これは 契約管理の製品です。
契約管理の資料をダウンロード

freeeサインとは?

freeeサインは、弁護士による監修のもと契約業務における煩雑な業務をたった一つで完結させることのできる電子契約サービスです。
時間や手間、印紙にかかる費用、紛失や修正など、契約業務のさまざまな課題から従業員のみなさんを解放することができます。
安心・安全のクラウドサービスで、テレワークにも最適です。

文書の作成依頼からレビュー、承認にいたるまで、クラウド上で完結。もう社内承認でのタイムロスやコミュニケーションに悩むことはありません。
履歴やコメントを残すことも可能で、コンプライアンスと内部統制の強化にも効果が期待できます。

契約管理のおすすめ製品

LegalForceキャビネ

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約書管理をサポートする「AI契約書管理システム」です。 契約書全文がテキストデータ化され、契約書に含まれる情報の自動抽出ができます。 契約書の更新期限の管理も可能で、アラートをメールで知らせてくれます。 これまで、契約書を探す作業の煩雑さや、管理台帳への入力・契約更新期限の管理に悩んでいた企業におすすめです。

契約書の基本情報を自動で抽出・登録できる

「LegalForceキャビネ」最大の特徴は、紙の契約書を簡単にテキストデータ化できる点です。 アップロードするだけで、契約書の内容を自動で抽出してくれるので、手入力の手間が省け、入力ミスが削減され、業務効率が格段に向上します。

契約の更新期限を自動的に教えてくれる

契約更新期限をリマインドしてくれる機能も大きな特徴です。 AIが、契約の終了/更新に関する期日を自動で計算し、メールでリマインドしてくれるので、不要な契約の更新や、重要な契約の終了を防止できます。

契約書を全文検索できる

「LegalForceキャビネ」では、全⽂テキストデータ化されるため、契約書に含まれる単語から契約書を検索することができます。確認したい条⽂に直接たどり着けるので、該当部分を探す⼿間を削減し、業務効率も向上することでしょう。

OPTiM Contract

(4.5)

月額費用0円〜無料お試しあり
初期費用0円〜最短導入期間要問い合わせ

OPTiM Contractとは、株式会社オプティムが提供している契約書管理システムです。 初期費用が掛からず低額から利用でき、電子帳簿保存法に対応した形式での電子契約を保管することができます。

作業時間・コストを大幅に削減

OPTiM Contractはその高い導入効果が魅力的です。 契約書管理を効率化する豊富な機能で、紙やExcelで契約書を管理していた際に比べて、作業時間を90%削減、年間でおよそ350時間の削減効果が期待できます。

契約書管理にかかる手間を効率化

OPTiM Contractは、AIによる管理台帳の自動作成ができるため、これまで手作業で行なっていた台帳記入業務を大きく効率化することが可能となります。 契約書をアップロードするだけで、契約書名や取引先企業名、取引金額などをAIが抽出して自動で管理台帳を作成してくれるため、複雑な操作は必要ありません。

OCRによるテキスト化が可能

OPTiM ContractにはOCRが搭載されており、スキャンした契約書のテキストデータ化が可能です。 OCRは、手動でデータ化する手間を効率化することができる反面、文字の読み取り精度や対応している形式に制限があり、契約書によってはテキストデータ化が難しい場合があります。

Hubble

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試しあり
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

Hubbleとは、社内の全ての契約書を一元管理することができる契約書管理クラウドサービスです。進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業がワンストップで実現できます。「契約業務の属人化が発生している」、「交渉経緯がわからない契約書がある」、といった課題を抱えている方におすすめです。操作性にも優れています。

契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

契約書関連のコミュニケーションを可視化

Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

契約書の差分を把握

Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

契約管理の製品をまとめて資料請求

freeeサインの特徴

契約書管理としても利用できる

freeeサインは締結した契約書を管理し、検索によって簡単にアクセス可能です。
契約書に入力する項目を検索項目として使うことが可能なため、探し出す手間が大幅に軽減されます。
紙で交わす契約書においても、PDF化し一元管理可能なため、紙で交わした契約書のデータも保存し管理したいと検討している場合にも役に立ちます。
関連契約書の管理や有効期限のリマインド設定も可能なため、契約書の管理を効率化することが可能です。

