SaaS管理ツールのおすすめ7選を徹底比較

 
これは SaaS管理の製品です。
SaaS管理の資料をダウンロード

現代のビジネス環境において、SaaS管理ツールは業務効率化の重要なカギとなっており、適切なツールを選定することで、セキュリティの向上とコスト削減が可能となります。

この記事では、おすすめのSaaS管理ツールから選び方までを詳しく解説します。

SaaS管理ツールとは?

SaaS管理ツールは、多種多様なクラウドベースのソフトウェアサービスを効率的に管理するために欠かせないツールです。

特にリモートワークの普及に伴い、企業が利用するSaaSの数が増加する中で、これらを一元的に把握し管理することが非常に重要になっています。

SaaS管理ツールを用いることで、アカウント管理の効率化、コスト削減、セキュリティ強化が一度に期待できるため、取り入れる企業も少なくありません。

SaaS管理のおすすめ製品

YESOD

(4)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ契約期間要問い合わせ

YESODとは、株式会社イエソドが運営しているクラウドID統制プラットフォームです。 SaaSアカウントの統合管理や従業員情報の把握が可能で、SaaSアカウント管理を大きく効率化することができます。 Web APIやCSVによるインポートで、人材・組織情報の柔軟な登録が可能で、カスタマイズ項目を追加することができるため従業員や組織の情報をいつでも最新の状態で把握できるようになります。

散在した社内のID情報を統合

YESODが提供している「YESOD ディレクトリサービス」を導入することで、従業員や組織の情報をリアルタイムに把握できるようになります。

アカウント管理のセキュリティを強化

YESODが提供している「YESOD アカウント棚卸」では、利用しているSaaSアカウント情報を自動で取得してSaaS統制を強化、セキュアな管理体制を実現します。

編集権限やアクセス権限などの管理にも優れている

部署や雇用形態ごとに参照・更新できる項目を柔軟にカスタマイズすることができ、部署・役割が変更された際には、自動的にアクセス範囲を追加したり制限することもできるなど、利便性に優れています。

dxeco

(4.5)

月額費用要問い合わせ無料お試し1ヶ月
初期費用0円最低契約期間要問い合わせ

デクセコとは、株式会社オロが運営しているSaaS管理ツールです。 企業内のSaaSツールを一元管理し、アカウント管理の効率化やセキュリティリスクの削減ができます。 これらの情報を可視化することで、費用対効果の最大化をサポートし、SaaSコストの適正化を実現します。

契約情報やアカウント情報を把握

デクセコは、社内で利用しているSaaSの契約情報やアカウント情報、各ユーザーの利用状況を一元的に把握することができます。 デクセコでSaaS管理をすることにより、手動でのアカウント管理や台帳の更新作業がなくなり、各SaaSの利用状況を可視化することが可能になります。

セキュリティリスク管理が可能

デクセコによって、現場で利用しているSaaSの導入や活用を妨げずに、現場などが業務効率化のために導入したシステムなどのシャドーITを把握することが可能となります。 これまで見えていなかったシャドーITを把握して、利用用途やセキュリティリスクを管理することが可能です。

SaaSコストを適正化

デクセコは、ユーザーごとの全SaaSの利用状況や契約情報などをスムーズに管理することができるため、利用頻度の低いツールの契約更新を停止し、SaaSコストの適正化を図ることが可能となります。

SaaS管理の製品をまとめて資料請求

おすすめのSaaS管理ツール

dxeco

特徴

dxecoは、SaaSの管理効率化を目指し、企業内で利用されているすべてのSaaSを可視化します。

利用状況の追跡から契約情報の管理、アカウントの一元管理まで、SaaSの全てを簡単に把握することが可能です。

特に、アカウント情報の把握や契約者情報の透明性を重視しており、セキュリティリスクの管理も強化します。

料金

詳細については直接dxecoにお問い合わせください。

主な機能・他社製品との違い

dxecoは、IT資産管理を含む幅広い機能を提供しています。

PCやスマートフォンなどのデバイス管理もdxeco1つで可能となっており、SaaSだけでなく企業のIT環境全般を支援します。

また、ブラウザ拡張機能を用いてシャドーITの把握やセキュリティリスクの管理を簡単に実行できる点も大きな特長です。

YESOD

特徴

YESODは、アカウント管理を自動化し、人事イベントを起点にしてSaaSアカウントのプロビジョニングを行うIGAソリューションです。

手動での管理が煩雑なアカウント操作を自動化し、ポリシーに基づいたアカウント権限管理を実現します。

料金

詳細については直接YESODにお問い合わせください。

主な機能・他社製品との違い

YESODは、特にIDガバナンスを強化しており、アカウント権限の付与や剥奪を自動で行うことが可能です。

また、利用中のSaaSアカウントを一元管理し、社内で不正やルール違反がないかを監視します。

他社製品と比較して、ルールやポリシーに基づいたアカウント管理に特化している点が大きな差別化要因です。

ソアスク

特徴

ソアスクはSalesforceプラットフォーム上で、BtoBサブスクの販売管理業務を効率化するサービスです。

見積、契約、売上、請求の一連のプロセスをスムーズに進めることができます。

また、会計サービスや債権管理サービスとも連携可能で、各部門間の情報連携を体系化し、統合管理を実現します。

料金

ソアスクの料金は以下の通りです。

  • エッセンシャルパッケージ:初期費用120,000円、月額90,000円
  • ビジネスプラン:初期費用360,000円、月額234,000円
  • エンタープライズプラン:初期費用840,000円、月額510,000円

