これは BIツール の製品です。
BIツールの資料をダウンロード

Lookerとは?

LookerはBIツール・データ分析ツールの1つですが、LookerMLという言語でデータを定義し、誰でも正しいデータ分析ができることを可能にしたツールです。Lookerで作られたデータはSlackなどの外部アプリケーションと連携できる機能を持っているため、データの共有をスムーズに行うことができます。データアナリストはもちろんですが、専門の知識を持っていなくてもデータ分析ができる人材の育成を考えている企業におすすめのツールです。

おすすめの類似BIツール

類似サービス: Reckoner

(4.5)

月額費用 要お問合せ 無料お試し 14日間
初期費用 要お問合せ 導入会社 要お問合せ

Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

   

直感的な操作でデータ連携ができる

従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

リアルデータでの変換・結合

通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

この製品はBIツールの製品です。

BIツールの製品をまとめて資料請求

Lookerの特徴

特徴① 組み込み型分析により欲しい情報を確実に提供

Lookerには組み込み型分析プラットフォームの機能があります。この機能を使用することで、データアナリスト・プロダクトマネージャー・デベロッパーがカスタムアプリケーションを迅速に作成します。そして、既存のアプリケーションやWebサイトなどに分析の組み込みができるようになるのです。この分析機能により、ワークフロー内で企業が必要としている情報を提供し、経営や戦略に活かすことが可能になります。

特徴② リアルタイムのデータエクスペリエンスの実現

Lookerでは、動的なダッシュボードとコンポーネントの使用ができ、信頼されているデータによって管理されているリアルタイムのデータエクスペリエンスの実現ができるようになります。データは可視化して独自のストーリーを作成したり、フィルタを設定したりすることができます。集まったデータを利用し、リアルタイムで情報を活用、分析情報の統合などが可能になるのです。

特徴③ 見出し見出し

Lookerには、Looker APIがあり、アプリケーションのカスタムやデータ駆動型ワークフローを作ることができます。新しい Looker アカウントのプロビジョニングやクエリの実行はもちろんですが、分析情報を組み込んで自動でタスクを実行できる機能を搭載することができます。難しいように思えますが、これらの機能を専門知識なしで使うことが可能なツールです。
[table “bi” not found /]

 
これは BIツールの製品です。
BIツールの資料をダウンロード

Lookerの料金・価格

初期費用

要お問合せ

月額費用

要お問合せ

Lookerの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Lookerの良い評判・口コミ

・少ない回数のコミュニケーションで経営判断ができるようになり、効率が良くなった
・UIはとてもリッチで、データの可視化や細かい部分の探索もできてとても使いやすい
・LookerがGCPと一緒に使えるようになったので、魅力がさらに高まった

Lookerのその他の評判・口コミ

・ダッシュボードは使いやすいが、作成時に操作がわかりづらいことがある
・フォーマットは英語なのに、日本語表記になっていることに違和感がある
・使いこなすためにはSQLの知識、コードを扱える人材が必要になる

Lookerを導入した結果に関する評判・口コミ

・Lookerにバラバラだったレポートが集約されたため、一元管理が叶った
・自社内でのデータ民主化がより簡単に実現でき、ハードルが低くなったのを感じた
・運用情報セキュリティ指標取得のプロセスに約30時間かかっていたものが、Lookerにより1~2時間にまで削減された

  • 満足度

    とても優れたBIツール

    良い点

    リッチなUIとなっており、データの可視化、細かい部分の探索、深堀りした分析もできる。GitHubでのコード管理もでき、誰がなにをしたのか履歴も残せる。

    改善点

    他のDWHからのコネクションも設定できるとより導入のハードルが下がると思う。また、日本でのユーザーコミュニティがさらに盛り上がるといいと思う。

    導入して改善できた課題や効果

    SQLをかけない人でもLookerでデータ分析ができるようになり、データ組織に対するデータ抽出依頼が減った。データ抽出のオペレーターも減ることができた。データの民主化が促進されるメリットが得られた。

  • 満足度

    社内のデータ民主化を進めるきっかけとなる

    良い点

    ダッシュボードが直感的に加工できるのが大きなポイント。加工が簡単にできるため、役割分担ができるようになった。細かい箇所の認識のズレなどで修正の手間が発生しなく、ストレスフリーに連携できるのも評価ポイント。

    改善点

    UI面を改善してほしい。英語用のフォーマットに対して表記は日本語というのは違和感を感じる。更にデータダウンロートしたCSVがファイル名ごとに文字化けするため、そこも直してほしい。

    導入して改善できた課題や効果

    社内でのデータ民主化をよりハードル低く実現できた。また、スピーディーな加工・修正も可能となった。

  • 満足度

    SQLを細分化できた

    良い点

    データのテーブル関数を自分の思い通りに表すことができ、LooKerに対して適切なSQLを記述させることができて便利。また記述したLookMLは再利用可能なコードと応用もできる。

    改善点

    Googleに買収されたことによりGoogleのクラウドサービスとの連携が期待できるものの、Google社に情報が渡るのでは?とセキュリティ面で不安がある。

    導入して改善できた課題や効果

    LookMLを使うことでSQLを細分化でき、色々な組み合わせを試すことができた。

  • 満足度

    豊富な機能

    良い点

    KPIを一元管理でき、表示レスポンスが早く、GitHubとの連携などの機能があり、とても便利。壁にぶつかる箇所に対して先手を打てるプラットフォームだと思う。過去のプロダクトで課題になった点を考慮した機能が満載と非常に便利。

    改善点

    レポートのリッチ向上と管理画面UIのEX改善。分かりやすさや見やすさなどを更に磨かれると、更に最高なUXになると思う。

    導入して改善できた課題や効果

    データガバナンスやデータの民主化を、しっかりと実現できた。

 
これは BIツールの製品です。
BIツールの資料をダウンロード

その他の関連する記事