ワークフロー機能が充実している

freeeサインでは、ワークフロー機能のレベルが高いことも特徴です。
作成の依頼やレビュー依頼、承認依頼が可能であり、作成した人や承認した人が、誰でどんな内容を書いたのかなどを履歴として確認することができます。

それぞれの契約書に承認ルートが作れるため、テンプレートとして保管しておくことが可能であり、確認漏れが起きる心配がなく、業務を効率化できます。
メッセージの送受信履歴および契約書のコメントを残しておくことができますので、組織の内部体制を強化したい場合でも重宝できる機能です。

Googleドキュメントで編集可能

freeeサインでは、Googleドキュメントで契約書の編集が可能です。
他にも電子契約サービスは多く存在しますが、Googleドキュメントでの編集はできないことが多いです。
そのため、他の電子契約サービスを利用した場合、多少テンプレートに変更が発生してしまうと、再びテンプレートをWordやExcelで作り直し、PDFでアップロードしなければならず手間が発生してしまうため、この機能はかなり画期的です。
また、Googleドキュメントで作った書類は契約相手または社外の人に対しfreeeサインの画面上で送り、契約内容の修正も可能なため、契約先の相手にかかる負担も軽減できます。

[table “keiyaku-kanri” not found /]

これは 契約管理の製品です。
契約管理の資料をダウンロード

freeeサインの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

無料プラン
スタータープラン:¥1,280/月(年払い ¥980/月)
Lightプラン:¥5,980/月(年払い ¥4,980/月)
Light Plusプラン:¥23,800/月(年払い ¥19,800/月)
Pro/Pro Plusプラン:¥60,000〜/月(年払い ¥50,000〜/月)

無料プラン:アカウント数1、送信数1通
スタータープラン:アカウント数1、送信数10通
Lightプラン:アカウント数1、送信数50通
Light Plusプラン:アカウント数6、送信数無制限
Pro/Pro Plusプラン:アカウント数要相談、送信数無制限

freeeサインの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

freeeサインの良い評判・口コミ

・月額利用料金のみで使えるため、コストをかけずに利用できる。
・契約書類の各種手続きがオンラインで全て完結するため導入しやすい。
・セットアップが簡単で、スマートフォンやパソコンからいつでもアクセスでき便利。

freeeサインのその他の評判・口コミ

・PDFの状態でフォーマットを確定し、アップロード、印刷位置を差し込んでいくのに手間がかかる。
・回線に依存するのかもしれないが、大容量ファイルのアップロード、ダウンロードのスピードが遅い。
・サポートのレスポンスが少し遅い場合があり、不便に感じる。

freeeサインを導入した結果に関する評判・口コミ

・締結済みの契約書を探す際も、以前は法務管轄のキャビネットからわざわざファイルを手に取って探していましたが、freeeサイン導入後は契約書の検索も簡単になりました。
・電子契約を導入したことにより紙の場合にかかっていた時間がカットされ、契約合意当日に契約締結まで行えるようになりました。
・コロナ禍で取引先とのオンライン契約のために「freeeサイン」を導入しましたが、業務プロセスが効率化され、時間を節約できました。

  • 満足度

    簡単に電子契約を導入できます

    良い点

    見やすい画面とわかりやすい操作性でペーパーレスの契約提携を実現できます。

    改善点

    テンプレートの種類増加とカスタマイズのしやすさ。

    導入して改善できた課題や効果

    会計ソフトでfreeeを導入しており、同社のサービスなのでセキュリティ面でも安心というのが導入の大きな理由の1つです。また、使い慣れたfreeeと操作性や見た目が似ていて、新たなシステム導入でもスムーズに運用開始できました。

