これは CRM の製品です。
CRMの資料をダウンロード

CRMateとは?

「CRMate(シーアールメイト)」は、富士通が提供しているCRMです。
他社CRMと比較して目立つのは、クラウド型と設置型(オンプレミス型)の両方が選べるという点です。
CRMは、Saas型(必要な時に必要なだけ使用するタイプ)が多く、現在クラウドタイプが主流となっています。

しかし、いくら高度なセキュリティがあるとしても、クラウドで重要な情報を管理することに抵抗を感じる企業も多くあります。
実際、「CRMate」はクラウド型を好まないユーザーからの評判もよく、厚生労働省といった官公庁や、積水メディカル株式会社といった大企業にも選ばれています。

おすすめの類似CRMツール

類似サービス: BowNow

(4.5)

月額料金 0円〜 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円〜 最短導入期間 要問い合わせ

BowNowは、無料から利用することができ、どのような企業でも使いこなせるMAツールとして開発されており、高度なマーケティングレベルや豊富な人的リソースがなくても、MAツールの導入を成功させることができます。

複雑な設定は不要

BowNowは、複雑な設定なく使い始めることができます。 マーケティング部門はもちろん、商談数アップに直結する営業部門の担当者も使うことができるシンプルな設計を目指して開発されています。 マーケティングリソースが潤沢でないという企業でも問題なくMAツールを利用できるように、本当に必要な機能だけを搭載しているためMAの導入経験や専門知識がなくても安心して導入することができます。 また、ABMテンプレート機能では、テンプレート設定をONにしておけば、ユーザーを自動的にステータスごとに分類、優先的にアプローチすべきホットリストを自動で抽出することができます。

すぐに成果がでる、かつ育成活動も開始できる

MAツールはリード(見込み顧客)の育成活動も実現します。 BowNowには、詳細な検索条件やホットリードの自動抽出など、ホットユーザーを見つけるための機能が豊富に搭載されています。 短期的な成果をあげるためには、今現在のホットリードを抽出し商談につなげるようにアプローチすることが重要です。 BowNowは、顧客の購買意欲が高まったタイミングでアプローチするというリアクティブ戦略を基に設計されています。BowNowは定期的な情報発信をおこなうためのメール配信機能と、顧客の検討タイミングを逃さないホットリード自動抽出機能があり、育成活動のベースを構築することができます。

コストパフォーマンスに優れている

MAツールを導入したいが、初期コストが高額で、なかなか踏み切れないという方も少なくはないでしょう。 BowNowは、MAツールを使ってみたい、低コストで始めたいという方のために完全無料で利用できるフリープランを提供しています。 フリープランは、期間の制限なく無料で利用することが可能です。 無料で利用した上で、本当に必要な機能を課金していく料金体系となっているため、導入企業にマッチした最低限のコストでのマーケティング活動の効率化を実現することができます。 また、アカウントの発行から、3ステップで使い始めることができ、その手軽さも非常に魅力的と言えるでしょう。

この製品はCRMの製品です。

CRMの製品をまとめて資料請求

CRMateの特徴

特徴①顧客対応の進捗状況をリアルタイムで共有できる

1つ目の特徴は、顧客対応の進捗状況をリアルタイムで共有できることです。
顧客情報を管理できるのみならず、顧客対応の進捗状況について管理しやすくなっていることもCRMateの特徴です。
社内や部署内でリアルタイムの共有ができることにより、日々の活動報告や商談においても連携が取りやすくなり、計画的で効率的な顧客対応業務や商談が進められるようになります。

案件や進捗管理、商談案件と紐付けされた行動計画や、活動実績登録に関してもフォームに沿って時間をかけることなく入力できるため、うまくいかなかった場合の見直しや、案件棚卸しなど、どのような商談も無駄にすることなく成約に繋げることが期待できます。

特徴②簡単に画面のカスタマイズが可能

2つ目の特徴は、簡単に画面のカスタマイズが可能なことです。
CRMateでは、ドラッグ&ドロップといった簡単なマウス操作のみで、画面項目の追加や削除を簡単に行うことが可能であり、業務に合わせ作業画面のカスタマイズができます。
ラベル名やメニュー名称を変更したり、入力制限を設定したりすることも可能で、いずれも専門知識が不要でプログラミング知識などを所有していない方でも簡単に操作可能です。

特徴③顧客情報管理の負担が軽減できる機能が豊富

3つ目の特徴は、顧客情報管理の負担が軽減できる機能が豊富なことです。
まず、CRMateには顧客の情報詳細を入力する用の入力フォームが既に用意されています。
そのため、項目に沿って記入するのみで、すべての顧客を同じカテゴリーから管理することが可能です。

顧客情報の管理は企業からしても負担の大きな業務の1つであるため、詳細に記録しようとするとそれだけで手間が発生してしまいます。
CRMateを導入することにより、この情報記録に発生する負担を大きく軽減することが可能です。
[table “crm” not found /]

 
これは CRMの製品です。
CRMの資料をダウンロード

CRMateの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

・SaaS型:60,000円〜
・自社設置型:要問い合わせ

CRMateの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

CRMateの良い評判・口コミ

・取引先、ユーザーからの問い合わせの管理が効率的にできる。
・写真やファイルを添付できるため、当日どのような資料を提出しているのかも見返したときに把握でき便利。
・社外の各種データ、Webサイトとの連携が可能。

CRMateのその他の評判・口コミ

・自社でサービスを設置するなど、自由度の高いカスタマイズを求める場合は、追加費用がかかる可能性がある。
・検索に非常に時間がかかり、製作会社の営業やSEに相談してもなかなか改善できない。
・保存ボタンを押下した後で何も画面が変わらないため保存できたのかどうかよく分からない。

CRMateを導入した結果に関する評判・口コミ

・応答品質の向上を図ることができ、集計作業等の格段の効率化を実現できたことで、顧客満足度の向上につながりました。
・他の人のインシデントも修正できるので、excelなんかでインシデント管理・問題管理が楽になりました。
・取引先のニーズに対して、自社が情報の迅速な検索や情報の吸い上げが可能であるため、全社的な営業ソリューション向上に繋がりました。

 
これは CRMの製品です。
CRMの資料をダウンロード

その他の関連する記事