これは 経費精算 の製品です。
経費精算の資料をダウンロード

Concur Expenseとは?

経費精算業務がツールにより一元管理できるようになるツールがConcur Expenseです。紙やExcelで処理していたものをクラウドで行うようにすることで、経理の部署の業務負荷を軽くし、コスト削減ができるようになります。不正経費支出の防止機能により、不正も見逃しません。

スマホにも対応しており、従業員が移動中などのちょっとした時間を利用して経費精算ができるようになるため、経理部署の従業員以外にも大きなメリットがあります。

おすすめの類似経費精算ツール

経理担当者·申請者の負担を大幅に軽減: TOKIUM経費精算

(4.5)

月額費用 10,000円〜 無料お試し あり
初期費用 要問い合わせ 導入実績 1,000社以上

「レシートをスマホで撮ってポストに投函する」2ステップで完了するペーパーレス経費精算サービス。保管・一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるので、電帳法対応とペーパーレス化・リモートワーク化を実現できます。

経費申請·精算が劇的に効率化

TOKIUM経費精算はスマホでレシートを撮影して、撮影済のレシート·領収書をTOKIUM経費精算へ捨てるだけで経費申請が完了する手軽さのため、申請者の負担を大きく効率化します。 また、データベースと約2,000人のオペレーターによる目視のチェックでAIを凌駕する自動入力精度を実現するため、経理担当者がいちいちレシートを書類に貼り付けたり書類に手書き、PCで入力する手間も省略されます。

ペーパーレス化を実現

提出された領収書をファイリングして保管しておくスペースがなかなか確保できない、だんだんと増えてくる書類にオフィスのスペースが圧迫されているという悩みもTOKIUM経費精算が解決してくれます。 スマホで撮影したレシートをTOKIUM経費精算へ投函することで、回収され、経費申請データと領収書原本の突合点検を行なってくれるだけでなく、保管した上で一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるため、オフィスに領収書が貯まることがありません。

クレジットカード明細も交通費も簡単に申請できる

TOKIUM経費精算と法人クレジットカード·個人クレジットカードを連携させることで、利用履歴から直接経費の申請ができるようになります。 手入力をする必要がなくなるため、効率化だけでなく、申請ミスや不正な入力の防止にもつながります。 また、モバイルSuicaやモバイルPASMOと連携させれば、乗車履歴から簡単に経費の申請、精算ができるようになり、面倒だった交通費精算にかける時間が大きく短縮されます。

経費の申請から支払いを一元管理: MAJOR FLOW Z CLOUD

(4.5)

月額費用 30,000円(50ユーザーまで) 無料お試し デモサイトあり
初期費用 50,000円 ユーザー追加料金 10,000円(50ユーザー)

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は経費精算業務の効率化を実現し、経費担当者の負担を大きく軽減してくれる経費精算システムです。 また、エクセルや紙での経費管理がシステムによって効率化されることで、ペーパーレス化や入力ミスなどのヒューマンエラーの防止にもつながります。

乗換案内と連携できる

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、ジョルダン社が提供している「乗換案内」と連携可能です。 連携させることで、乗換案内で使用した経路や運賃などの情報をMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に自動的に反映させることができるようになるため、申請書をわざわざ手入力する手間から解放されます。

交通系ICカードと連携可能

電車などの交通機関を使用する際には、ほとんどの人がSuicaなどの交通系ICカードを利用しますが、MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に対応したカードリーダーを導入すれば、交通系ICカードの情報を手間なくシステムに取り込むことができます。

海外出張にも対応

MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、海外出張時に使用した外貨の精算も可能です。 円貨と外貨どちらを使用している場合にも対応しており、複数の申請書を作成する手間はかかりません。為替レートは、経費発生時にあわせて自動で計算できる利便性の高さです。

類似サービス: バクラク経費精算

(4.5)

月額費用 20,000円〜 無料お試し あり
初期費用 0円 ユーザー追加料金 要問い合わせ

バクラク経費精算とは、株式会社LayerXが運営している経費精算システムです。 領収書が大量にあるという場合でも、一括アップロードができ、AIが自動でデータ化してくれるため、業務効率化が可能となります。実際にバクラク経費精算を利用した企業からは、「利用しやすく申請の誤りがなくなった」、「電子帳簿保存法に対応している点が魅力的」といった声が挙げられており、確かな導入効果が期待できるサービスです。