  • 満足度

    契約業務の大幅な時短になります

    良い点

    電子契約に特化していて、複雑な操作や余計な機能がないところが気に入っています。

    改善点

    テンプレートの調整に時間がかかることです。

    導入して改善できた課題や効果

    契約書作成から締結完了までのスピードは、製本して郵送などを行っていた時期と比べて比較にならないくらい早くなっています。また、契約更新のアラートや締結した契約書の管理など全て1つのシステム上でできるので、書類の紛失リスクや更新漏れなども発生しなくなりました。

これは 契約管理の製品です。
契約管理の資料をダウンロード

契約管理の製品比較

LFチェッカー

LFチェッカー

月額費用9,000円

LFチェッカーとは、株式会社LegalOn Technologiesが運営しているAI契約書チェックサービスです。シンプルな機能で操作性に優れており、AIが手間のかかる契約書チェック作業をサポートしてくれます。

無料お試し要問い合わせ

鈴与の契約書管理システム

鈴与の契約書管理システム

月額費用28,000円〜

鈴与の契約書管理システムとは、鈴与株式会社が運営しているクラウド型の契約書管理システムです。Web上で契約情報の確認や、PDFなどのデータ登録、期日管理などが可能で、システム上から手軽に契約書情報を検索することができるようになります。

無料お試し要問い合わせ

OPTiM Contract

OPTiM Contract

月額費用0円〜

OPTiM Contractとは、株式会社オプティムが提供している契約書管理システムです。 初期費用が掛からず低額から利用でき、電子帳簿保存法に対応した形式での電子契約を保管することができます。

無料お試しあり

Hubble

Hubble

月額費用要問い合わせ

Hubbleとは、社内の全ての契約書を一元管理することができる契約書管理クラウドサービスです。進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業がワンストップで実現できます。「契約業務の属人化が発生している」、「交渉経緯がわからない契約書がある」、といった課題を抱えている方におすすめです。操作性にも優れています。

無料お試しあり

LegalForceキャビネ

LegalForceキャビネ

月額費用要問い合わせ

LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約書管理をサポートする「AI契約書管理システム」です。 契約書全文がテキストデータ化され、契約書に含まれる情報の自動抽出ができます。 契約書の更新期限の管理も可能で、アラートをメールで知らせてくれます。 これまで、契約書を探す作業の煩雑さや、管理台帳への入力・契約更新期限の管理に悩んでいた企業におすすめです。

無料お試し要問い合わせ

契約管理の製品比較

LFチェッカー

LFチェッカー

月額費用9,000円

無料お試し要問い合わせ

LFチェッカーとは、株式会社LegalOn Technologiesが運営しているAI契約書チェックサービスです。シンプルな機能で操作性に優れており、AIが手間のかかる契約書チェック作業をサポートしてくれます。

鈴与の契約書管理システム

鈴与の契約書管理システム

月額費用28,000円〜

無料お試し要問い合わせ

鈴与の契約書管理システムとは、鈴与株式会社が運営しているクラウド型の契約書管理システムです。Web上で契約情報の確認や、PDFなどのデータ登録、期日管理などが可能で、システム上から手軽に契約書情報を検索することができるようになります。

OPTiM Contract

OPTiM Contract

月額費用0円〜

無料お試しあり

OPTiM Contractとは、株式会社オプティムが提供している契約書管理システムです。 初期費用が掛からず低額から利用でき、電子帳簿保存法に対応した形式での電子契約を保管することができます。

Hubble

Hubble

月額費用要問い合わせ

無料お試しあり

Hubbleとは、社内の全ての契約書を一元管理することができる契約書管理クラウドサービスです。進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業がワンストップで実現できます。「契約業務の属人化が発生している」、「交渉経緯がわからない契約書がある」、といった課題を抱えている方におすすめです。操作性にも優れています。

LegalForceキャビネ

LegalForceキャビネ

月額費用要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約書管理をサポートする「AI契約書管理システム」です。 契約書全文がテキストデータ化され、契約書に含まれる情報の自動抽出ができます。 契約書の更新期限の管理も可能で、アラートをメールで知らせてくれます。 これまで、契約書を探す作業の煩雑さや、管理台帳への入力・契約更新期限の管理に悩んでいた企業におすすめです。

