これは 契約書レビュー の製品です。
契約書レビューの資料をダウンロード

LawFlowとは?

LawFlow(ローフロー)とは、LawFlow株式会社が提供する契約書審査サービスです。弁護士が開発し、元裁判官が監修。AIによってリスクや抜け落ちを自動で検出して、詳細を解説します。修正や文書の比較といった機能が備わっているため、迅速で正確な契約書チェックを実現できるでしょう。

自社や業界のノウハウを保存して共有できます。ナレッジをいつでもチェックでき、新人も自然と自社の契約書チェック業務について学べることが魅力です。

さらにLawFlow(ローフロー)は、すべてのサービスを無料で利用できます。基本のスタータープランはもちろん、企業ユーザー限定のエンタープライズプランも無料です。コストをかけることなく、契約書チェックをおこなえます。

おすすめの類似契約書レビューツール

類似サービス: LegalForce

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

リスクの洗い出しを支援してくれる

レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

ほしい「条文」がすぐに見つかる

LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。

類似サービス: Hubble

(4.5)

                   
月額費用60,000円〜 無料お試し あり
初期費用 要お問合せ最短利用開始期間 要問い合わせ

Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

   

契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

契約書関連のコミュニケーションを可視化

Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

契約書の差分を把握

Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

類似サービス: LAWGUE

(4.5)

                   
月額費用要問い合わせ 無料お試し トライアルプランあり
初期費用 要お問合せ最短利用開始期間 要問い合わせ

LAWGUEとは、FRAIM株式会社が運営しているクラウド ドキュメント ワークスペースです。 契約書や開示文書などさまざまな種類の文書をクラウド上で管理して作成、検索などができ、業務の効率化を実現できることから一般企業だけではなく、法律事務所、官公庁、自治体などでも導入されている実績があります。

   

AIを活用した文書の作成と管理が可能に

LAWGUEでは、独自AIを活用によって、文書の作成と管理に関する課題を解消することができます。 キーワード検索はもちろん、AIによる類似文書のサジェストや類似条項のサジェストが可能なため、今まで見つけるのに時間をかけていた文書も簡単に検索することができ、検索にかけていた時間を大幅に短縮することができるようになります。

ナレッジの蓄積ができる

文書内のコメントがこまめに更新されることで、変更履歴がブラックボックス化してしまい、ナレッジの蓄積ができていなかったというケースも、LAWGUEであれば安心です。 LAWGUEでは、過去のやりとりを全てLAWGUE上に残すことができ、メールなどを介さずLAWGUE内でやりとりが完結するようになるため、ナレッジ、ノウハウの見える化が実現できます。

体裁の直しも効率化

LAWGUEには、特許技術の自動体裁補正機能が搭載されており、ずれた条番号やレイアウトの修正が自動的に完了します。 手作業で行なっていた修正業務が圧倒的に効率化され、空いた時間を別の業務に充てて生産性の向上が期待できます。

この製品は契約書レビューツールの製品です。

契約書レビューツールの製品をまとめて資料請求

LawFlowの特徴

特徴①幅広い契約への対応

LawFlow(ローフロー)では、スタータープランで43類型の契約に対応しています。たとえば機密保持契約や業務委託契約、コンサルティング契約、システム保守契約があげられるでしょう。エンタープライズプランなら必要な対応契約書を追加できます。

英語や中国語に対応しているため、海外取引での契約にも活用できるでしょう。LawFlow(ローフロー)だけで、さまざまな契約書チェックを行えることが魅力です。

特徴②修正作業と文書比較

LawFlow(ローフロー)では、修正作業の効率化を実現できます。所持している契約書や過去の取引を、テンプレートとして設定することが可能です。提携の契約条項はもちろん、企業特有の条項も比較してチェック。Word上でドラッグ&ドロップするだけで、条項の一括編集がおこなえます。さらに自社のテンプレートや過去のバージョンと比較でき、変更点をハイライトで表示。締結する契約書とレビュー後の契約書が合致するか、簡単にチェックできます。

特徴③情報漏えいの防止

LawFlow(ローフロー)では契約書ごとに制限を設定できます。閲覧できるユーザーを指定することが可能です。一部の機密性の高い契約書を見せないようにしたまま、一般社員を契約審査フローに関わらせることもできるでしょう。

さらにLawFlow(ローフロー)では、SSL通信により安全に契約書のやり取りができます。アップロードした契約書を、悪意ある第三者から守ることが可能です。

[table “keiyaku-review” not found /]
 
これは 契約書レビューの製品です。
契約書レビューの資料をダウンロード

LawFlowの料金・価格

初期費用

無料

月額費用

無料

LawFlowの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

LawFlowの良い評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

LawFlowのその他の評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

LawFlowを導入した結果に関する評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

 
これは 契約書レビューの製品です。
契約書レビューの資料をダウンロード