これは 目標管理 の製品です。
目標管理の資料をダウンロード

nanotyとは?

nanotyは、クラウド型の日報管理サービスであり、日報をデジタル化し、テンプレート活用やフィードバック機能を提供することで、社員のコミュニケーション向上と情報共有を促進します。
現場の実態把握や社員同士の交流、感謝の気持ちを伝える機能も備えています。
さらに、タスク機能や集計機能により、業務管理や改善に役立つデータの収集・分析が可能です。
このサービスは、日報を通じて社内コミュニケーションを円滑にし、業務の品質と生産性を向上させることを目的としています。

nanotyの特徴

特徴① 日報を通じた社内コミュニケーションの活性化

nanotyは、日報の投稿だけでなく、他のメンバーが読んでリアクションを示したりフィードバックのメッセージを送ったりできる機能があります。
例えば、日報に「がんばれ!」マークをつけて、応援の気持ちを伝えることができます。
このため、コミュニケーションの機会が限られている企業でも、メンバー同士の交流が活発化します。
また、コミュニティ機能やサンクスポイント機能を使って、感謝の気持ちを表現することもできます。
これらの機能は、社員のモチベーションやエンゲージメントを高める効果があります。
nanotyを活用することで、より効果的なチームコミュニケーションが可能になります。

特徴② 作業時間の集計・可視化による業務管理・改善の支援

nanotyでは、作業内容や場所、時間などを詳細に入力する「明細」という機能があります。
この明細を入力することで、全社員の仕事量を一覧で確認できるため、負担がどこに集中しているのかを把握し、改善につなげることができます。
また、集計はボタンひとつで簡単に行えるので、手間がかかりません。
そのため、作業工数を効率的に数値化したい企業にとってはnanotyが適しています。
さらに、タスク管理や目標設定などの機能を使って、業務の進捗や成果を効果的に管理・評価できます。
これらの機能は、業務の品質と生産性を向上させる効果があります。

特徴③ クラウド型サービスの利便性とセキュリティの高さ

nanotyはクラウド型サービスなので、インターネットがあればどこからでもアクセス可能です。
これにより、在宅勤務や出張など、社外からでも日報の記入や確認ができます。
さらに、データは自動的にバックアップされるので、紛失や破損の心配がありません。
また、nanotyはISO27001やISMS認証などの国際的なセキュリティ基準に準拠し、データは暗号化されて安全に保管されます。
そのため、情報漏洩や不正アクセスのリスクが低減されます。
nanotyは、クラウド型ならではの利便性と高いセキュリティを兼ね備えたサービスです。
どこからでも安全に利用できるため、効率的な業務管理が可能です。

[table “mbo” not found /]
 
これは 目標管理の製品です。
目標管理の資料をダウンロード

nanotyの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

スモールプラン:12,000円/社/月
ミディアムプラン:26,000円/社/月
ラージプラン:50,000円/社/月

15日間無料トライアルあり

nanotyの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

nanotyの良い評判・口コミ

・「nanoty」は日報を全員で共有し、SNS的な要素が多く取り入れられており、特に若い世代のモチベーション管理に役立ちます。
・nanotyを使うことで、社内の情報共有が簡単になり、現場の声を集めやすくなりました。
・「nanoty」は情報の共有に役立つ、とても重要なツールです。

nanotyのその他の評判・口コミ

・年配の社員はITリテラシーのレベルによって導入に時間がかかる場合があります。
・nanotyの活用において、IT世代の積極的な参加だけでなく、管理者も使いこなせるようにする必要があります。

nanotyを導入した結果に関する評判・口コミ

・知識の共有がスムーズにでき、重複質問の効率の悪い作業がなくなります。
・nanotyは初期費用が不要で、利用料のみで使えるため、コスト面でも助かります。
・日報機能で社員の行動をまとめ、共有することで、コミュニケーションの円滑化や業務効率化に役立っています。

  • 満足度

    社内コミュニケーションツールとしても使えます

    良い点

    社員同士がいいねをつけ合うシステム。

    改善点

    入力中の誤操作で最初からやり直しが発生すると非常に面倒なので、文章の自動保存機能が欲しいです。

    導入して改善できた課題や効果

    このツールを利用するようになってからは、社員一人ひとりが記入し、集計するだけの日報からチーム間での情報共有、コミュニケーションの手段として日報が活用されるようになりました。社員同士でそれぞれの業務に対していいねをつけるシステムもコミュニケーション活性化に役立っていると思います。

  • 満足度

    ナレッジ共有にも活用できます

    良い点

    日報情報を可視化して実際の業務に活かせるようになります。

    改善点

    入力内容の自動保存や途中でも消えない機能があると嬉しい。

    導入して改善できた課題や効果

    日報から業務の進み具合や次に必要なアクションなどが見えやすくなりました。一度入力した情報をデータとして残すことができ、検索もできるので、ナレッジ共有という点でも活用できます。

 
これは 目標管理の製品です。
目標管理の資料をダウンロード

その他の関連する記事