これは 目標管理 の製品です。
目標管理の資料をダウンロード

TeamUpとは?

TeamUpは、対話とフィードバックを重視するクラウド1on1ツールです。
効率的な実施フローとデータ活用により、1on1を定着させます。
社内の1on1を可視化し、タイムリーに社員の状態把握を可能にし、人事・経営陣も含めたフォローアップ・育成が可能です。
対話の質向上や非効率の解消、実施状況把握、定着の問題を解決します。ログごとに共有者を設定し、テンプレートのカスタマイズも可能。
自由なペアでの1on1も実現。部署ごとの実施状況を分析し、定着を支援。予定の一括作成や繰り返しも可能で、ログへのコメントや外部ツール連携(Slack、Googleカレンダー、Outlook)もサポートします。

おすすめの目標管理ツール

類似サービス: HRBrain

(4.5)

月額費用 要見積もり 無料お試し 7日間無料
初期費用 要見積もり 最短導入期間 最短即日〜

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

人事評価を効率化

HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

最適な人材配置が可能になる

人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

類似サービス: JOB Scope

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

JOB Scopeは、人が主役のジョブ型人事クラウドサービスです。 社員が将来の成長を自ら考え、キャリアデザインできる人事システムとして、従来の評価主体のシステムとは違う角度のサービスとして注目を集めています。

リスキリングによるキャリア形成の提案が行える

社員のキャリアマネジメント・再スキル学習(リスキリング)の方向性や項目を、人工知能が明らかにしてくれるため、将来のキャリア形成の参考にすることができます。

経営戦略を実現する組織定義・職務定義が行える

企業理念から人財配置まで、首尾一貫した組織戦略を行うことが可能です。 経営ビジョンや、事業戦略実現のために必要な職務の定義をし、ジョブ型人事制度を体系化することで、職務と成果責任が明確化され、社員のキャリア形成と組織の成長が実現されます。

課題を解決し、競争力のある部門へと変革できる

部門単位での課題を明らかにし、課題解決のために最適な社員を割り当てることが可能になります。 それにより、社員一人ひとりの成長はもちろん、競争力のある部門へと変革を図ることが実現されます。

類似サービス: CYDAS PEOPLE 目標管理

(4.5)

月額料金 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

CYDAS PEOPLE 目標管理とは、株式会社サイダスが運営しているタレントマネジメントシステムです。 今の目標・評価制度をそのままシステム化でき、導入時に煩雑な設定作業も発生しません。 Excelとの親和性も高いため、Excelを活用した目標管理を行なっている企業にもおすすめです。

       

今の目標・評価制度をそのままシステム化

CYDAS PEOPLE 目標管理は、導入企業が運用している目標・評価制度をそのままシステム上で再現することができます。 紙やExcelシートをそのままシステム化でき、柔軟性に優れているため、企業ごとの複雑な制度であっても、変更する必要がありません。

すぐに使える状態で提供

システムを導入してから企業側で社員情報や制度を入力していたのでは、スムーズな運用はできません。 CYDAS PEOPLE 目標管理は、あらかじめ社員情報などを入力した状態で提供してくれるため、人事の方で設定作業を行う必要がありません。

Excelとの親和性が高い

Excelで作成した評価情報を、CYDAS PEOPLE 目標管理に取り込むことが可能です。 また、Excel形式で出力することができるため、紙に印刷して活用することはもちろん、添付データとして共有することもできます。

この製品は目標管理ツールの製品です。

目標管理ツールの製品をまとめて資料請求

TeamUpの特徴

特徴① 事前準備でスムーズに話し合いができる

トピックの事前提出機能を活用することで、部下の考えていることが事前に上司と共有されます。
これにより、上司はトピックの内容を基に準備をし、1on1が初めてでも、部下の話題を重視した会話ができるようになります。
この機能によって、効果的なコミュニケーションが促進され、より生産的な1on1が実現します。

特徴② テンプレートを選んで自動予定作成

TeamUpの一括設定機能により、ログの作成や予定の調整など、手間のかかる複雑な作業が簡略化されました。
テンプレートを用意し、定期的な予定を設定することで、特定の頻度で予定が自動的に作成されるようになります。
この便利な機能により、効率的な業務が可能となり、時間の節約にも繋がります。

特徴③ 情報を共有して効率アップ

TeamUpのログでは、細かい共有設定が可能であり、これによって重要な情報を適切な範囲で共有できるため、情報の隠匿を防ぎます。
これにより、現場の状況をリアルタイムで把握し、複数人で連携しながら、細かい組織改善を迅速に実施できるようになります。
この機能によって、意思疎通が円滑に行え、効率的なチーム作業が可能となります。
[table “mbo” not found /]

 
これは 目標管理の製品です。
目標管理の資料をダウンロード

TeamUpの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

TeamUpの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

TeamUpの良い評判・口コミ

・会話の推移を履歴から把握可能で、変化を観察できる利点があります。
・定期配信が当たり前になり、時間をかけてメンバーの話を聞けるようになります。
・1on1での会話履歴が残り、健康や悩み事を時系列で把握し、問題解決に役立ちます。

TeamUpのその他の評判・口コミ

・1on1ログの解析機能があると便利です。
・能動的な1on1を行う際、TeamUp内のスケジュールしか登録できません。Outlookなど他のカレンダーと連携できると嬉しいです。
・現在はSlackとの連携が可能ですが、他の外部コミュニケーションツールとの連携も望ましいです。

TeamUpを導入した結果に関する評判・口コミ

・TeamUpを導入してから、1on1がただの報告業務になることはなくなりました。テーマと目的を明確にし、前回の振り返りや次のステップ、仕事上の障壁など、具体的で有意義な時間に変わりました。
・フルリモートでの作業では、オフライン時よりもメンバーを見る機会が少なくなりました。1on1がメンバーの体調やモチベーションを知る重要な場となりました。
・以前は業務の話だけでしたが、TeamUpを使って業務以外の悩みや健康状態なども定期的に確認できるようになりました。

  • 満足度

    1on1が有意義な時間に変わりました

    良い点

    会話の履歴からどのように変化があったといった経過観察ができるところ。

    改善点

    1on1に特化していてシンプルなので特にこれ以上は求めていません。

    導入して改善できた課題や効果

    1on1がただの報告業務になってしまっている面もありましたが、TeamUpを導入してしっかりとテーマと目的を決めてから実施するようになったことで、前回からの振り返りから次のステップ、仕事をするうえでのちょっとした障壁の話など、かなり具体的で有意義な時間に変わりました。

  • 満足度

    しっかり準備をしてから1on1を実施するようになります

    良い点

    1on1のログをしっかり残せる機能が便利です。

    改善点

    特になし。

    導入して改善できた課題や効果

    今までは1on1会話した内容や決まったことをきちんと管理する仕組みがなかったので、やる意味や効果が曖昧なところもありました。やはりこういった専用のツールで情報を管理することで、次の1on1ではどんなことを話そうか、また何を決めるかといった事前準備をするようになります。

 
これは 目標管理の製品です。
目標管理の資料をダウンロード

その他の関連する記事