目標管理ツールのおすすめ7選を徹底比較

 
これは 目標管理 の製品です!
目標管理の製品資料を一括ダウンロード

目標管理とは?

目標管理とは、組織と個人の目標を連動し、社員一人ひとりが自分の目標を管理、達成することで組織としての目標達成につながることを目的としたマネジメント手法です。

プロジェクトを進めていく上で、個人としての目標を設定していくことは多くの企業で取り入れられていましたが、個人の目標が組織の目標と連携していないケースもあり、個人目標の達成が企業が求めるビジョンの実現につながっていないこともありました。

目標管理の代表的なフレームワークとしては、「MBO」と「OKR」が多くの企業で取り入れられています。

MBO

MBO(Management by Objectives)は、日本でも多くの企業が取り入れている目標管理の手法です。

個人やチームごとに目標を設定し、その達成度によって評価が決まります。

MBOでは「売上をアップする」といった曖昧な目標ではなく、具体的な目標を設定することが重要です。

また、自分のレベルを大幅に超えたような目標を設定することも推奨されていません。

その他にも、時間軸を設定することや、目標達成のためにどのような方法を取り入れるかといった点も重要です。

MBOは、上司による細かい管理が必要となるため、マネジメント力が低い管理者の場合、達成度が曖昧になってしまうことがあります。

OKR

OKR(Objective Key Results)は、目標に対する達成度を評価する手法で、日本企業でも近年取り入れる企業が増えてきました。

定量的な成果指標をいくつかの要素に分解し、進捗を管理します。

企業としての目標と成果指標を設定した上で、リンクするようにチームや個人ごとの目標や成果指標を設定することで、達成までのプロセスが見えるようになります。

おすすめの目標管理ツール

類似サービス: HRBrain

(4.5)

月額費用 要見積もり 無料お試し 7日間無料
初期費用 要見積もり 最短導入期間 最短即日〜

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

人事評価を効率化

HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

最適な人材配置が可能になる

人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

類似サービス: JOB Scope

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

JOB Scopeは、人が主役のジョブ型人事クラウドサービスです。 社員が将来の成長を自ら考え、キャリアデザインできる人事システムとして、従来の評価主体のシステムとは違う角度のサービスとして注目を集めています。

リスキリングによるキャリア形成の提案が行える

社員のキャリアマネジメント・再スキル学習(リスキリング)の方向性や項目を、人工知能が明らかにしてくれるため、将来のキャリア形成の参考にすることができます。

経営戦略を実現する組織定義・職務定義が行える

企業理念から人財配置まで、首尾一貫した組織戦略を行うことが可能です。 経営ビジョンや、事業戦略実現のために必要な職務の定義をし、ジョブ型人事制度を体系化することで、職務と成果責任が明確化され、社員のキャリア形成と組織の成長が実現されます。

課題を解決し、競争力のある部門へと変革できる

部門単位での課題を明らかにし、課題解決のために最適な社員を割り当てることが可能になります。 それにより、社員一人ひとりの成長はもちろん、競争力のある部門へと変革を図ることが実現されます。

類似サービス: CYDAS PEOPLE 目標管理

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

CYDAS PEOPLE 目標管理とは、株式会社サイダスが運営しているタレントマネジメントシステムです。 今の目標・評価制度をそのままシステム化でき、導入時に煩雑な設定作業も発生しません。 Excelとの親和性も高いため、Excelを活用した目標管理を行なっている企業にもおすすめです。

       

今の目標・評価制度をそのままシステム化

CYDAS PEOPLE 目標管理は、導入企業が運用している目標・評価制度をそのままシステム上で再現することができます。 紙やExcelシートをそのままシステム化でき、柔軟性に優れているため、企業ごとの複雑な制度であっても、変更する必要がありません。

すぐに使える状態で提供

システムを導入してから企業側で社員情報や制度を入力していたのでは、スムーズな運用はできません。 CYDAS PEOPLE 目標管理は、あらかじめ社員情報などを入力した状態で提供してくれるため、人事の方で設定作業を行う必要がありません。

Excelとの親和性が高い

Excelで作成した評価情報を、CYDAS PEOPLE 目標管理に取り込むことが可能です。 また、Excel形式で出力することができるため、紙に印刷して活用することはもちろん、添付データとして共有することもできます。

