社内食堂とは?その役割や導入しやすい社食サービスについても解説

 
これは 社食サービスの製品です。
社食サービスの資料をダウンロード

人気の福利厚生の1つには、食事補助があります。食事補助といえば、企業内に設けられた「社員食堂(社内食堂)」が思い浮かぶのではないでしょうか。

この記事では社員食堂や今話題の社食サービスについて詳しく解説していきます。

社員食堂とは

社員食堂は、企業で働く従業員が利用できる飲食施設で、通常の飲食店よりもリーズナブルに提供されます。これは福利厚生の一環で、企業が従業員に提供する特典の一つです。

のおすすめ製品

の製品をまとめて資料請求

企業が社員食堂を導入する理由

社員の健康促進

食事は健康の管理にも関わるため、社員食堂の導入により、企業は従業員の健康管理をサポートします。栄養バランスの取れた食事が提供され、これが健康的な生活につながり、仕事のパフォーマンス向上にも寄与します。

福利厚生充実による社員の定着化

少子高齢化や人材不足の中、企業は人材確保に悩んでいます。現在の従業員を定着させるために、食の分野での福利厚生を強化する企業が増えています。

社員コミュニケーションの活性化

社員食堂で食事を共有することで、社員同士のコミュニケーションが自然に生まれます。コミュニケーションが活発になることで、新しいアイデアの提案が促進される可能性があります。

従来の社員食堂導入のハードル

導入や運営コストがかかる

社員食堂の導入には膨大な費用がかかります。毎月の運営コストも高額であり、企業はこれを福利厚生として提供するので利益は期待できません。

食堂スペースの確保や工事が必要

社員全員が利用できる食事スペースの確保は、多くの企業ができるわけはありません。これは自社ビルを所有する大企業や広大な土地を有する企業に限られることが一般的です。

従来の社員食堂に代わる社食サービスとは

特徴

社食サービスは、社員食堂とは異なり、お弁当のデリバリーや設置型社食、食事代行サービスなど、様々な食事補助サービスを指します。これらは従業員が必要な時に必要なだけ利用でき、広いスペースが不要なため、人気を博しています。

メリット

社内に食堂がある場合のメリットは以下の通りです。

  1. お弁当のデリバリー:出来立ての食事をすぐに利用でき、利便性があります。
  2. 設置型社食:冷蔵庫から好きな食材を選んで購入できるシステムで、柔軟性があります。
  3. 食事代行サービス:近くのコンビニや飲食店の食事代を補助することで、リモートワークの従業員にも利用が可能です。

おすすめの社食サービス

チケットレストラン

全国の店舗で利用できる電子カードや食事券を通じて食事補助ができるサービスです。様々な場所で利用可能で、コンビニやファーストフード店でも有効です。

オフィスおかん

冷蔵庫と専用ボックスを提供し、従業員が購入して利用する設置型サービスです。手頃な価格で管理栄養士が監修したお惣菜を提供し、社内での食事だけでなく、持ち帰りも可能です。

まとめ

社員食堂は、企業が従業員に提供する福利厚生の一環であり、最近では社食サービスも充実しています。特に中小企業でも導入しやすく、従業員にとって魅力的な制度です。企業側も従業員側もメリットが豊富なので、福利厚生の一環として社食を検討する価値があります。

これは 社食サービスの製品です。
社食サービスの資料をダウンロード

その他の関連する記事

qeee枠【社食サービス】

栄養バランスのとれたお惣菜が1品100円: オフィスおかん

(5.0)

月額費用 66,000円〜 無料お試し サンプル無料
初期費用 要問い合わせ 導入会社 3000拠点以上

オフィスの一角に冷蔵庫・専用ボックスを設置するだけで従業員に健康的な食事を提供できる、“置くだけ社食サービス”。商品はすべて1品100円、24時間購入が可能。3名の小さなオフィスから利用できます。

管理栄養士監修の美味しいお惣菜が格安で食べられる

オフィスおかんのお惣菜は、専任の管理栄養士監修の美味しくて健康的なお惣菜です。 国産食材を極力優先して使用し、添加物の使用も極力控えているため、小さなお子さんでも安心して食べることができます。 冷蔵(チルド)保存されているため、1分程度温めるだけですぐに食べることができます。また、そのまま食べられるお惣菜もあるそうで、忙しい日のランチ休憩にもぴったりです。

幅広い規模の企業に対応できる!

