これは 電子契約 の製品です。
電子契約の資料をダウンロード

SignTimeとは?

ペーパーレスへの取り組みに力を入れている企業が増えています。DX化を進めるためにも、ペーパーレス化は欠かせません。SignTimeは、契約書だけではなく、見積書・発注書・請求書などの営業で使用する書類・認印、サインが必要な書類を電子化するのに利用できます。パソコンがあれば書類にサインをすることができるため、テレワーク中でもサインや認印を押せますし、見積書などを電子化することで紙の削減や郵送費などの削減にも貢献できます。現代の働き方に合ったソフトです。

おすすめの類似電子契約システム

類似サービス: Contract One

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最短導入期間 1営業日から

Contract Oneとは、Sansan株式会社が提供している契約DXサービスです。 Sansanのテクノロジーとオペレーションを用いて全ての契約書を正確にデータ化し、契約データベースを構築します。契約内容の横断的な検索や契約期限の管理、契約書の関連付けが可能になることで契約情報をタイムリーに参照でき、類似の契約を確認して契約内容を最適化したり、スピーディーな契約締結を実現します。

   

紙の契約書の押印から保管までをオンラインで完結

印刷・製本、押印、発送、受け取りといったアナログな作業をContract Oneが代行するため、業務効率化を実現することができます。 これまでオフィスで行なっていた業務がオンラインで完結できることで、大幅な業務効率化やテレワークの推進を実現します。 また、紙の契約書を電子化し、データベースで管理することで、契約書の紛失や盗難、破損といったリスクを回避することも可能です。

クラウド上で契約書を一元管理

Contract Oneは、クラウド上に契約書のデータベースを構築して、紙と電子の契約書を一元管理することが可能です。 Sansanが培ってきたAIと人力を組み合わせた独自のテクノロジーによって正確にデータ化し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での電子保存を可能とします。 管理している契約書は、素早く簡単に検索することができるため、必要な契約書を探す手間がかかりません。

多様な働き方を実現

Contract Oneによって契約業務をオンラインで完結できるようになれば、契約業務のためにその都度オフィスへ出社する必要がなくなります。 紙の契約業務に触れることなく契約業務ができるため、テレワークの推進やペーパーレス化の実現、BCP(事業継続計画)対策として有事の際の事業継続につなげるなど、多様な働き方を実現します。

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用 110円〜/ユーザー 無料お試し あり
初期費用 0円 最短導入期間 即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

この製品は電子契約の製品です。
電子契約の製品をまとめて資料請求

SignTimeの特徴

特徴① 初心者でも簡単に使える設計

毎日使う書類を扱うソフトなのですから、パソコンが苦手でも簡単に使える仕様であることが求められます。SignTimeは契約書の署名欄をマウスの操作だけで簡単に設置できたり、サイズの変更も直感的にできるなど、簡単な設計であることが人気の理由の1つです。自分が署名する場合も、届いたメールをクリックし、記入欄を入力するだけの操作なので、かなり簡単であることがわかります。

特徴② 2週間単位でリリースされる高機能

SignTimeには、より業務を効率的に進めていくための機能がたくさん詰まっています。どの機能も高レベルで、これが欲しかったと思うようなものばかりです。例えば、書類タグ・印影アップロード・手書きサインなどのSignTime独自の機能がたくさんあるのです。もし使っていてこんな機能が欲しいと思った時は、SignTimeに意見を出すことで、契約時に足りなかった機能がリリースされることがあります。しかも2週間単位という高頻度なので、チェックしていると欲しかった機能があるかもしれません。

特徴③ 料金プランはコスパ最強

SignTimeの料金プランはコスパがかなり良いものばかりで、すべてのプランに無料送信件数がついています。例えば1番安価なエントリープランは月10通まで無料で使えて月額980円で利用できます。月額8,600円のビジネスプランは月50通まで無料で使えます。プロプランの場合は契約内容のカスタマイズが可能なので、ユーザー数や送信件数に合った専用プランを提案してもらえます。
[table “e-contract” not found /]

 
これは 電子契約の製品です。
電子契約の資料をダウンロード

SignTimeの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

フリープラン:0円(合計25通まで無料)
エントリープラン:月額980円(月10通まで無料)
ビジネスプラン:月額8,600円(月50通まで無料)
スキャナ保存:月額9,800円(月10通まで無料)
プライム:月額55,000円〜(月50通まで無料)

SignTimeの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

SignTimeの良い評判・口コミ

・誰でも簡単に使えるので、入ったばかりの新人でもすぐに慣れることができて助かる
・日本製のソフトなので、日本のセキュリティ基準に合っていて安心できる

SignTimeのその他の評判・口コミ

・クラウドで契約できるのはいいが、相手が対応していないと意味がないためお互いに導入していなければならない
・色々な機能を外部連携できるのは、ビジネスプラン以上に限られてしまう

SignTimeを導入した結果に関する評判・口コミ

・低コストかつ無料でトライアルができるので、導入を迷っていても実際に製品を使ってみてから本格的な導入ができた
・顧客データベースの画面から直接契約書を自動入力したり宛先へデータ送付することができ効率化された

 
これは 電子契約の製品です。
電子契約の資料をダウンロード

その他の関連する記事