契約書管理システムのおすすめ7選を徹底比較

 

契約書管理システムとは?

契約書管理システムとは、契約書の管理を効率化させるためのシステムです。

検索機能はもちろん、入力機能、契約書の自動アップロード、優れた検索機能など、あらゆる機能が搭載されており、契約書における課題を解消することができます。

取り出したい契約書類をすぐ取り出して好きな時にすぐ確認できたりなど、契約書管理システムによって飛躍的な業務効率化をすることも可能です。

おすすめの類似契約管理ツール

類似サービス: LegalForce

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要お問合せ最短利用開始期間 要問い合わせ

LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

リスクの洗い出しを支援してくれる

レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

ほしい「条文」がすぐに見つかる

LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。 全ての機能が使える「ブラウザ版」と、修正に便利な機能を使える「Wordアドイン版」の2種類が用意されており、普段の修正スタイルにあわせてどちらも使うことができます。

類似サービス: OPTiM Contract

(4.5)

         
月額費用 0円〜 無料お試し あり
初期費用 0円〜最短導入期間 要問い合わせ

OPTiM Contractとは、株式会社オプティムが提供している契約書管理システムです。 初期費用が掛からず低額から利用でき、電子帳簿保存法に対応した形式での電子契約を保管することができます。

   

作業時間・コストを大幅に削減

OPTiM Contractはその高い導入効果が魅力的です。 契約書管理を効率化する豊富な機能で、紙やExcelで契約書を管理していた際に比べて、作業時間を90%削減、年間でおよそ350時間の削減効果が期待できます。

契約書管理にかかる手間を効率化

OPTiM Contractは、AIによる管理台帳の自動作成ができるため、これまで手作業で行なっていた台帳記入業務を大きく効率化することが可能となります。 契約書をアップロードするだけで、契約書名や取引先企業名、取引金額などをAIが抽出して自動で管理台帳を作成してくれるため、複雑な操作は必要ありません。

OCRによるテキスト化が可能

OPTiM ContractにはOCRが搭載されており、スキャンした契約書のテキストデータ化が可能です。 OCRは、手動でデータ化する手間を効率化することができる反面、文字の読み取り精度や対応している形式に制限があり、契約書によってはテキストデータ化が難しい場合があります。

類似サービス: Hubble

(4.5)

         
月額費用 60,000円〜 無料お試し あり
初期費用 要お問合せ最短利用開始期間 要問い合わせ

Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

   

契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

契約書関連のコミュニケーションを可視化

Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

契約書の差分を把握

Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

この製品は契約書管理の製品です。

契約書管理の製品をまとめて資料請求

契約書管理システムのタイプ

法務専用タイプ

法務専用の契約書管理システムは、管理台帳への入力・契約書の検索機能などに優れています。

契約書をスキャンしてデジタル化し、自動で文章を読み取ってくれるため、業務効率が飛躍的にアップするでしょう。

紙面の電子化を得意とするタイプ

紙の原本が大量にあり、電子化が必要な際に活躍してくれるタイプです。

スキャン作業は大きな手間ですが、効率的に行えるようになれば、電子契約への切り替えもスムーズです。

文書管理が得意なタイプ

契約書だけではなく、文書の管理が得意なタイプもあります。

部署を跨いで、文書管理を効率化したい場合、このようなタイプを導入すると良いでしょう。

契約管理システムを導入するメリット

契約書管理の効率化

従来の紙の契約書管理は、契約書管理のための台帳作成や、ファイリングなどの手間がかかります。

また、ファイリングした契約書の保管場所も確保しておく必要があります。

契約書が後から必要になって、目当ての契約書を探そうにも見つからなかったり、更新期限の確認ができなかったりなどの経験をした方も少なくないと思われますが、契約書管理システムを利用することで、従来の管理業務を自動化し、契約書の作成から締結・管理までを一元的に行えるようになるのです。

コストカットが実現される

従来の紙の契約書管理からデータで管理に以降することで、用紙代・インク代・郵送費などのコスト削減を実現できます。

電子契約サービスと連携して利用すれば、契約にまつわるさまざまな面をスマート化できるはずでs。

セキュリティが強化される

紙の契約書を管理する場合、紛失・盗難に関して最新の注意を払う必要があります。

契約書管理システムは、アクセス権限を付与できる機能・アクセスのログ確認機能などを搭載している場合がほとんどであるため、しっかりとセキュリティ強化がなされるはずです。

