これは BIツール の製品です。
BIツールの資料をダウンロード

軽技Webとは?

どの企業も、企業内に膨大なデータを抱えています。抱えているだけならいいのですが、そのデータを活用できないと意味がありません。そんなデータの管理・検索に特化したツールが軽技Webです。軽技Webは、簡単な操作なので誰でもデータの検索ができるようになっています。データベースの知識がなくても少しの設定をするだけでデータを探し出すことができます。より知識をつけたり試行錯誤することで、深い分析などで使いこなせます。

おすすめの類似BIツール

類似サービス: Reckoner

(4.5)

月額費用 要お問合せ 無料お試し 14日間
初期費用 要お問合せ 導入会社 要お問合せ

Reckonerとは、株式会社スリーシェイクが運営しているETLツールです。 プログラム不要で利用でき、別途基盤を準備する手間もかかりません。 直感的に操作できるユーザーインターフェースで設計されているため、初めてETLツールを利用するという方でも安心して扱うことができます。

   

直感的な操作でデータ連携ができる

従来であれば、調査から仕様策定、実装、テスト、インフラ構築、デプロイ、運用といった、多くのプログラム工数がかかるデータ連携を、Reckonerは、マウスの直感的操作で実現することができます。

豊富なデータベースやSaaSアプリケーションと接続可能

Reckonerは、広告やSFA・CRMなどのSaaS、データベースストレージ、ファイルなど、あらゆるデータソースとの連携が可能です。 データの読み込みまでは数クリックで完了し、ソース一覧から読み込みたいサービスを選択して、必要な情報を入力するだけとなっています。

リアルデータでの変換・結合

通常のデータ解析では、データ確認に多くのステップが必要となることがありました。 Reckonerであれば、画面上でリアルデータによって結果のプレビューを表示することができ、いつでも結果を確かめながら操作することが可能となります。

この製品はBIツールの製品です。

BIツールの製品をまとめて資料請求

軽技Webの特徴

特徴① レポート作成の効率化

レポートの作成には、内容に合わせたデータが必要です。通常、レポートの作成時にはいくつものシステムで必要なデータの検索を行い、Excelでマージするという手間がかかり、なかなか本来のレポート作成ができないことが多かったという声がありました。軽技WebにはExcelレポート出力機能があり、複数システムからデータをまとめて取得し、Excelに出力できるようになっています。これでレポート作成をかなり効率的に進められます。

特徴② データ分析を様々な視点から行うことができる

データ分析で大切なことは、分析の時に視点や観点を変えて検証し、多くの情報を得ることです。本来、情報システム部門に依頼して観点・条件を変更した分析を行うのですが、手間がかかるのはもちろん、対応の難しさに課題があります。軽技Webを利用することで、自分自身で様々な観点からの分析が行えるようになるため、データをより自由に、簡単に活用できるようになります。

特徴③ わからないことがあっても安心のサポート制度

多くのデータを取り扱うのですから、導入時にわからないことが多くあるのは当然のことです。軽技Webでは、初期設定や環境構築などの導入設定や実際の業務で使える内容を扱うトレーニングなどを有償サポートで受けることができます。軽技Web導入後にはサポートサイトで情報発信などを行うので、より軽技Webを使いこなすことができます。わからないこと、不安なことをサポートで質問するのもいいですね。

[table “bi” not found /]

 
これは BIツールの製品です。
BIツールの資料をダウンロード

軽技Webの料金・価格

初期費用

登録ユーザ・ライセンス:¥1,980,000~

月額費用

要問い合わせ

年間サポート:¥297,000~

軽技Webの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

軽技Webの良い評判・口コミ

・PC操作にある程度慣れていれば、トレーニング後は自力で進められる
・一度クエリを作成するだけで、専門知識がなくてもデータベースからデータ取得ができる
・機能がシンプルでわかりやすく、リーズナブルな料金で利用できるのがいい

軽技Webのその他の評判・口コミ

・1からデータベースを作るには、知識がないと難しい
・レコード数が多いと、表示・抽出までに少し時間がかかる

軽技Webを導入した結果に関する評判・口コミ

・たくさんあるデータの中から必要なものを簡単に抽出し、計画で使用するためのデータを作ることができた
・売り上げや在庫などの数字がすぐに出せるようになり、共有もできるようになった
・いつもなら5~10日必要だったデータ提供が、リアルタイムで確認できるようになった

 
これは BIツールの製品です。
BIツールの資料をダウンロード

その他の関連する記事