これは BIツール の製品です。
BIツールの資料をダウンロード

Yellowfinとは?

Yellowfinは、Yellowfin Japan株式会社が提供するBIツールで、全世界で29,000社以上の導入実績を誇っています。

誰でも使いやすい設計になっていて、ダッシュボードのデザインに定評があります。

また、難しいプログラミング知識がなくてもすぐに活用できる点も魅力的なポイントでしょう。

おすすめの類似BIツール

類似サービス: Reckoner

(4.5)

月額費用 要お問合せ 無料お試し 14日間
初期費用 要お問合せ 導入会社 要お問合せ

Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

   

直感的な操作でデータ連携ができる

従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

リアルデータでの変換・結合

通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

この製品はBIツールの製品です。

BIツールの製品をまとめて資料請求

Yellowfinの特徴

Yellowfinの特徴について解説をします。

特徴①データの変化に一早く気付けるようになる

Yellowfinには、シグナルという機能が搭載されていて、データを自動的に監視し、ある一定の変化が起こった場合にアラートを発して知らせてくれます。

いつ・何が・なぜ変化したのかを検索や分析するほか、相関するデータ変化を詳しく分析することも可能です。

これにより、根本の原因を素早く改善したり、売上の向上を実現できます。

特徴②レポートの共同作成・編集ができる

Yellowfinのダッシュボード機能では、ユーザー同士が同時にレポートを作成したり、編集することができます。

データアナリストやウェブデザイナー、商品・サービスの開発者などがレポートを共有しながら作業することで、完成したレポートを何度も確認したり、修正する手間を省けます。

また、より複雑な案件でも逐一報告をする必要がなくなるため、業務高効率の向上にも繋がるでしょう。

特徴③レポートを社内で評価し合える

データの分析結果に自分の考察を付け加え、社内全体に共有できる「ストーリー」という機能が搭載されています。

ストーリー機能では、一般的なメディアサイトのように記事を書いた人のプロフィールが紹介され、フォローやリアクションのスタンプを付けることが可能です。

通常会議でしか発表できないようなレポートを社内全体に公開し、評価してもらえます。

まとめ

Yellowfinの料金・評判・口コミについて紹介しました。

Yellowfinを導入することで、データをリアルタイムで分析したり、レポートを共同で作成することができます。

業務効率向上のためにBIツールの導入を検討している企業は実績のあるYellowfinがおすすめです。

 
これは BIツールの製品です。
BIツールの資料をダウンロード

Yellowfinの料金・価格

初期費用

要問合せ

月額費用

要問合せ

Yellowfinの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Yellowfinの良い評判・口コミ

・PCが得意ではない人でも使えて、アクセス権の付与などもできるため、セキュリティ面でも安心。
・インストール不要で全てのデバイスから利用できる。

Yellowfinのその他の評判・口コミ

・ダッシュボードのPDF出力のページングがレポート単位になっているので、複数レポートを1ページに収まるようにして欲しい。
・使いこなすためにはHTMLやCSSの学習が必要。

Yellowfinを導入した結果に関する評判・口コミ

・エクセル等で従来手動作成してメール配信していた資料をBIツールに移行することでデータ更新の自動化ができ、定例的に手動作成していた工数が削減ができました。
・数字を分りやすく見える化できるようになり、分析レポートをお客様にお見せしたときの理解度が早まりました。

 
これは BIツールの製品です。
BIツールの資料をダウンロード

その他の関連する記事