   

業務効率化が可能

バクラク経費精算は、複数の領収書を一括でアップロードすることができ、AI-OCRによって自動データ化することができるため、業務効率化を可能とします。 面倒であった交通経路の検索も、過去の履歴を利用できるため、手入力が発生せず、クリックだけで完結することができます。

承認者の抜け漏れを防止

バクラク経費精算は、ビジネスチャットツールのSlackとの連携が可能で、承認が必要な場合は通知が飛ぶため、確認漏れがなくなります。 また、オールインワンの稟議ツールのため、以前の稟議情報も簡単に遡ることができ、テレワーク中でも簡単にデータの確認が可能です

経理部門の負担を軽減

これまでは経理部門と申請者・承認者側に業務理解度の差があったため、経理処理を行う上で何度も確認作業が発生する場面もありました。 バクラク経費精算は、勘定科目と税区分に紐づく内訳に対して、必要項目設定やアラート設定ができるため、手作業の確認をなくすことができます。

この製品は経費精算の製品です。

経費精算の製品をまとめて資料請求

Concur Expenseの特徴

経費清算の自動化により、業務効率アップ

Concur Expenseを利用することにより、経費精算を自動化できるようになります。紙の領収書の取り扱いではなく、法人カードやアプリ連携を活用して経費精算の自動化ができるため、間違いのないチェックはもちろん、不正防止にも役立ちます。また、交通系ICカードと連携することで、利用区間・運賃・日付情報を自動で取り込むことも可能です。入力する項目が多くなりがちな交通費精算業務が大幅に効率化されます。

システムの利用で叶う5つのレス

Concur Expenseでは、紙の領収書などを利用しないペーパーレス、法人カードやバーコード決済を活用したキャッシュレス、デジタル上での申請やチェックによる承認レス、利用明細自動取り込みによる入力レス、BPOで対応する運用レスの5つのレスを実現します。全てを利用するのは難しいですが、どれも使うと便利な機能ばかりです。自社の課題となっている部分から徐々に導入していくのがおすすめです。

多くの賞を受賞!

Concur Expenseは、様々な方面から高い評価を受けており、幾つもの賞を受賞しています。例えば、IT Reviewの経費精算部門 2022年冬 Leader 受賞、働きがいのある会社中規模部門で6年連続1位、グッドデザイン賞など、多くの人々に知られている賞も受賞しています。経費精算業務においてはどの企業も効率化したい分野です。それを叶える機能を多く備えているため、様々な業種の企業から評価されています。
[table “keihiseisan” not found /]

 
これは 経費精算の製品です。
経費精算の資料をダウンロード

Concur Expenseの料金・価格

初期費用

無料

月額費用

Concur Expense Standard
・オンリー:3万円台/ユーザー/月〜
・エントリー:要問い合わせ
・ベーシック:要問い合わせ
・ベーシック+:要問い合わせ

デモあり

Concur Expenseの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Concur Expenseの良い評判・口コミ

・経費申請のために行うレシートのアップロードや支払い情報を入力するのが簡単なので、どの世代でも使いやすい。
・利用する企業の担当者が自分でメンテナンスできるように工夫されており、サポートコンテンツがしっかりしている。
・交通系ICカード連携で面倒な申請作業が一気に効率化され、経費精算が手間では無くなった。

Concur Expenseのその他の評判・口コミ

・入力するたびに毎回コードを入力しなくてはならないのがかなり面倒。
・源泉所得税の自動計算など、ローカライズされている機能が少ないので、ここぞという時に使えない。
・事前申請の時に入力内容を間違えてしまうと、その修正作業でかなり苦労する。

Concur Expenseを導入した結果に関する評判・口コミ

・Concur Expenseの導入で、スマホでレシート撮影をして経費データの自動アップロードができるようになった。
・クレジットカードやバーコード決済などの支払いツールと連携し、精算したい明細だけを申請することができた。
・スマホからなら従業員の業務形態に関係なく手軽な経費精算申請が可能になった。

 
これは 経費精算の製品です。
経費精算の資料をダウンロード

その他の関連する記事