社食がある有名な会社は?社食導入の方法やそのメリットも解説

 
これは 社食サービス の製品です!
社食サービスの製品資料を一括ダウンロード

社員食堂や社食サービスは、様々な企業で導入され、その形態は企業ごとに多様です。これらの社食は、食事の時間を楽しくし、従業員の満足度向上や離職率の低下に寄与するため、工夫を凝らして提供されています。

社食が導入されている有名企業

マイクロソフト社

Officeソフトで知られる企業で、社食だけでなくデスクで食べられるおにぎりやパン、無料または半額で購入できる自動販売機があります。近未来的なデザインの内装や、有線LAN・無線Wi-Fiの設備が特徴的です。

Google

世界的な企業であるGoogleの社食は、朝・昼・晩の3食が無料で提供されています。専属のシェフがおり、毎日豪華なバイキングが楽しめます。健康面にも配慮するため、野菜を豊富に使用したり、食事のバランスを考慮したりしています。

日本ヒューレットパッカード

パソコンの製造・販売をしている企業で、和食・洋食・エスニックなど多彩なメニューが楽しめます。室内だけでなくテラスでも食事ができ、電光掲示板でメニューを表示するなど、斬新な要素が充実しています。

おすすめの類似社食サービス

類似サービス: TukTuk

(5.0)

         
月額費用25,000円~ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 導入会社 2週間

TukTukとは、株式会社Relicが運営している無人コンビニサービスです。 「忙しい時、夜勤時の食事が欲しい」「小腹が空いた時に手軽に食べられるものが欲しい」「一息つきたい」「健康が気になる」といった従業員の様々なニーズに、応えることができる商品ラインアップが魅力であり、規模や業種を問わず幅広い企業で導入されています。

   

スムーズな購入体験

TukTukは、アプリで商品を選んで購入、冷蔵庫/冷凍庫から商品を受け取るだけのため、手軽に利用できる点が魅力的です。 クレジットカードやPayPayなど複数のキャッシュレス決済に対応しています。導入後の集金、集金ズレ対応等は発生致しません。

導入後の手離れの良さ!

TukTukでは、導入後はTukTuk側で商品の搬入・回収、在庫管理を行ってくれるため、面倒な手間は発生しません。 また、商品やスタンドに関するトラブルが発生した場合でも、24時間運営のサポート窓口が設置されているため安心です。

福利厚生として活用可能

商品価格の一部を企業が負担する社食プランを適用し従業員満足度向上を図る企業や、TukTukで使用可能なクーポンを発行することで出社機会の創出を狙う企業が増えています。

栄養バランスのとれたお惣菜が1品100円: オフィスおかん

(5.0)

月額費用 66,000円〜 無料お試し サンプル無料
初期費用 要問い合わせ 導入会社 3000拠点以上

オフィスの一角に冷蔵庫・専用ボックスを設置するだけで従業員に健康的な食事を提供できる、“置くだけ社食サービス”。商品はすべて1品100円、24時間購入が可能。3名の小さなオフィスから利用できます。

管理栄養士監修の美味しいお惣菜が格安で食べられる

オフィスおかんのお惣菜は、専任の管理栄養士監修の美味しくて健康的なお惣菜です。 国産食材を極力優先して使用し、添加物の使用も極力控えているため、小さなお子さんでも安心して食べることができます。 冷蔵(チルド)保存されているため、1分程度温めるだけですぐに食べることができます。また、そのまま食べられるお惣菜もあるそうで、忙しい日のランチ休憩にもぴったりです。

幅広い規模の企業に対応できる!

企業の規模に合わせた冷蔵庫が3タイプ用意されているので、自社のスペースを圧迫することもありません。自動販売機バージョンを置くことも可能です。 テレワークを導入している企業には「オフィスおかん仕送り便」がおすすめで、個人宅でもオフィスおかんの栄養バランスが考えられた惣菜を届けてもらうことができるようになります。

使い方のバリエーションが豊富

オフィスおかんは従来の社食とは違い、24時間利用することができ、ランチ以外にも早朝勤務の方の朝ごはん、夜勤や残業時の夜ご飯として使えるため、シフト勤務の企業でも導入できる点が魅力的です。

類似サービス: びずめし

(5.0)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 導入会社 要問い合わせ

びずめしとは、Gigi株式会社が運営している福利厚生サービスです。 地域の飲食店を社員食堂として利用することができ、面倒な店舗との金銭のやりとりは、びずめしが全て担当してくれるため、非常に手軽に導入できます。

まちの飲食店を社食として利用

びずめしは、オフィスのあるエリアはもちろん、出張先やリモートワーク時の自宅周辺など、幅広いエリアの飲食店を社食として利用することができます。 設置型の社食サービスと違って、冷蔵庫などの設備を導入する手間もかからず、お弁当型のサービスとも違い、ランチのバリエーションが非常に幅広い点が特徴的です。

社内交流の活性化に活用!

普段から利用している美味しいお店を社食として利用できるようになるため、社員同士でお店情報のランチに誘ったりと社内交流の活性化につなげることができます。

導入企業の要望に合わせてチケットを発行できる

びずめしは、導入企業がチケットを発行して社員に付与することで利用できます。 企業の要望に合わせたチケットの発行が可能で、例えば「月に利用可能な上限金額を企業で設定したチケット」、「回数券のように金額と枚数を組み合わせたチケット」といった種類があります。

この製品は社食サービスの製品です。

社食サービスの製品をまとめて資料請求

社食がある会社のメリット

従業員の健康管理や促進につながる

忙しい企業環境では昼食の時間も業務に充てる傾向がありますが、社食には健康を意識したメニューもあり、従業員は簡単に健康管理ができます。適切な栄養の摂取は仕事のパフォーマンス向上に寄与します。

従業員満足度が向上する

社食があることで、従業員の満足度が向上し、離職率の低下に寄与します。社食がある企業では離職率が低いというデータもあります。食事は生活の楽しみの一環であり、社食が従業員の心の支えになっています。

社内コミュニケーションが活発になる

社食は従業員が食事のために集まる場所となり、自然と従業員同士の交流が生まれます。仕事以外のコミュニケーションが増え、チームワークや協力関係の向上に寄与します。

会社の規模別社食導入の方法

大企業の場合

大企業では、場所があれば社員食堂を設置できます。コストはかかりますが、多くの従業員が期待されるため、企業での運営も可能です。また、外部委託することもあります。

中小企業・小規模事業者の場合

中小企業が社食を導入するためには、社食サービスの導入が効果的です。お弁当のデリバリーや冷蔵庫の設置など、企業に合わせた柔軟なスタイルで導入できます。

まとめ

大企業は社食をアピールポイントとして活用し、工夫を凝らしたサービスを提供しています。これにより社食は魅力的な福利厚生の一つとなっています。

中小企業も社食サービスを利用することで、従業員の満足度向上や楽しい食事体験を提供できます。企業の規模に合わせ、充実した社食を導入することが重要です。