企業の規模に合わせた冷蔵庫が3タイプ用意されているので、自社のスペースを圧迫することもありません。自動販売機バージョンを置くことも可能です。 テレワークを導入している企業には「オフィスおかん仕送り便」がおすすめで、個人宅でもオフィスおかんの栄養バランスが考えられた惣菜を届けてもらうことができるようになります。

使い方のバリエーションが豊富

オフィスおかんは従来の社食とは違い、24時間利用することができ、ランチ以外にも早朝勤務の方の朝ごはん、夜勤や残業時の夜ご飯として使えるため、シフト勤務の企業でも導入できる点が魅力的です。

類似サービス: びずめし

(5.0)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

びずめしとは、Gigi株式会社が運営している福利厚生サービスです。 地域の飲食店を社員食堂として利用することができ、面倒な店舗との金銭のやりとりは、びずめしが全て担当してくれるため、非常に手軽に導入できます。

まちの飲食店を社食として利用

びずめしは、オフィスのあるエリアはもちろん、出張先やリモートワーク時の自宅周辺など、幅広いエリアの飲食店を社食として利用することができます。 設置型の社食サービスと違って、冷蔵庫などの設備を導入する手間もかからず、お弁当型のサービスとも違い、ランチのバリエーションが非常に幅広い点が特徴的です。

社内交流の活性化に活用!

普段から利用している美味しいお店を社食として利用できるようになるため、社員同士でお店情報のランチに誘ったりと社内交流の活性化につなげることができます。

導入企業の要望に合わせてチケットを発行できる

びずめしは、導入企業がチケットを発行して社員に付与することで利用できます。 企業の要望に合わせたチケットの発行が可能で、例えば「月に利用可能な上限金額を企業で設定したチケット」、「回数券のように金額と枚数を組み合わせたチケット」といった種類があります。

類似サービス: TukTuk

(5.0)

         
月額費用25,000円~ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 2週間

TukTukとは、株式会社Relicが運営している無人コンビニサービスです。 「忙しい時、夜勤時の食事が欲しい」「小腹が空いた時に手軽に食べられるものが欲しい」「一息つきたい」「健康が気になる」といった従業員の様々なニーズに、応えることができる商品ラインアップが魅力であり、規模や業種を問わず幅広い企業で導入されています。

   

スムーズな購入体験

TukTukは、アプリで商品を選んで購入、冷蔵庫/冷凍庫から商品を受け取るだけのため、手軽に利用できる点が魅力的です。 クレジットカードやPayPayなど複数のキャッシュレス決済に対応しています。導入後の集金、集金ズレ対応等は発生致しません。

導入後の手離れの良さ!

TukTukでは、導入後はTukTuk側で商品の搬入・回収、在庫管理を行ってくれるため、面倒な手間は発生しません。 また、商品やスタンドに関するトラブルが発生した場合でも、24時間運営のサポート窓口が設置されているため安心です。

福利厚生として活用可能

商品価格の一部を企業が負担する社食プランを適用し従業員満足度向上を図る企業や、TukTukで使用可能なクーポンを発行することで出社機会の創出を狙う企業が増えています。

類似サービス: Office Premium Frozen

(5.0)

月額費用 月額39,600円(税込)~ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最短導入期間 2週間程度

オフィスプレミアムフローズンとは、株式会社SL Creationsが運営している法人向けの常備型社食サービスです。 冷凍庫や電子レンジの貸与・設置は無料。冷凍庫を設置する場所と電源を用意するだけで安心・安全・美味しい食事をオフィスに常設することができます。

   

幅広いエリアで導入企業側のメンテナンスが不要

オフィスプレミアムフローズンは、全国に1万人の担当スタッフがおり、関東全域、仙台、東海、関西、広島、岡山、福岡エリアでは配送スタッフが商品を直接届けてくれます。 配送スタッフ対応のエリアであれば、月に2回の納品業務の他に消耗品の補充、代金箱からの代金回収、機材の清掃も行なってくれるため、導入企業側でメンテナンスに時間を取られることがありません。

賞味期限が近づいた商品は無料で入れ替えてもらえる!

