これは 電子契約 の製品です。
電子契約の資料をダウンロード

おすすめの類似電子契約システム

類似サービス: Contract One

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最短導入期間 1営業日から

Contract Oneとは、Sansan株式会社が提供している契約DXサービスです。 Sansanのテクノロジーとオペレーションを用いて全ての契約書を正確にデータ化し、契約データベースを構築します。契約内容の横断的な検索や契約期限の管理、契約書の関連付けが可能になることで契約情報をタイムリーに参照でき、類似の契約を確認して契約内容を最適化したり、スピーディーな契約締結を実現します。

   

紙の契約書の押印から保管までをオンラインで完結

印刷・製本、押印、発送、受け取りといったアナログな作業をContract Oneが代行するため、業務効率化を実現することができます。 これまでオフィスで行なっていた業務がオンラインで完結できることで、大幅な業務効率化やテレワークの推進を実現します。 また、紙の契約書を電子化し、データベースで管理することで、契約書の紛失や盗難、破損といったリスクを回避することも可能です。

クラウド上で契約書を一元管理

Contract Oneは、クラウド上に契約書のデータベースを構築して、紙と電子の契約書を一元管理することが可能です。 Sansanが培ってきたAIと人力を組み合わせた独自のテクノロジーによって正確にデータ化し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での電子保存を可能とします。 管理している契約書は、素早く簡単に検索することができるため、必要な契約書を探す手間がかかりません。

多様な働き方を実現

Contract Oneによって契約業務をオンラインで完結できるようになれば、契約業務のためにその都度オフィスへ出社する必要がなくなります。 紙の契約業務に触れることなく契約業務ができるため、テレワークの推進やペーパーレス化の実現、BCP(事業継続計画)対策として有事の際の事業継続につなげるなど、多様な働き方を実現します。

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用 110円〜/ユーザー 無料お試し あり
初期費用 0円 最短導入期間 即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

この製品は電子契約の製品です。
電子契約の製品をまとめて資料請求

クラウドサインとは?

ペーパーレス化に伴い、今まで紙ベースだった様々なものがデジタル化されています。契約書もその1つですが、扱う内容によってはデジタルであることが逆に不安になってしまうこともあります。そこでおすすめなのがクラウドサインです。クラウドサインは30万社以上に導入されている電子契約サービスで、クラウドサインを利用した契約は500万件以上という実績があります。最新のセキュリティ技術により、クラウドサインを利用した契約の証拠力が担保されているため、紙の契約書と変わらない効力を持っています。安心して使える電子契約サービスです。

クラウドサインの特徴

特徴① 契約が数分で完了するスピード感

紙ベースで行う契約は、郵便で送付する期間や事務処理などを考えると数日〜数週間かかるのが基本です。ですが、クラウドサインを利用すれば、リアルタイムでの契約のやり取りが可能になるため、早ければ数分で契約完了ができます。パソコンだけではなく、スマホやタブレットからも契約書の確認などが行えるため、社外にいたとしても契約締結のための作業を進められます。

特徴② 大幅なコスト削減を叶える

ペーパーレス化の大きなメリットにコスト削減があります。紙のコストが削減できるのはもちろんですが、それ以上のコスト削減が期待できます。クラウドサインを利用することで、契約締結のための紙の郵送費や印紙代なども節約することができるようになります。電子化することで素早い対応が可能になるため、人件費も大幅に節約できます。経費削減に大きく貢献できるツールです。

特徴③ 様々なサービスと連携し、よりスムーズに契約を進められる

クラウドサインだけではなく、様々なサービスを導入することで業務効率化を進めている企業はたくさんあります。クラウドサインは、コーポレートプラン以上を契約することで外部サービスとの連携ができるようになります。連携できるサービスには、Slack・kintone・Teamsなどがあり、スムーズな取引を実現します。例えばSlackと連携すると、相手企業に送った契約書類の状況確認ができたり、状況に応じて通知をする設定が可能です。
[table “e-contract” not found /]

 
これは 電子契約の製品です。
電子契約の資料をダウンロード

クラウドサインの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

Light:10,000円+200円/送信件数
Corporate:28,000円+200円/送信件数
Business:要問い合わせ
Enterprise:要問い合わせ

クラウドサインの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

クラウドサインの良い評判・口コミ

・クラウドサインの利用にはログインの必要なく使えるのが便利
・クラウド上に契約書などのPDFが保管されるため、いつでもアクセスして確認することができる
・紙の契約書類をデータ化する必要もなくなったため手間が省ける

クラウドサインのその他の評判・口コミ

・文字が多くなると名前や住所などが枠からはみ出たり、文章に被ってしまう
・内容は違うけれど同じ会社と契約するような契約書がある場合は、同じ住所や名前を何回も入力しなければならない
・書類一覧の読み込みが遅いため、検索するたびにかなりの時間が必要になってしまう

クラウドサインを導入した結果に関する評判・口コミ

・今までの契約書などが全て証拠として残るため、不安に感じることがなくなった
・クラウドサインで契約書の締結をすると、収入印紙が不要になることが多いためコストが削減できた
・オンラインで契約書が交わせるので、郵送の手間がなくなり、契約締結までの日数がかなり短縮された

 
これは 電子契約の製品です。
電子契約の資料をダウンロード

その他の関連する記事