MAツールのおすすめ7選を徹底比較

 
これは マーケティングオートメーション の製品です!
マーケティングオートメーションの製品資料を一括ダウンロード

マーケティングは企業活動を行う上で欠かせない要素です。

しかし、様々な流入経路の顧客情報の管理に課題を抱えている企業も少なくないことでしょう。

このような課題の解決には、マーケティング活動の可視化が効果的ですが、それを実現させるには、マーケティングオートメーションツール(MAツール)を導入し、利用することが最適です。

今回は、マーケティングオートメーションの機能やメリット、おすすめのサービスについて解説いたしますので、ぜひ参考になさってください。

MAツールとは

マーケティングオートメーションとは、マーケティング活動の手間・コストを削減し、作業を自動化・効率化するツールです。

BtoBビジネスの場合、営業部門を中心に顧客開拓・商談・提案などを行うのが通常でしたが、人材不足や時代の変化に伴い、より効率的な営業活動を行う必要が生じるようになりました。

デジタルマーケティングの手法を取り入れれば、より確度の高いリード育成が実現され、最適な営業プロセスの自動化が実現されるのです。

おすすめの類似マーケティングオートメーションツール

コスパ&使いやすさに優れたMAツール: BowNow

(4.5)

月額料金 0円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円〜 最短導入期間 要問い合わせ

BowNowは、無料から利用することができ、どのような企業でも使いこなせるMAツールとして開発されており、高度なマーケティングレベルや豊富な人的リソースがなくても、MAツールの導入を成功させることができます。

複雑な設定は不要

BowNowは、複雑な設定なく使い始めることができます。 マーケティング部門はもちろん、商談数アップに直結する営業部門の担当者も使うことができるシンプルな設計を目指して開発されています。 マーケティングリソースが潤沢でないという企業でも問題なくMAツールを利用できるように、本当に必要な機能だけを搭載しているためMAの導入経験や専門知識がなくても安心して導入することができます。 また、ABMテンプレート機能では、テンプレート設定をONにしておけば、ユーザーを自動的にステータスごとに分類、優先的にアプローチすべきホットリストを自動で抽出することができます。

すぐに成果がでる、かつ育成活動も開始できる

MAツールはリード(見込み顧客)の育成活動も実現します。 BowNowには、詳細な検索条件やホットリードの自動抽出など、ホットユーザーを見つけるための機能が豊富に搭載されています。 短期的な成果をあげるためには、今現在のホットリードを抽出し商談につなげるようにアプローチすることが重要です。 BowNowは、顧客の購買意欲が高まったタイミングでアプローチするというリアクティブ戦略を基に設計されています。BowNowは定期的な情報発信をおこなうためのメール配信機能と、顧客の検討タイミングを逃さないホットリード自動抽出機能があり、育成活動のベースを構築することができます。

コストパフォーマンスに優れている

MAツールを導入したいが、初期コストが高額で、なかなか踏み切れないという方も少なくはないでしょう。 BowNowは、MAツールを使ってみたい、低コストで始めたいという方のために完全無料で利用できるフリープランを提供しています。 フリープランは、期間の制限なく無料で利用することが可能です。 無料で利用した上で、本当に必要な機能を課金していく料金体系となっているため、導入企業にマッチした最低限のコストでのマーケティング活動の効率化を実現することができます。 また、アカウントの発行から、3ステップで使い始めることができ、その手軽さも非常に魅力的と言えるでしょう。

類似サービス: SHANON MARKETING PLATFORM

(4.5)

月額費用 100,000円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 導入社数 要問い合わせ

SHANON MARKETING PLATFORMとは、株式会社シャノンが運営している国産MAツールです。 日本の商習慣に合わせた名刺管理、集客、リード創出・リードナーチャリングの機能には定評があり、特にオンライン・オフライン接点を統合的に管理したアプローチイベント管理機能(トリ)に強みがあります。

           

多様かつ複雑なマーケティングチャネルに対応

SHANON MARKETING PLATFORMでは、リード管理やシナリオ、スコアリング、メール配信、LINE連携、SMS、動画視聴履歴といった豊富な機能を開発・改善しています。 そのため、日々複雑化していくマーケティングチャネルに対して柔軟に対応することが可能です。

リード情報をもとに細かな細分化が可能

SHANON MARKETING PLATFORMは、リードの属性だけでなく、デジタル・アナログ両面での行動履歴を蓄積することができるため、一人ひとりに最適化されたアプローチを実現します。

充実したサポート体制

MAツールをどのように活用すれば良いのかわからないという方でも、SHANON MARKETING PLATFORMであれば安心です。 導入前からの手厚いサポートを用意しており、導入企業専任のカスタマーサクセス担当者がアサインし、伴走したサポート体制を構築しています。

