BIツール(ビジネス・インテリジェンス)のおすすめ7選を徹底比較

 
これは BIツールの製品です。
BIツールの資料をダウンロード

今日のビジネス環境において、データ駆動型の意思決定は企業の成長に不可欠です。

その中心的な役割を果たすのがBIツール(ビジネス・インテリジェンス)です。

この記事では、BIツールの基本から具体的な製品の比較、選び方までを網羅的に解説します。

BIツールを導入し、データを俯瞰して、ビジネスの効率化と戦略的な意思決定の能率を高めていきましょう。

BIツール(ビジネス・インテリジェンス)とは?

ビジネス・インテリジェンス(BI)ツールは、企業が保有する膨大なデータを分析し、戦略的な視点を提供するためのソフトウェアです。

BIツールは、データの収集、整理、そして可視化を行い、複雑なデータセットから価値ある情報を抽出して、ユーザーが直感的に理解できる形で表示が可能。

データを基にした意思決定が可能となり、ビジネスの成長と効率化を可能にします。

のおすすめ製品

の製品をまとめて資料請求

おすすめのBIツール(ビジネス・インテリジェンス)

Sactona

特徴

Sactonaは、多様な管理会計や経営管理業務に適用可能で、クラウドとオンプレミスの両方で利用できます。

特に、ユーザーフレンドリーなExcelインターフェースを採用しており、インストール不要で始められる点が魅力です。

大規模なデータも高速処理が可能で、企業の経営管理を効率化します。

料金

Sactonaの具体的な価格設定はお問い合わせが必要です。

主な機能・他社製品との違い

Sactonaは、自動化機能を標準装備しており、データの取り込みからレポートの出力までワンクリックで行えます。

また、Microsoft製品との高い親和性を持ち、Excelを使った操作感で直感的に業務を進めることが可能です。

他のBIツールと比較して、使用の容易さと拡張性に優れています。

Reckoner

特徴

Reckonerは、使いやすさに特化したノーコード型ETL(Extract, Transform, Load)ツールです。

特にデータ連携の自動化を強化しており、複数のデータソースと簡単に連携できます。

GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)による直感的な操作が可能で、複雑なデータ連携プロセスを誰でも簡単に設定できるため、ITスキルがないユーザーでも利用しやすい設計になっています。

料金

Reckonerの具体的な価格設定はお問い合わせが必要です。

しかし、14日間の無料トライアルを提供しているため、興味がある方は直接お問い合わせください。

主な機能・他社製品との違い

Reckonerは他のETLツールと比較して、ノーコードでの操作が可能である点が大きな違いです。

34種類以上のデータソースとの連携をサポートしており、データの読み込みから書き出しまでを1つのプラットフォームで完結できます。

また、全てのプロセスをGUIで行えるため、プログラムの知識がなくてもデータ連携の設定が可能です。

これにより、データ活用のハードルを大幅に低減し、迅速なビジネス意思決定をサポートします。

FineReport

特徴

FineReportは、多機能を備えたデータ可視化と帳票作成ツールです。

特にオススメなのはローコード開発環境です。

Excelのような親しみやすいインターフェースを提供し、ユーザーが直感的にダッシュボードやレポートを作成できる点がポイント。

データ入力から分析、可視化まで一貫して行えるため、日々の業務を効率化し、より迅速な意思決定を支援します。

また、PCだけでなくモバイルデバイスにも対応しており、場所を選ばずに重要なデータを閲覧・操作も可能です。

料金

FineReportの具体的な価格設定はお問い合わせが必要です。

主な機能・他社製品との違い

FineReportは、データの入力機能を持つ点が他のBIツールと大きく異なります。

ユーザーはExcelやCSVファイルから直接データをインポートし、データベースにエクスポートすることが可能です。

これにより、データ収集と分析のプロセスがシームレスに行え、作業の効率化が図れます。

また、ローコード開発により、専門的なプログラミングスキルがなくても複雑な帳票や分析画面を容易に作成できる点も、特に評価されています。

Tableau

特徴

Tableauは、データの視覚化を専門とするBIツールです。

インタラクティブなダッシュボードと視覚的なアナリティクスが強みで、複雑なデータセットも直感的に理解しやすく表示します。

ユーザーはプログラミングスキルがなくても、ドラッグアンドドロップの簡単な操作で洗練された分析を行うことが可能です。

料金

Tableauの料金は以下の通りです。

  • Tableau Creator/9,000円(1ユーザーあたりの月間価格)
  • Tableau Explorer/5,040円(1ユーザーあたりの月間価格)
  • Tableau Viewer/1,800円(1ユーザーあたりの月間価格)

購入するライセンスの数や契約条件によって変動する場合がありますので、最新情報はTableauの公式サイトまたは販売代理店に直接お問い合わせいただくことをおすすめします。