常備型の社食サービスにおいては、売れ残った商品は企業側が買い取らなければならない場合(買取り制度)がほとんどです。 しかし、オフィスプレミアムフローズンでは賞味期限が近づいた商品を無料で新しい商品と入れ替えてくれます。

こだわりの商品が健康経営につながる

家庭向けの商品では、年間に1,100品目以上の取り扱いがあり、これまでに50万世帯の家庭で利用されている実績があります。 オフィスプレミアムフローズンでは、その中から手軽に召し上がれる商品を社食用として取り扱っており、導入実績は2022年11月時点で550拠点を超えています。

類似サービス: チケットレストラン

(5.0)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 試食あり
初期費用 要問い合わせ 導入会社 2ヶ月〜3ヶ月程度

チケットレストランとは、株式会社エデンレッドジャパンが運営している食事補助サービスです。 全国70,000店以上のレストランやコンビニで利用することができ、食事に関する福利厚生サービスとして、幅広い企業で導入されています。

   

企業に定着しやすい

チケットレストランの利用率は、99%と非常に高く、企業に定着しやすいサービスと言えます。 せっかく食事補助サービスを導入したのに、一部の人だけが利用している、職種によっては利用できないということがないため、従業員に広く活用してもらうことが可能です。

全国70,000店を社員食堂にできる

オフィスにお弁当やお惣菜を配達してくれるタイプの社食サービスでは、メニューの数が少なく、従業員の方が食事に飽きてしまい、利用率が低下してしまったというケースは少なくありません。 チケットレストランは、全国70,000店舗の飲食店やコンビニを社食として利用することができるため、飽きることなく豊富なメニューが楽しめます。

社員同士のコミュニケーションを活性化

チケットレストランで、福利厚生として食事補助が可能となることで、昼食代を節約していた人なども気軽にランチができるようになり、社員同士でランチミーティングやカフェでの雑談などのコミュニケーションがとりやすくなります。 普段は利用しないような、ちょっと贅沢なランチも、チケットレストランで補助がでるため、利用しやすくなり、従業員のモチベーション向上にもつながります。

類似サービス: 社食DELI

(5.0)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 0円 最短導入期間 要問い合わせ

社食DELIとは、ワオ株式会社が運営しているお弁当専用の社員食堂サービスです。 オフィス内での対面販売をはじめ、売店や食堂での卸販売、展示会やイベントでの臨時販売など、多様なニーズに応えることができ、1日8,000食以上の販売を行っています。

       

豊富なメニューで飽きがこない

社食DELIは、毎日8〜10ブランド、30種類の和洋中エスニック、ヘルシー系といった豊富なメニューから好きなものを選んで食事を楽しむことができます。 味付けはもちろんのこと、栄養バランスにこだわったお弁当もあるため、健康管理をサポートしたい企業にもおすすめです。

運営にかかる手間は最小限

お弁当販売にあたり、準備から後片付けまで、社食DELIのスタッフが担当してくれるため、導入企業側で毎回準備する手間はかかりません。 施設の中であれば、どんな場所でもお弁当の販売コーナーにすることができるため、スペースや社内環境に合わせて最適な販売方法で運用することができます。

コミュニケーションの活性化を実現

働き方や働く場所の多様化に伴い、コミュニケーション不足が課題として挙げられることが増えています。 社食DELIを導入することで、豊富なラインナップの日替わりメニューを楽しむことができ、好きなお弁当についての話題などでコミュニケーションの活性化を促すことができます。

類似サービス: パンフォーユーオフィス

(5.0)

月額管理費用 月額管理費用 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 最短導入期間 要問い合わせ

パンフォーユーオフィスとは、株式会社パンフォーユーが運営する社食サービスです。 お弁当や惣菜を社食としてデリバリー・提供するサービスは多いですが、パンに特化している社食サービスは珍しく、オフィスワーカーから人気のサービスとなっています。

       

職人が作るこだわりのパン

パンフォーユーオフィスで提供しているパンは、百貨店でも取り扱っているクオリテイの高いパンです。 クロワッサンやシナモンロールのような定番パンから、天然酵母、国産小麦など、素材にこだわったパンなど幅広いラインナップが用意されています。

コミュニケーションの活性化を実現

パンはお弁当と違い、片手間に食べられることがメリットとして挙げられます。 そのため、ランチミーティングを行う際でもミーティングを邪魔することがなく、美味しいパンは、社員間のコミュニケーション活性化を促してくれることでしょう。

社内カフェテリアの実現

パンフォーユーオフィスを導入すれば、手軽に社内カフェテリアを実現することが可能となります。 置きカフェプランを選べば、パンフォーユーオフィスが厳選した美味しいスープをオプションで用意することが可能なため、コーヒーやスープと一緒に美味しいパンを楽しむことで、気持ちのリフレッシュやコミュニケーションの活性化が期待できるでしょう。