この製品は目標管理ツールの製品です。

目標管理ツールの製品をまとめて資料請求

目標管理ツールを導入するメリット

モチベーションアップにつながる

目標管理を取り入れることで、曖昧だった目標が可視化され、何をすれば良いのかがわかるようになり、社員のモチベーションアップにつながります。

設定した目標を達成することで、人事評価で良い評価を得られるだけでなく、会社への貢献にもつながるため、社員側だけでなく、企業側にもメリットがあります。

評価が明確化する

目標管理を取り入れることで、社員ごとに目標やその達成度が明確となります。

目標を達成した社員が正当に評価されるようになるため、評価に対する姿勢にも変化が期待できます。

組織力の強化につながる

目標管理は、企業としての目標と個人の目標を連動させるため、目標達成のために組織力を強化することができます。

社員の意識を統一することで、目標達成に向けて一丸となって取り組むことができるため、職場の雰囲気改善につながる点もメリットです。

自己管理が強化される

社員自身が目標を立て、それを達成するためにはどれくらいの進捗で業務を進める必要があるのかを理解することで自己管理を強化することができます。

自ら立てた目標に対して、積極的に管理を進めていくことで、社員の主体性が育ち、人材育成につながる点もメリットです。

目標管理ツールの選び方

導入目的にマッチしているか

目標管理ツールは、目標を達成するためのサービスと、人事制度を運営するためのものに大別されます。

自社の導入目的と目標管理ツールのタイプが合っていないと、自社が望む効果が得られない場合があります。

社員の目標達成をサポートしたい場合は、目標達成用のツールを、目標管理を通して人事評価に活かしたい場合は人事制度運営用のツールを導入すると良いでしょう。

自社のワークフレームにあっているか

目標管理の手法としては、MBOとOKRが代表的とされています。

MBOやOKRを取り入れているといっても、企業によって目標設計や進捗の共有、コミュニケーション方法などが異なるため、目標管理ツールをする際は、現在の運用を踏襲できるかを確認しましょう。

おすすめの目標管理ツール7選

ざんまいクラウド

特徴

ざんまいクラウドとは、株式会社K2インフィニティーズが運営している人事評価システムです。

短期間で導入でき、コスト面にも優れています。

評価シートや目標管理シートなど、テンプレートの種類が多いため、初めて人事評価システムを導入するという方にもおすすめです。

シートを使う月だけ料金が発生するため、必要最低限のコストで運用することができます。

料金

  • 初期費用:30,000円
  • 基本料金:100円〜/アカウント
  • 無料トライアル:90日間

※価格情報は2023年12月現在のもの

HRBrain

特徴

HRBrainは、タレントマネジメントシステムとして豊富な導入実績があります。

人事評価から人材管理までを1つのシステムで完結させることができます。

目標管理やスキル管理、人事評価、タレントマネジメントといった人事業務における幅広い領域をカバーすることが可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2023年12月現在のもの

CYDAS PEOPLE 目標管理

特徴

CYDAS PEOPLE 目標管理は、株式会社サイダスが運営している目標管理向けのシステムです。

自社で運用している目標・評価制度を変更することなく移行することができ、煩雑な作業も発生しません。

Excelをそのままシステム化することができるため、企業独自の制度がある場合でも、変更する必要がありません。

今後、目標管理を導入したいという場合でも、丁寧にサポートしてくれる体制があるため、安心です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※価格情報は2023年12月現在のもの

カオナビ

特徴

カオナビとは、顔写真を活用した人材管理ができるタレントマネジメントシステムです。

テレワークなどの相手の顔が見えない状態でも、顔写真を用いて人材管理や目標管理が行えるため、情報と人材を紐づけて管理することができます。

企業規模を問わず、幅広い企業から導入されている実績があります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:要問い合わせ
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2023年12月現在のもの

Resily(リシリー)

特徴

Resilyは、シンプルにOKRを管理することができる目標管理システムです。

OKR手法による目標管理での進捗管理を可視化し、目標達成までのプロセスを見通しやすくなります。

OKRをこれから取り入れたいという企業はもちろん、OKRを取り入れているが、なかなか社内に神道しないという方にもおすすめとなっています。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額費用:1,500円〜/人
  • 無料トライアル:20日間

※価格情報は2023年12月現在のもの

Goalous(ゴーラス)

特徴

Goalousは、SNSライクに利用することができる目標管理ツールです。

社内SNSを取り入れ、情報を共有し、組織を通した目標管理を実現します。

また、目標進捗を見える化することで、意識向上などにもつながります。

料金

  • 初期費用:要見積もり
  • 月額費用:30,000円
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2023年12月現在のもの

banto(バントウ)

特徴

bantoは、目標管理における進捗管理を効率化することができるクラウドサービスです。

PCはもちろん、スマートフォンにも対応しており、手軽に移動先や自宅からでも日報を提出することができます。

また、日報を提出していない人に対しては、チャットボットが自動で催促してくれるため、管理者の業務を効率化することが可能です。

目標管理における管理業務を効率化したいという方におすすめのサービスとなっています。

料金

  • 初期費用:19,800円
  • 月額費用:300円/人
  • 無料トライアル:あり

※価格情報は2023年12月現在のもの

まとめ

目標管理について解説しました。

目標管理に取り組むことで、従業員一人ひとりの成長が企業の成長につながるため、まだ目標管理を取り入れていないという場合は、積極的にツールの導入も併せて検討してみると良いでしょう。

 

その他の関連する記事