この製品はマーケティングオートメーションの製品です。

マーケティングオートメーションの製品をまとめて資料請求

MAツールを利用するメリット

成約確度の高いリード育成が叶う

マーケティングオートメーションを活用すれば、適切なタイミングで見込み顧客へアピールすることができるため、対象者の購買意欲を下げてしまうような状況を回避できます。

見込み顧客の行動ログを分析できれば、顧客の購買意欲の段階が可視化されるため、適切なタイミングで商品案内・キャンペーンを提供することができるのです。

これらは、成約確度の高い見込み顧客の育成を行う上で、十分な施策と言えます。

顧客の放置が免れる

一度アクションがあったものの、成約にたどりつかなった顧客を放置してしまい、競合他社に流れてしまうケースは非常にもったいないと言えます。

多くのマーケティングオートメーションには、見込み顧客の過去のアクションを把握できる機能が搭載されています。

したがって、興味がある情報に適切なアプローチを行い成約につなげることができるのです。

属人化の防止が図れる

見込み顧客の獲得が叶っても、担当者以外は情報がわからない、どんな経路から流入し、アクションを起こしたのかわからないなどという、すなわち「属人化」という課題をもつ企業もあるはずです。

マーケティングオートメーションを利用すれば、CRM・SFAなどと連携し、顧客情報を気軽に共有することができます。

担当者以外でも情報にタッチできれば、企業としての営業力が向上し、顧客に対し、より効果的なアプローチが可能になるでしょう。

成約率が向上する

マーケティングオートメーションは、成約確度が高い見込み顧客を育成するのに最適なツールです。

上手に活用できれば、必然的に営業部門の成約率が向上します。

成約を何度も経験することで、営業担当者は自分なりのノウハウを蓄積できるようになり、その結果、企業としての実力も増して行くはずです。

MAツールのおすすめサービス7選

BowNow(バウナウ)

 特徴

BowNow(バウナウ)は、無料で利用可能なMAツールです。

ホットリードを自動抽出ができ、営業ツールとして即戦力で利用しやすいUIに設計されており、追客機能も豊富です。

ホットリードと非ホットリードの分別に長けていることから、営業とマーケティンを棲み分ける際にも非常に便利と言えるでしょう。

料金

  • 月額料金:0円〜
  • 初期費用:要問い合わせ

2024年月現在/詳細は公式サイトを確認

anybot(エニーボット)

特徴

anybotは、エボラニ株式会社が運営しているプログラミング不要のツールです。

オムニチャネルによる自動接客が印象的で、自社に最適なデータ活用が短期間・低コストで叶います。

自動接客はもちろん、データ活用に相応しいCRM(顧客関係管理)の機能も搭載されており、PDCAを回しつつ、より優れた顧客体験の提供が実現されることでしょう。

  • 月額料金:要問い合わせ
  • 初期費用:要問い合わせ

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

SHANON MARKETING PLATFORM

特徴

SHANON MARKETING PLATFORMは、株式会社シャノンが運営している国産のMAツールです。

名刺管理・集客・リード創出など、日本における営業活動に最適な機能が充実しており、オンライン・オフライン接点の統合的な管理が一つのツールによって叶います。

SFAと連携すれば、営業のクロージングまでしっかりとフォローすることができ、日々複雑化されるマーケティングチャネルにも十分対応できるなど、ユーザーのニーズを満たしてくれるツールとして高く評価をされています。

  • 月額料金:100,000円〜
  • 初期費用:要問い合わせ

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

クラウドサーカス

特徴

Cloud CIRCUSとは、クラウドサーカス株式会社が運営するデジタルマーケティングツールです。

AR・MA・CMSとしての機能が豊富で、多くの企業が利用しており、業界を問わず幅広い企業から信頼を集めています。

11種ものマーケティングツールの中から自社にあった最適な機能を活用できます。

料金

  • 月額料金:要問い合わせ
  • 初期費用:要問い合わせ

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

Marketo(マルケト)

特徴

MarketoはMAツールの機能以外にも、ホームページ作成なども行えるツールです。

優れたSFAであるSalesforceと連携することにより、マーケティングから営業までをワンストップで行える上、Marketoに搭載されているアプリケーションの組み合わせにより、自社に最適な運用が叶います。

  • 月額料金:要問い合わせ
  • 初期費用:要問い合わせ

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

b→dash(ビーダッシュ)

特徴

b→dashは、BtoC向けのMAツールとして高く評価されています。

直感的な操作が可能なUIが好評で、使いやすさに定評があり、使いたい機能を自由に選んで自社向けにカスタマイズできるなど柔軟性に富んでいるのも特徴です。

料金

  • 月額料金:要問い合わせ
  • 初期費用:要問い合わせ

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

HubSpot(ハブスポット)

特徴

HubSpotとは、MAツールのモジュールとCRMを連携して使えるコストパフォーマンスの高いソフトウエアです。
インバウンドマーケティングのツールとして、BtoB、BtoCどちらにも充実した機能を有しており、Webマーケティングの効率化に最適です。

料金

  • 月額料金:5,400円~
  • 初期費用:要問い合わせ

2024年1月現在/詳細は公式サイトを確認

まとめ

マーケティングオートメーションを導入すれば、成約率の向上などあらゆるメリットが見込めます。

ただ導入するだけではなく、マーケティングを成功させるためには、導入条件・事前の準備は欠かせません。

まずは、自社が現状抱えている課題をはっきりとさせ、無料トライアルなどを利用し、その課題が解決できるかチェックすることをおすすめします。

ぜひ、この記事を参考に、最適なマーケティングオートメーションを導入しましょう。

 

その他の関連する記事