その他の関連する記事

qeee枠【契約管理】

類似サービス: LegalForce

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要お問合せ最短利用開始期間 要問い合わせ

LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

リスクの洗い出しを支援してくれる

レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

ほしい「条文」がすぐに見つかる

LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。 全ての機能が使える「ブラウザ版」と、修正に便利な機能を使える「Wordアドイン版」の2種類が用意されており、普段の修正スタイルにあわせてどちらも使うことができます。

類似サービス: LegalForceキャビネ

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要お問合せ最短利用開始期間 要問い合わせ

LegalForceキャビネは、締結後の適切な契約書管理をサポートする「AI契約書管理システム」です。 契約書をアップロードするだけで、全文がテキストデータ化され、契約書に含まれる情報の自動抽出も可能です。契約書管理台帳が自動で生成されるほか、契約書の全文がテキストデータ化されるため、全文検索や多様な検索が可能となります。

   

契約書の基本情報を自動で抽出・登録できる

「LegalForceキャビネ」最大の特徴は、紙の契約書を簡単にテキストデータ化できる点です。 アップロードするだけで、契約書の内容を自動で抽出してくれるので、手入力の手間が省け、入力ミスが削減され、業務効率が格段に向上します。

契約の更新期限を自動的に教えてくれる

契約更新期限をリマインドしてくれる機能も大きな特徴です。 AIが、契約の終了/更新に関する期日を自動で計算し、メールでリマインドしてくれるので、不要な契約の更新や、重要な契約の終了を防止できます。

契約書を全文検索できる

「LegalForceキャビネ」では、全⽂テキストデータ化されるため、契約書に含まれる単語から契約書を検索することができます。確認したい条⽂に直接たどり着けるので、該当部分を探す⼿間を削減し、業務効率も向上することでしょう。

類似サービス: Hubble

(4.5)

         
月額費用 60,000円〜 無料お試し あり
初期費用 要お問合せ最短利用開始期間 要問い合わせ

Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

   

契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

契約書関連のコミュニケーションを可視化

Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

契約書の差分を把握

Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

類似サービス: OPTiM Contract

(4.5)

         
月額費用 0円〜 無料お試し あり
初期費用 0円〜最短導入期間 要問い合わせ

OPTiM Contractとは、株式会社オプティムが提供している契約書管理システムです。 初期費用が掛からず低額から利用でき、電子帳簿保存法に対応した形式での電子契約を保管することができます。

   

作業時間・コストを大幅に削減

OPTiM Contractはその高い導入効果が魅力的です。 契約書管理を効率化する豊富な機能で、紙やExcelで契約書を管理していた際に比べて、作業時間を90%削減、年間でおよそ350時間の削減効果が期待できます。

契約書管理にかかる手間を効率化

OPTiM Contractは、AIによる管理台帳の自動作成ができるため、これまで手作業で行なっていた台帳記入業務を大きく効率化することが可能となります。 契約書をアップロードするだけで、契約書名や取引先企業名、取引金額などをAIが抽出して自動で管理台帳を作成してくれるため、複雑な操作は必要ありません。

OCRによるテキスト化が可能

OPTiM ContractにはOCRが搭載されており、スキャンした契約書のテキストデータ化が可能です。 OCRは、手動でデータ化する手間を効率化することができる反面、文字の読み取り精度や対応している形式に制限があり、契約書によってはテキストデータ化が難しい場合があります。

類似サービス: Pro-Sign賃貸借契約書

(4.5)

         
月額費用 10,000円〜 無料お試し あり
初期費用 100,000円最短導入期間 要問い合わせ

Pro-Sign賃貸借契約書とは、株式会社プロレド・パートナーズが運営している店舗情報の一元管理システムです。 多店舗展開企業において起こりがちな、店舗情報管理における業務のムダを解消することができるサービスで、店舗に纏わる全ての情報の一元管理を実現します。