MotionBoard cloud

特徴

MotionBoard Cloudは、データの可視化に特化したクラウド型BIツールで、社内に散在するさまざまなデータを一元的に集約し、直感的に操作できるダッシュボードを通じて可視化してくれます。

また、使いやすいインターフェースと多様な業務・業種向けのテンプレートが用意されているため、専門的なスキルがなくても簡単に扱えます。

特に、Excelでのデータ管理からスムーズに移行したい企業に最適です。

料金

MotionBoard Cloudの料金は以下の通りです。

  • クラウド版EntryEdition:月額15,000円/10ユーザー(税別)~
  • サブスクリプションライセンスStandard Edition:月額60,500円(税別)~
  • パーペチュアルライセンス [買い切り]Professional Edition:1,800,000円(税別)~
    (2024年5月現在)

Qlik Sense

特徴

Qlik Senseは、ユーザーファーストのセルフサービス型BIツールで、エンドユーザーが必要な時に必要なデータで分析が可能です。

このツールは直感的なデータ・ビジュアライゼーション機能と、データ間の関係を自動で見つけ出す連想技術を備えており、複雑なデータセットからの洞察を容易にします。

マルチデバイス対応で、どこからでもアクセス可能なのも大きな特長です。

料金

Qlik Senseの具体的な価格設定はお問い合わせが必要です。

GoodData

特徴

GoodDataは、クラウド型のBIツールで、特に大規模な組織や多くの現場社員がデータを利用する環境に適しており、15年以上にわたって全世界の14万社以上の導入実績があります。

また、GoodDataのインターフェースは、スマートフォンやタブレットを含むさまざまなデバイスに対応。どこからでもアクセスしてデータ分析が可能です。

また、高度なカスタマイズが可能で、企業の特定のニーズに合わせたダッシュボードやレポートの作成も可能です。

料金

GoodDataの具体的な価格設定はお問い合わせが必要です。

BIツール(ビジネス・インテリジェンス)の料金相場は?

これまで紹介したBIツールの初期費用、料金は以下の通りです。

製品名 料金 初期費用
Sactona お問い合わせが必要です。 お問い合わせが必要です。
Reckoner お問い合わせが必要です。 お問い合わせが必要です。
FineReport お問い合わせが必要です。 お問い合わせが必要です。
Tableau Tableau Creator/9,000円(1ユーザーあたりの月間価格)

Tableau Explorer/5,040円(1ユーザーあたりの月間価格)

Tableau Viewer/1,800円(1ユーザーあたりの月間価格)

お問い合わせが必要です。
MotionBoard cloud クラウド版EntryEdition:月額15,000円/10ユーザー(税別)~

サブスクリプションライセンスStandard Edition:月額60,500円(税別)~

パーペチュアルライセンス [買い切り]Professional Edition:1,800,000円(税別)~

100,000円
Qlik Sense お問い合わせが必要です。 お問い合わせが必要です。
GoodData お問い合わせが必要です。 お問い合わせが必要です。

(2024年5月現在)

BIツール(ビジネス・インテリジェンス)の選び方

適切なBIツールの選択は、データを効果的に活用し、ビジネスの意思決定を強化する鍵となります。以下の3つのポイントを基に選び方を考慮しましょう。

1. ユーザーのニーズに合った機能を備えているか

BIツールを選ぶ際には、実際の使用シーンを想定し、必要な機能が備わっているかを確認しましょう。

データの可視化が主な目的なのか、それとも深い分析やデータ収集が必要なのかによって、選ぶべきツールが異なります。

また、レポートの自動化、ダッシュボードのカスタマイズ性、リアルタイム分析のサポートなど、業務に必要な特定の機能を持っているかもポイントです。

2. 機能の統一と拡張性

BIツールは、既存のITインフラストラクチャや他のビジネスアプリケーションとスムーズに連携できる必要があります。

特に、企業がすでに使用しているERPシステムやCRM、さらにはクラウドサービスとの互換性は、データの一元管理と効率的な分析を実現するために欠かせません。

また、将来的な拡張やカスタマイズのしやすさも、持続可能なデータ戦略を考える上で重要です。

3. コストとROI

BIツールの導入コストは、初期投資だけでなく運用コストも含めて総合的に評価する必要があります。

また、ツールによってビジネスにどれだけの価値をもたらすかを見積もり、投資対効果(ROI)を検討しましょう。

安価で始められるクラウドサービス型のBIツールも多く、小規模から始めて徐々にスケールアップするという選択肢も考慮に入れると良いでしょう。

まとめ

BIツールを選ぶ際には、具体的な使用シナリオを考え、それに最適な機能を持つツールを選択することが大切です。

また、既存システムとの連携やコスト面も重要な判断基準です。

適切なBIツールを導入することで、データからのインサイトを最大限に引き出し、ビジネスの競争力を強化できます。

これは BIツールの製品です。
BIツールの資料をダウンロード

その他の関連する記事