社食を導入するメリットは?話題の社食サービスについてもご紹介

 
これは 社食サービス の製品です!
社食サービスの製品資料を一括ダウンロード

福利厚生の中で特に人気の高いものに社食があります。以前は社員食堂=社食と考えられていましたが、最近では社食サービスを導入する企業も増えています。

社食とは

従来の社員食堂

従来の社員食堂は、大きなスペースに飲食店のようなエリアと調理スペースが備わっています。このスタイルは、専用の広い場所が必要で、自社のビルがあるか、従業員数が多く社屋や1フロアの面積が広い企業によく見られます。

社食サービス

社食サービスは食堂スペースを持たない食事補助サービスです。栄養管理だけでなく、従業員のモチベーション向上やコミュニケーション促進が目的です。デリバリーや設置型など複数の提供形態があります。

おすすめの類似社食サービス

類似サービス: TukTuk

(5.0)

         
月額費用25,000円~ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 導入会社 2週間

TukTukとは、株式会社Relicが運営している無人コンビニサービスです。 「忙しい時、夜勤時の食事が欲しい」「小腹が空いた時に手軽に食べられるものが欲しい」「一息つきたい」「健康が気になる」といった従業員の様々なニーズに、応えることができる商品ラインアップが魅力であり、規模や業種を問わず幅広い企業で導入されています。

   

スムーズな購入体験

TukTukは、アプリで商品を選んで購入、冷蔵庫/冷凍庫から商品を受け取るだけのため、手軽に利用できる点が魅力的です。 クレジットカードやPayPayなど複数のキャッシュレス決済に対応しています。導入後の集金、集金ズレ対応等は発生致しません。

導入後の手離れの良さ!

TukTukでは、導入後はTukTuk側で商品の搬入・回収、在庫管理を行ってくれるため、面倒な手間は発生しません。 また、商品やスタンドに関するトラブルが発生した場合でも、24時間運営のサポート窓口が設置されているため安心です。

福利厚生として活用可能

商品価格の一部を企業が負担する社食プランを適用し従業員満足度向上を図る企業や、TukTukで使用可能なクーポンを発行することで出社機会の創出を狙う企業が増えています。

栄養バランスのとれたお惣菜が1品100円: オフィスおかん

(5.0)

月額費用 66,000円〜 無料お試し サンプル無料
初期費用 要問い合わせ 導入会社 3000拠点以上

オフィスの一角に冷蔵庫・専用ボックスを設置するだけで従業員に健康的な食事を提供できる、“置くだけ社食サービス”。商品はすべて1品100円、24時間購入が可能。3名の小さなオフィスから利用できます。

管理栄養士監修の美味しいお惣菜が格安で食べられる

オフィスおかんのお惣菜は、専任の管理栄養士監修の美味しくて健康的なお惣菜です。 国産食材を極力優先して使用し、添加物の使用も極力控えているため、小さなお子さんでも安心して食べることができます。 冷蔵(チルド)保存されているため、1分程度温めるだけですぐに食べることができます。また、そのまま食べられるお惣菜もあるそうで、忙しい日のランチ休憩にもぴったりです。

幅広い規模の企業に対応できる!

企業の規模に合わせた冷蔵庫が3タイプ用意されているので、自社のスペースを圧迫することもありません。自動販売機バージョンを置くことも可能です。 テレワークを導入している企業には「オフィスおかん仕送り便」がおすすめで、個人宅でもオフィスおかんの栄養バランスが考えられた惣菜を届けてもらうことができるようになります。

使い方のバリエーションが豊富

オフィスおかんは従来の社食とは違い、24時間利用することができ、ランチ以外にも早朝勤務の方の朝ごはん、夜勤や残業時の夜ご飯として使えるため、シフト勤務の企業でも導入できる点が魅力的です。

類似サービス: びずめし

(5.0)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 導入会社 要問い合わせ

びずめしとは、Gigi株式会社が運営している福利厚生サービスです。 地域の飲食店を社員食堂として利用することができ、面倒な店舗との金銭のやりとりは、びずめしが全て担当してくれるため、非常に手軽に導入できます。

まちの飲食店を社食として利用

びずめしは、オフィスのあるエリアはもちろん、出張先やリモートワーク時の自宅周辺など、幅広いエリアの飲食店を社食として利用することができます。 設置型の社食サービスと違って、冷蔵庫などの設備を導入する手間もかからず、お弁当型のサービスとも違い、ランチのバリエーションが非常に幅広い点が特徴的です。

社内交流の活性化に活用!

普段から利用している美味しいお店を社食として利用できるようになるため、社員同士でお店情報のランチに誘ったりと社内交流の活性化につなげることができます。

導入企業の要望に合わせてチケットを発行できる

びずめしは、導入企業がチケットを発行して社員に付与することで利用できます。 企業の要望に合わせたチケットの発行が可能で、例えば「月に利用可能な上限金額を企業で設定したチケット」、「回数券のように金額と枚数を組み合わせたチケット」といった種類があります。

この製品は社食サービスの製品です。

社食サービスの製品をまとめて資料請求

社食を導入するメリット

従業員の健康促進

企業にとって従業員は重要な資産であり、彼らの健康を保持することで途切れない労働力を確保できます。社食を導入することで栄養バランスの整った食事を提供し、健康管理をサポートできるのです。

福利厚生充実による企業の魅力向上

福利厚生が充実することで従業員の満足度が向上し、離職率の低下など内部的なメリットが生まれるだけでなく、外部からも企業の魅力が向上します。福利厚生が魅力の一因となり、入社志願者の増加も期待できるでしょう。

従業員のランチ負担の軽減

通常の外食に比べて社食の利用は経済的であり、従業員の負担を軽減します。数百円で済むため、経済的でありながら健康的な食事ができ、従業員からの支持が期待できます。

社内コミュニケーションの活性化

仕事だけではなかなかコミュニケーションが生まれない従業員にとって、社食で一緒に食事を共有することは自然な会話の場となり、コミュニケーションの機会を増やします。異なる部署の交流も促進されるでしょう。

社食サービスを利用するメリット

スペースの確保が不要

社食サービスは広いスペースが不要で運営が可能です。休憩スペースがあれば導入でき、コストの節約にも寄与します。

中小企業でも導入しやすい

社員食堂は多くの従業員がいないと費用対効果が期待できませんが、社食サービスは中小企業でも手軽に導入できます。従業員が少ない企業でも充実のサービスが利用可能です。

余計なコストがかからない

社食サービスは専用の設備が不要なため、導入コストが低く、ランニングコストも利用した分の料金と利用料のみです。コスト面でのメリットがあり、継続しやすいです。

社食サービスの選び方

価格

価格帯は1食350円~500円程度が目安です。リーズナブルで美味しいサービスを選びましょう。

食事の提供タイプ

デリバリー型、提供型、設置型の3つの提供形態があります。従業員の勤務形態や昼食のタイミングに合わせて選択することが重要です。

メニューの豊富さ

導入するサービスのメニューが豊富かどうかを確認しましょう。多様なメニューがあれば従業員の飽きを防ぐことができます。

まとめ

社食は企業と従業員双方にとってメリットが多い制度です。難しい場合は社食サービスを利用して、企業と従業員が共に満足できる社食を提供しましょう。