これは 契約書レビュー の製品です。
契約書レビューの資料をダウンロード

LeCHECKとは?

世界中の企業とやり取りができるようになった現代だからこそ、英文での契約書が作れるツールの需要が高まっています。LeCHECKは、AI契約書レビュー支援サービスです。LeCHECK独自のAIは契約書に特化しており、日本語の契約書はもちろん、英文契約書の作成もできるようになっています。不利な条項や抜けている条項の検知も可能で、英文契約書にも対応しています。国内での取引はもちろん、国際取引を行っている企業の大きな力になれるツールです。

おすすめの類似契約書レビューツール

類似サービス: LegalForce

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

リスクの洗い出しを支援してくれる

レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

ほしい「条文」がすぐに見つかる

LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。

類似サービス: Hubble

(4.5)

                   
月額費用60,000円〜 無料お試し あり
初期費用 要お問合せ最短利用開始期間 要問い合わせ

Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

   

契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

契約書関連のコミュニケーションを可視化

Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

契約書の差分を把握

Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

類似サービス: LAWGUE

(4.5)

                   
月額費用要問い合わせ 無料お試し トライアルプランあり
初期費用 要お問合せ最短利用開始期間 要問い合わせ

LAWGUEとは、FRAIM株式会社が運営しているクラウド ドキュメント ワークスペースです。 契約書や開示文書などさまざまな種類の文書をクラウド上で管理して作成、検索などができ、業務の効率化を実現できることから一般企業だけではなく、法律事務所、官公庁、自治体などでも導入されている実績があります。

   

AIを活用した文書の作成と管理が可能に

LAWGUEでは、独自AIを活用によって、文書の作成と管理に関する課題を解消することができます。 キーワード検索はもちろん、AIによる類似文書のサジェストや類似条項のサジェストが可能なため、今まで見つけるのに時間をかけていた文書も簡単に検索することができ、検索にかけていた時間を大幅に短縮することができるようになります。

ナレッジの蓄積ができる

文書内のコメントがこまめに更新されることで、変更履歴がブラックボックス化してしまい、ナレッジの蓄積ができていなかったというケースも、LAWGUEであれば安心です。 LAWGUEでは、過去のやりとりを全てLAWGUE上に残すことができ、メールなどを介さずLAWGUE内でやりとりが完結するようになるため、ナレッジ、ノウハウの見える化が実現できます。

体裁の直しも効率化

LAWGUEには、特許技術の自動体裁補正機能が搭載されており、ずれた条番号やレイアウトの修正が自動的に完了します。 手作業で行なっていた修正業務が圧倒的に効率化され、空いた時間を別の業務に充てて生産性の向上が期待できます。

この製品は契約書レビューツールの製品です。

契約書レビューツールの製品をまとめて資料請求

LeCHECKの特徴

特徴① 契約書のチェックが手早く簡単にできる

契約書の作成まではいいのですが、チェックに手間取っている企業は多くあります。LeCHECKを利用すれば、AIのレビューによりチェックができるようになるため、リスクや見逃しをゼロにすることができます。利用するためには、WordやPDFなどでできた契約書をアップロードするだけの簡単作業です。チェックだけではなく、専門の弁護士からの解説も表示されるので、今後の契約書作成にも役立ちます。

特徴② 英文の契約書にも対応

LeCHECKは英文の契約書にも対応しているため、海外の企業と取引を始める時にも役立ちます。AIのレビューはもちろんですが、翻訳の作業もできるようになっています。独自に開発されたAIが、日本語文と同じようにレビューを行うため、精度に不安があっても、LeCHECKなら安心です。国際取引でありがちなしてくれるので、負担や手間を大幅に軽減してくれます。

特徴③ キャビネットを使って安全に保管

契約書の作成にも手間はかかりますが、保管にも手間や負担が発生します。LeCHECKは、レビューや翻訳の機能以外にも、保管のための機能も搭載しています。キャビネットという保管機能を使えば、作成した契約書をクラウドで保管できるようになります。ファイルをアップロードするだけで保管ができるので、紛失の心配がありません。フォルダ内では、取引先や日付での検索ができ、探しているファイルがすぐに見つかります。
[table “keiyaku-review” not found /]

 
これは 契約書レビューの製品です。
契約書レビューの資料をダウンロード

LeCHECKの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

和文:¥ 40,000
英文(和文含む):¥ 55,000

無料トライアルあり(ユーザー数3名まで)

LeCHECKの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

LeCHECKの良い評判・口コミ

・操作性が高いため、不慣れな従業員でもすぐに使いこなすことができる
・契約書のレビューが一瞬でできるため、ストレスを感じることなく操作できる。
・英会話ができる程度の英語力があれば、英文契約書も作れる

LeCHECKのその他の評判・口コミ

・基本契約と個別契約で内容が違っているような形式の審査には向いていない
・1種類の契約書しか一度にレビューできないので、事前に内容を把握しなければならない
・キャビネの機能もあるが、容量が小さく、追加するとかなりの料金になる

LeCHECKを導入した結果に関する評判・口コミ

・どこの修正をしなければならないのかを、短時間で理解できるようになった
・契約書の書類レビューの時間が大幅に短縮され、作成が簡易化された
・AIが書類を自動でチェックしてくれるため、不安が少なくなった

 
これは 契約書レビューの製品です。
契約書レビューの資料をダウンロード