   

店舗に纏わる全ての情報を一元管理

契約関連の情報や付随するデータ類(図面や写真等)はもちろん、契約書に記載の無いような店舗情報についても、Pro-Signを通じて一元管理を図ることが出来ます。

独自の機能で、過去の契約経緯も簡単に把握可能

Pro-Signを活用すれば、そういった無駄な時間を一切なくし、ものの数分で状況把握が出来るような独自の機能を備えているため、自社においてもそういった課題が思い当たる場合は、大幅に効率アップを図ることが可能です。

情報の共有も楽々実現

Pro-Signでは、必要な方に必要な分だけIDを発行することが可能です。発行ID数によって料金に変動がありませんので、店舗に纏わる情報の共有を行いたい方が多数いる場合でも、全員で情報源を一つに纏めることが可能です。

類似サービス: Contract One

(4.5)

         
月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最短導入期間 1営業日から

Contract Oneとは、Sansan株式会社が提供している契約DXサービスです。 Sansanのテクノロジーとオペレーションを用いて全ての契約書を正確にデータ化し、契約データベースを構築します。契約内容の横断的な検索や契約期限の管理、契約書の関連付けが可能になることで契約情報をタイムリーに参照でき、類似の契約を確認して契約内容を最適化したり、スピーディーな契約締結を実現します。

   

紙の契約書の押印から保管までをオンラインで完結

印刷・製本、押印、発送、受け取りといったアナログな作業をContract Oneが代行するため、業務効率化を実現することができます。 これまでオフィスで行なっていた業務がオンラインで完結できることで、大幅な業務効率化やテレワークの推進を実現します。 また、紙の契約書を電子化し、データベースで管理することで、契約書の紛失や盗難、破損といったリスクを回避することも可能です。

クラウド上で契約書を一元管理

Contract Oneは、クラウド上に契約書のデータベースを構築して、紙と電子の契約書を一元管理することが可能です。 Sansanが培ってきたAIと人力を組み合わせた独自のテクノロジーによって正確にデータ化し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での電子保存を可能とします。 管理している契約書は、素早く簡単に検索することができるため、必要な契約書を探す手間がかかりません。

多様な働き方を実現

Contract Oneによって契約業務をオンラインで完結できるようになれば、契約業務のためにその都度オフィスへ出社する必要がなくなります。 紙の契約業務に触れることなく契約業務ができるため、テレワークの推進やペーパーレス化の実現、BCP(事業継続計画)対策として有事の際の事業継続につなげるなど、多様な働き方を実現します。

類似サービス: 鈴与の契約書管理システム

(4.5)

         
月額費用 28,000円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ最短導入期間 要問い合わせ

鈴与の契約書管理システムとは、鈴与株式会社が運営しているクラウド型の契約書管理システムです。 Web上で契約情報の確認や、PDFなどのデータ登録、期日管理などが可能で、システム上から手軽に契約書情報を検索することができるようになります。

       

簡単操作で手間を削減

鈴与の契約書管理システムは、直感的に操作することが可能で、わかりやすい画面で利用できるため、マニュアル不要なシステムとなっています。 また、セキュリティ体制の整った自社センターでの原本保管も可能であり、システムが原本に連動するため、取寄せや再預入、廃棄といった指示をシステム上から行うことが可能です

オペレーション代行が可能

鈴与では、台帳データ、PDFデータの作成代行に豊富な実績があり、精度の高いデータを短納期で作成してくれるため、忙しくて契約台帳やPDFをつくる時間がないという方でも安心です。 台帳データは、契約書の基本的な項目だけでなく、利用者が個別に管理したい項目を自由に設定し作成することが可能です。

情報の一元管理による情報検索の効率化を実現

鈴与の契約書管理システムは、原本と台帳データ、PDFの3点を紐づけて一元管理することで、契約情報の散在を防ぎ、適切な契約管理体制を実現します。 煩雑になりがちな、契約の有効・失効管理、原契約と関連契約の紐づけ管理が可能となり、管理の漏れを防止します。