のホワイトボードのように自由に書き込みをすることができるため、会議の際に利用したり、掲示板として活用することもできます。

これは安否確認システムの製品です。

安否確認システムの製品をまとめて資料請求

安否確認サービス2の特徴

特徴①厳選した安否情報の確認手段

トヨクモ 安否確認サービス2では、災害時になかなか繋がらない電話での確認は実装しておらず、災害時に強いと言われているスマホアプリや、SNS(Twitter)での確認手段を搭載されています。
個人の緊急連絡先として、メールアドレスが3つあるだけでなく、Twitterやスマホ専用アプリが登録できるようになっています。

また、利用しているクラウドサーバーに関しては、平常時では最小限な運用ですが、災害が発生しアクセスが増加するような場合では、自動で拡張しストレスなく利用できる仕組みになっています。
しかし、繋がりにくい場合でも、確認手段が多い方が良いというような企業の場合は、電話確認ができないことを社内で事前に検討する必要があります。

特徴②ループ会社・サプライヤー企業も利用できる

トヨクモ安否確認サービス2は、管理者権限が豊富にあるため、グループ会社やサプライヤー企業でも利用可能です。
部署や階層の設定数に上限が存在せず、その中で部署別で送信や集計ができるという機能を活用して、グループ会社やサプライヤー企業全体で利用ができます。

全体の状況を把握できることで、早期に事業復旧の見通しが立てられ、まさにBCP対策としての役割を果たしてくれます。

特徴③任意に選んだ複数人とコミュニケーションができる

トヨクモ 安否確認サービス2には、プライベート情報を教え合う必要がなく、任意で選択したメンバーのみで議論できるメッセージ機能が存在します。
メッセージ機能を利用することで、災害が発生した後の対応について指針を決めるために、主要メンバーだけでグループを作成し、議論することも可能です。

自宅待機の指示や、復旧作業の優先順位といった企業のBCP対策システムとしても活用できるため、決定事項を掲示板やメールで配信し、全社に周知することができます。
[table “safety_confirmation” not found /]

 
これは 安否確認システムの製品です。
安否確認システムの資料をダウンロード

安否確認サービス2の料金・価格

初期費用

0円

月額費用

・ライト:6,800円〜
・プレミア:8,800円〜
・ファミリー:10,800円〜
・エンタープライズ:14,800円〜

※ユーザー数に応じて金額変動
※年払いの場合は上記から5%オフ

安否確認サービス2の評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

安否確認サービス2の良い評判・口コミ

・登録してあるメールアドレスの有効確認が自動で入るなど、管理に手間がかからない。
・トライアル期間が十分に設けられ、じっくりと評価できる。
・社員の安否確認だけでなく、何かあった際の連絡事項のやり取りにも活用できる。

安否確認サービス2のその他の評判・口コミ

・警報が出る毎に回答する必要がある。
・細かな部分ですが、配信メールテンプレートのフォルダ分けができない。
・たいした規模でもない地震でもメールがあり、それを気が付かずに過ごしてしまうことがある。

安否確認サービス2を導入した結果に関する評判・口コミ

・安否確認専用のサービスを導入することで、きちんとした災害発生時のフローを確立することができました。
・毎年行っている緊急時の連絡対応・安否確認テストの設定・確認・管理の工数がかなり削減されました。
・地震などが起きた際に自分が出勤できる状態かメールからすぐに報告できるようになりました。

  • 満足度

    UIもシンプルでわかりやすいです

    良い点

    LINEや専用アプリがあるので、いつ起こるかわからない自然災害時に個人のスマホを利用して安否確認ができるところが良いと思います。UIもとてもシンプルです。

    改善点

    LINEのみで回答が完結できるようになると良いです。

    導入して改善できた課題や効果

    安否確認専用のサービスを導入することで、きちんとした災害発生時のフローを確立することができました。

  • 満足度

    良い点

    登録してあるメールアドレスの有効確認が自動で入るなど、管理に手間がかからない仕組み。

    改善点

    細かな部分ですが、配信メールテンプレートのフォルダ分けができると嬉しい。

    導入して改善できた課題や効果

    このサービスに従業員一人ひとりが情報を登録しておけば、会社で個人用の連絡先などをヒアリングしてどこかで管理する必要がないため、個人情報保護の観点と災害時の対策の観点双方で安心感がある。

 
これは 安否確認システムの製品です。
安否確認システムの資料をダウンロード

その他の関連する記事