これは 社食サービス の製品です。
社食サービスの資料をダウンロード

おすすめの類似社食サービス

類似サービス: TukTuk

(5.0)

         
月額費用25,000円~ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 導入会社 2週間

TukTukとは、株式会社Relicが運営している無人コンビニサービスです。 「忙しい時、夜勤時の食事が欲しい」「小腹が空いた時に手軽に食べられるものが欲しい」「一息つきたい」「健康が気になる」といった従業員の様々なニーズに、応えることができる商品ラインアップが魅力であり、規模や業種を問わず幅広い企業で導入されています。

   

スムーズな購入体験

TukTukは、アプリで商品を選んで購入、冷蔵庫/冷凍庫から商品を受け取るだけのため、手軽に利用できる点が魅力的です。 クレジットカードやPayPayなど複数のキャッシュレス決済に対応しています。導入後の集金、集金ズレ対応等は発生致しません。

導入後の手離れの良さ!

TukTukでは、導入後はTukTuk側で商品の搬入・回収、在庫管理を行ってくれるため、面倒な手間は発生しません。 また、商品やスタンドに関するトラブルが発生した場合でも、24時間運営のサポート窓口が設置されているため安心です。

福利厚生として活用可能

商品価格の一部を企業が負担する社食プランを適用し従業員満足度向上を図る企業や、TukTukで使用可能なクーポンを発行することで出社機会の創出を狙う企業が増えています。

栄養バランスのとれたお惣菜が1品100円: オフィスおかん

(5.0)

月額費用 66,000円〜 無料お試し サンプル無料
初期費用 要問い合わせ 導入会社 3000拠点以上

オフィスの一角に冷蔵庫・専用ボックスを設置するだけで従業員に健康的な食事を提供できる、“置くだけ社食サービス”。商品はすべて1品100円、24時間購入が可能。3名の小さなオフィスから利用できます。

管理栄養士監修の美味しいお惣菜が格安で食べられる

オフィスおかんのお惣菜は、専任の管理栄養士監修の美味しくて健康的なお惣菜です。 国産食材を極力優先して使用し、添加物の使用も極力控えているため、小さなお子さんでも安心して食べることができます。 冷蔵(チルド)保存されているため、1分程度温めるだけですぐに食べることができます。また、そのまま食べられるお惣菜もあるそうで、忙しい日のランチ休憩にもぴったりです。

幅広い規模の企業に対応できる!

企業の規模に合わせた冷蔵庫が3タイプ用意されているので、自社のスペースを圧迫することもありません。自動販売機バージョンを置くことも可能です。 テレワークを導入している企業には「オフィスおかん仕送り便」がおすすめで、個人宅でもオフィスおかんの栄養バランスが考えられた惣菜を届けてもらうことができるようになります。

使い方のバリエーションが豊富

オフィスおかんは従来の社食とは違い、24時間利用することができ、ランチ以外にも早朝勤務の方の朝ごはん、夜勤や残業時の夜ご飯として使えるため、シフト勤務の企業でも導入できる点が魅力的です。

類似サービス: びずめし

(5.0)

月額費用 要問い合わせ 無料お試し 要問い合わせ
初期費用 要問い合わせ 導入会社 要問い合わせ

びずめしとは、Gigi株式会社が運営している福利厚生サービスです。 地域の飲食店を社員食堂として利用することができ、面倒な店舗との金銭のやりとりは、びずめしが全て担当してくれるため、非常に手軽に導入できます。

まちの飲食店を社食として利用

びずめしは、オフィスのあるエリアはもちろん、出張先やリモートワーク時の自宅周辺など、幅広いエリアの飲食店を社食として利用することができます。 設置型の社食サービスと違って、冷蔵庫などの設備を導入する手間もかからず、お弁当型のサービスとも違い、ランチのバリエーションが非常に幅広い点が特徴的です。

社内交流の活性化に活用!

普段から利用している美味しいお店を社食として利用できるようになるため、社員同士でお店情報のランチに誘ったりと社内交流の活性化につなげることができます。

導入企業の要望に合わせてチケットを発行できる

びずめしは、導入企業がチケットを発行して社員に付与することで利用できます。 企業の要望に合わせたチケットの発行が可能で、例えば「月に利用可能な上限金額を企業で設定したチケット」、「回数券のように金額と枚数を組み合わせたチケット」といった種類があります。

この製品は社食サービスの製品です。

社食サービスの製品をまとめて資料請求

どこでも社食とは?

どこでも社食は、街の飲食店を自社の社員食堂のように使える福利厚生サービスです。
企業が導入することで、ミシュラン一つ星のレストランからチェーン店まで幅広い提携店舗で食事補助を受けられるようになります。

どこでも社食は、提携する飲食店・レストランなどで、社員に食事(社食)を提供できるようにするサービスです。
社食は社員の満足度向上・健康促進・コミュニケーションの活性化に繋がります。

また食事補助は給与として提供する場合に比べ、所得税などの課税が少ない為、節税効果も期待できるでしょう。
どこでも社食は幅広いジャンルの飲食店と提携しており、社員の好みを考慮して決める事ができます。
また普段利用している近隣のお店があれば、個別に提携する事も可能です。

どこでも社食の特徴

特徴①支払いはスマホアプリで完了

社員はどこでも社食の提携店舗にて食事をした場合に、現金で支払う必要がなく、どこでも社食アプリを使って決済します。
そのため、従業員が一時的に立て替えることが発生せず、手持ちがないため食事に混雑した銀行に寄る手間が省略されます。

経理担当としても社員の立て替えの経費計算の手間が不要になります。
アプリを経由し利用データを自動で取り込めるため、会計ソフトを使った記帳業務の効率化が可能です。

特徴②企業の要望に応じて提携店舗を増やせる

さまざまな飲食店が加盟しているどこでも社食ですが、導入企業の場所次第では近隣に提携店舗が数店舗しか存在せず、食事のルーティーン化が起きてしまう場合もあります。
しかし、そのような場合は企業からの要望に合わせ個別に開拓することもできます。

これにより社員の食事に対する「飽き」が解消でき、お気に入りのお店を社食として利用したいといった要望への対応も可能です。
飲食店としてブランド力のある加盟店が多いため、味や衛生面でも品質が保証され、食の安全という面で社員の健康管理が促進できることも、どこでも社食を導入するメリットといえます。

特徴③街のレストランを社食にできる

どこでも社食では提携しているレストランを社員食堂として利用可能なため、社員は加盟店の中からその日の気分で食事が選択可能です。
加盟店も幸楽苑やいきなりステーキといった専門店から、デニーズのようなファミリーレストランまで非常に豊富なラインナップのため、飽きることなく毎日食事が楽しめます。

通常の社食サービスでは長期間利用していると、メニューがルーティーン化してしまい社員が飽きてしまう問題が発生しますが、どこでも社食であれば多数の加盟店があるだけでなく、店舗それぞれが新メニューを細かいスパンでリリースしているため、飽きる心配がいりません。

[table “shashoku” not found /]
 
これは 社食サービスの製品です。
社食サービスの資料をダウンロード

どこでも社食の料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

どこでも社食の評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

どこでも社食の良い評判・口コミ

・コミュニケーション施策がどれくらい実施されているか確認できる。
・従業員の課税対象とならないようなランチ補助を提案してもらえる。

どこでも社食のその他の評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

どこでも社食を導入した結果に関する評判・口コミ

・従業員の経費立て替えが必要なく、経理業務が効率化できました。
・システムで会社負担額を自動で計算してくれるので経理処理もとても助かっています。

 
これは 社食サービスの製品です。
社食サービスの資料をダウンロード

その他の関連する記事