通信の暗号化・不正なアクセスの強化を行なっているシステムも多いため、セキュアな環境でしっかりと管理できることでしょう。

契約管理システム選定方法

自社の業務内容とマッチしているか

契約書管理システムはどのサービスに関しても、共通して搭載されている機能がありますが、その中で自社に最もマッチするものはどれか、しっかり確認しておくべきです。

管理台帳での管理には、自動入力・全文検索などのシステムが搭載されていると便利です。

法務部全体の業務効率に課題を感じている場合、契約書の作成・レビュー機能が搭載されているシステムを選ぶと良いでしょう。

文書管理機能を確認する

契約書だけでなく、部署を跨いで社内文書を管理できる機能を搭載しているシステムであれば、業務効率化・テレワークの推進につながるはずです。

今後電子化したい文書が社内に多い場合は、このようなシステムを導入しておくと良いでしょう。

おすすめの契約管理システム7選

Hubble

特徴

Hubbleとは契約書管理のクラウドサービスです。

社内の全ての契約書の一元管理、進捗の確認・契約書の内容レビューなど、部門をまたいだやり取りを一つのツールで行えます。

Wordの契約書ドキュメントをアップロードするだけで、契約書管理できるなどの操作性が魅力的で、契約書の検索も簡単に行えます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:40,000円〜(税抜き)
  • 無料トライアル:1週間無料

※2023年11月現在/詳細は公式サイトを確認

OPTiM Contract

特徴

OPTiM Contractは、低価格で利用でき、マウスのドラッグ&ドロップという直感的な操作で契約書のアップロードが可能なサービスです。

AIによって契約書情報のチェック作業を簡単に行え、管理台帳への登録も自動で行うことができます。

また、契約書のアップロードはOCR処理でおこなえるため、契約書データの手書き文字・ゴム印などの箇所が混ざっていてもしっかりと対応してくれます。

電子帳簿保存法にも対応しているため、電子契約がメインという企業にもおすすめで、自動通知で契約の更新漏れを防ぐこともできます。

料金

  • 初期費用:0円
  • 月額料金:9,980円〜
  • 無料トライアル:あり

※2023年11月現在/詳細は公式サイトを確認

Pro-Sign賃貸借契約書

特徴

Pro-Sign賃貸借契約書は、株式会社プロレド・パートナーズが運営している店舗情報の一元管理システムです。

多店舗展開企業における業務効率化を実践でき、店舗に纏わる全ての情報を一元的に管理することができます。

データ入力を運営会社側が代行してくれるオプションサービスも提供しています。

料金

  • 初期費用:100,000円〜
  • 月額利用料:0円〜

※2023年11月現在/詳細は公式サイトを確認

LeagalForce(リーガルフォース)

特徴

LeagalForceは、契約書チェックに強みを発揮してくれるサービスです。

搭載されているAIにより、1クリックで契約書をチェックでき、自社基準でのリスクチェックを行える機能によって、柔軟性の高い運用が実現されます。

料金

  • 初期費用:100,000円〜
  • 月額利用料:0円〜

※2023年11月現在/詳細は公式サイトを確認

LegalForceキャビネ

特徴

LegalForceキャビネは、画像データの文字起こし、契約書の期限・更新日順での並び替え、リマインドに対応などの便利なサービスが満載されています。

管理台帳への入力・契約更新期限の管理・契約書の検索などの問題を一気に解消でき、しっかりとしたセキュリティ下で運用できるようになります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額利用料:要問い合わせ

※2023年11月現在/詳細は公式サイトを確認

PICKFORM

特徴

PICKFORMは、不動産業向けの電子契約サービスです。

国内で唯一、国土交通大臣認定を受けているサービスとして、宅建業法に遵守しています。

賃貸〜請負まで全てに対応可能で、実際に不動産業を営んでいたベンダーの経験を活かし、不動産屋が使いやすいサービスとして人気を博しています。

料金

  • スタンダード:月額30,000円(税別)
  • 初期費用:無料

※2023年11月現在/詳細は公式サイトを確認

鈴与の契約書管理システム

特徴

鈴与の契約書管理システムは、クラウドで利用できる契約書管理システムです。

Web上で契約情報の確認・PDFのデータ登録・システム上からの契約書情報の検索などを簡単に行えるようになり、原本を含めて情報の一元管理が叶います。

契約書が社内に散在している企業などにおいて、心強いサービスと言えるでしょう。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額利用料:28,000円〜

※2023年11月現在/詳細は公式サイトを確認

まとめ

以上、契約管理システムについて解説いたしました。

契約書を電子管理することで、業務効率化、部署を跨いだ管理、コストカット、業務のスマート化などさまざまなメリットを享受できるはずです。

あらゆる業種にマッチするよう、さまざまなタイプの契約管理システムが開発されているため、ぜひ、この記事を参考に最適なサービスを導入なさってください。