これは 目標管理 の製品です。
目標管理の資料をダウンロード

KAKEAIとは?

Kakeaiは1on1や連続的な面談で発生しがちな物理的・心理的負担を減らしつつ、双方のコミュニケーションスキルやマネジメント力へ依存することなく、その質を引き上げる1on1ミーティングツールです。
リモートワークやテレワークを導入する企業を中心に1on1ミーティングを実施する事例が増えていますが、「いつも同じ話でつまらない」「話すことがない」「結局、業務指示と報告の場になっている」といった声もよく聞かれます。

Kakeaiがあればマネジャーやメンター個々人の力量に依存することなく、効果的な1on1ができるようになるという特徴があります。

おすすめの目標管理ツール

類似サービス: HRBrain

(4.5)

月額費用 要見積もり 無料お試し 7日間無料
初期費用 要見積もり 最短導入期間 最短即日〜

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

人事評価を効率化

HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

最適な人材配置が可能になる

人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

類似サービス: JOB Scope

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

JOB Scopeは、人が主役のジョブ型人事クラウドサービスです。 社員が将来の成長を自ら考え、キャリアデザインできる人事システムとして、従来の評価主体のシステムとは違う角度のサービスとして注目を集めています。

リスキリングによるキャリア形成の提案が行える

社員のキャリアマネジメント・再スキル学習(リスキリング)の方向性や項目を、人工知能が明らかにしてくれるため、将来のキャリア形成の参考にすることができます。

経営戦略を実現する組織定義・職務定義が行える

企業理念から人財配置まで、首尾一貫した組織戦略を行うことが可能です。 経営ビジョンや、事業戦略実現のために必要な職務の定義をし、ジョブ型人事制度を体系化することで、職務と成果責任が明確化され、社員のキャリア形成と組織の成長が実現されます。

課題を解決し、競争力のある部門へと変革できる

部門単位での課題を明らかにし、課題解決のために最適な社員を割り当てることが可能になります。 それにより、社員一人ひとりの成長はもちろん、競争力のある部門へと変革を図ることが実現されます。

類似サービス: CYDAS PEOPLE 目標管理

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

CYDAS PEOPLE 目標管理とは、株式会社サイダスが運営しているタレントマネジメントシステムです。 今の目標・評価制度をそのままシステム化でき、導入時に煩雑な設定作業も発生しません。 Excelとの親和性も高いため、Excelを活用した目標管理を行なっている企業にもおすすめです。

       

今の目標・評価制度をそのままシステム化

CYDAS PEOPLE 目標管理は、導入企業が運用している目標・評価制度をそのままシステム上で再現することができます。 紙やExcelシートをそのままシステム化でき、柔軟性に優れているため、企業ごとの複雑な制度であっても、変更する必要がありません。

すぐに使える状態で提供

システムを導入してから企業側で社員情報や制度を入力していたのでは、スムーズな運用はできません。 CYDAS PEOPLE 目標管理は、あらかじめ社員情報などを入力した状態で提供してくれるため、人事の方で設定作業を行う必要がありません。

Excelとの親和性が高い

Excelで作成した評価情報を、CYDAS PEOPLE 目標管理に取り込むことが可能です。 また、Excel形式で出力することができるため、紙に印刷して活用することはもちろん、添付データとして共有することもできます。

この製品は目標管理ツールの製品です。

目標管理ツールの製品をまとめて資料請求

KAKEAIの特徴

特徴①マネジャーは事前に心の準備ができ、入力がリアルタイムで確認可能

1つ目の特徴は、マネジャーは事前に心の準備ができ、入力がリアルタイムで確認可能なことです。
メンバーが、どんなことについて話したいと考えていて、自分にどんな対応を求めているのかわからないことも多くあるでしょう。
その様な際に、事前に具体的なアドバイスを求めているのか、一緒に考えて欲しいのかといったことを事前に知ることができ、スムーズに質の高い1on1を実施できます。

また、オンライン会議システムでは、不要でビデオ通話機能が搭載されているだけでなく、共通のメモスペースは共同で作業可能であり、お互いに入力情報がリアルタイムで確認可能です。
仕事の話からキャリアの話、プライベートの話といった、すべての会話の認識がずれなく行えます。

特徴②効果の高い1on1が完結

2つ目の特徴は、効果の高い1on1が完結できることです。
1on1のスケジューリング機能や面談記録といった基本的な機能だけでなく、部下が次回の1on1で話したいトピックを事前に選べる機能があります。
「上司にこんなことを聞いてほしい」というテーマを選べるため、部下が上司になかなか伝えづらいことでも、テーマを通じて話し合うことが可能です。
またビデオ通話機能も内蔵されているため、Zoomなどのオンライン会議ツールを使用しなくてもKAKEAIだけで1on1を完結できます。

特徴③事前準備が簡単

3つ目の特徴は、事前準備が簡単なことです。
事前準備は非常に簡単であり、日程を決めて会話したい「トピック」と、「マネジャーに求める対応」を選択するだけで完了です。
具体的なアドバイスをもらいたい、一緒に考えて欲しい、ただ話を聞いてもらいたい、意見が欲しい、状況を報告したいというものです。
難しいものについては「マネジャーに求める対応」を遠慮することなく選択でき、1on1を自分のために使う時間に変えられます。
[table “mbo” not found /]

 
これは 目標管理の製品です。
目標管理の資料をダウンロード

KAKEAIの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

KAKEAIの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

KAKEAIの良い評判・口コミ

・メンバーごとの成長の実感も把握することができます。 ・スケジュール設定だけでなく、実施もオンラインビデオツールが用意されているので画面遷移が少なくて良い。

KAKEAIのその他の評判・口コミ

・ビデオツールはこちらのネットワーク環境にも原因があるかもしれないが、画質が安定しない。

KAKEAIを導入した結果に関する評判・口コミ

・どんな1on1にしたいかを最初に確認したりして、仕事の以外の話をようやくできるようになりました。
・1on1実施のきっかけづくりには適したツールと思う。共通の画面を使って、事前に話したいことを書き出したり相手と共有したりすることで、1on1実施時にあわてなくて済みました。

  • 満足度

    無駄な1on1を実施しなくて済みます

    良い点

    トピックを設定してそれに沿って1on1を実施できるところです。

    改善点

    ツール独自のオンライン会議ツールはやや安定性に欠けます。

    導入して改善できた課題や効果

    ツール導入の一番の効果は、毎回しっかりとトピックを決めてそれについて集中して会話をするようになったことです。弊社では定期的な1on1のスケジュールが組まれていますが、話す内容など準備していないと無駄な時間になってしまうので、有意義な時間に変わったという点では導入してよかったです。

  • 満足度

    曖昧な1on1から脱却できる手助けになります

    良い点

    毎回議題に集中できるようになったこと。

    改善点

    今のところありません。

    導入して改善できた課題や効果

    正直ツールがなくても1on1自体は実施できますが、方法の確立や取り決めをしておかないと形骸化してしまい、あまりやる意味がなくなってしまいます。Kakeai導入後は毎回話したいトピックをしっかりと定めてから実施するようになり、日々の仕事でどう落とし込むか、次回までにお互い何をしておくべきかなど具体的なコミュニケーションができるようになりました。

 
これは 目標管理の製品です。
目標管理の資料をダウンロード

その他の関連する記事