Freshservice

特徴

Freshserviceは、SaaSを含めたIT資産管理を効率化するITSMツールです。

ユーザーの人事異動に応じてSaaSアプリケーションのアカウント管理を自動化し、IT資産の一元管理を実現します。

オーケストレーション機能を用いて、アカウントの追加・変更・削除を自動で行うことが可能です。

料金

Freshserviceの料金は以下の通りです。

  • Starter:月額29ドル
  • Growth:月額59ドル
  • Pro:月額115ドル
  • Enterprise:月額145ドル

トラスト・ログイン byGMO

特徴

トラスト・ログイン byGMOは、シングルサインオンやアクセスコントロールを提供するIDaaSサービスです。

導入が非常に容易で、既存システムの変更やインストールは必要ありません。シンプルなUIを採用し、直感的な操作が可能です。

料金

トラスト・ログイン byGMOの料金は以下の通りです。

  • 基本無料
  • プロプラン:月額基本料金 300円(税抜)ユーザーひとりあたりの月額

Bundle

特徴

Bundleは、SaaSアカウント管理を自動化するツールで、アカウントの発行から棚卸し作業までを一括で処理します。

190以上のSaaSと連携しており、SaaSの利用状況を部署別やサービス別に分析する機能も備えています。

料金

詳細については直接Bundleにお問い合わせください。

SaaStainer

特徴

SaaStainerは、SaaS間のAPI連携を簡単に設定できるツールで、開発不要で迅速に導入できます。

OAuth2.0基盤を標準搭載し、多種多様なSaaSと連携が可能です。

料金

詳細については直接SaaStainerにお問い合わせください。

SaaS管理ツールの料金相場は?

これまで紹介したSaaS管理ツールの初期費用、料金は以下の通りです。

サービス名 初期費用 料金
dxeco お問い合わせください。 お問い合わせください。
YESOD お問い合わせください。 お問い合わせください。
ソアスク エッセンシャルパッケージ:初期費用120,000円

ビジネスプラン:初期費用360,000円

エンタープライズプラン:初期費用840,000円

エッセンシャルパッケージ:月額90,000円

ビジネスプラン:月額234,000円

エンタープライズプラン:月額510,000円

Freshservice お問い合わせください。 Starter:月額29ドル

Growth:月額59ドル

Pro:月額115ドル

Enterprise:月額145ドル

トラスト・ログイン byGMO お問い合わせください。 基本無料

プロプラン:月額基本料金 300円(税抜)ユーザーひとりあたりの月額

Bundle 無料 お問い合わせください。
SaaStainer お問い合わせください。 お問い合わせください。

(2024年5月現在)

SaaS管理ツールの選び方

SaaS管理ツールを選ぶ際に重要なポイントを3つ解説します。

企業が抱える課題の解決や業務の効率化を図るため、適切なツールを選択することが重要です。

1. ツール選びの目的を明確にする

SaaS管理ツールを導入する際、利用目的をはっきりさせることが重要です。

セキュリティ強化、コスト削減、業務効率化など、目的に応じた機能を持つツールを選びましょう。

目的が明確でないと、適切なツール選びは困難になります。

2. 管理したいSaaSの範囲を考慮する

管理したいSaaSの範囲を明確にしておくことも検討しましょう。

対応可能なSaaSの数や種類はツールによって異なるため、自社が利用しているSaaSをしっかりカバーできるツールを選びます。

API連携が可能で、拡張性の高いツールが望ましいです。

3. コストと利便性のバランスを検討する

導入するツールのコストパフォーマンスも大切です。

コストだけでなく、管理機能の充実度、ユーザーインターフェースの使いやすさ、カスタマーサポートの質など、総合的な利便性を考慮して選ぶことが重要。

また、将来的な拡張性も見据えた選択が求められます。

まとめ

SaaS管理ツールを選ぶ際は、まず明確な目的を持つことが重要です。

次に、自社の使用するSaaSを全てカバーできるツールを選び、最後にコストパフォーマンスと利便性のバランスを評価することが求められます。

これらの基準を元にツールを選定することで、効率的なSaaS管理が実現します。興味がある方は公式サイトにお問い合わせください。

これは SaaS管理の製品です。
SaaS管理の資料をダウンロード

SaaS管理の製品比較

dxeco

dxeco

月額費用要問い合わせ

デクセコとは、株式会社オロが運営しているSaaS管理ツールです。 企業内のSaaSツールを一元管理し、アカウント管理の効率化やセキュリティリスクの削減ができます。 これらの情報を可視化することで、費用対効果の最大化をサポートし、SaaSコストの適正化を実現します。

無料お試し1ヶ月

YESOD

YESOD

月額料金要問い合わせ

YESODとは、株式会社イエソドが運営しているクラウドID統制プラットフォームです。 SaaSアカウントの統合管理や従業員情報の把握が可能で、SaaSアカウント管理を大きく効率化することができます。 Web APIやCSVによるインポートで、人材・組織情報の柔軟な登録が可能で、カスタマイズ項目を追加することができるため従業員や組織の情報をいつでも最新の状態で把握できるようになります。

無料お試し要問い合わせ

SaaS管理の製品比較

dxeco

dxeco

月額費用要問い合わせ

無料お試し1ヶ月

デクセコとは、株式会社オロが運営しているSaaS管理ツールです。 企業内のSaaSツールを一元管理し、アカウント管理の効率化やセキュリティリスクの削減ができます。 これらの情報を可視化することで、費用対効果の最大化をサポートし、SaaSコストの適正化を実現します。

YESOD

YESOD

月額料金要問い合わせ

無料お試し要問い合わせ

YESODとは、株式会社イエソドが運営しているクラウドID統制プラットフォームです。 SaaSアカウントの統合管理や従業員情報の把握が可能で、SaaSアカウント管理を大きく効率化することができます。 Web APIやCSVによるインポートで、人材・組織情報の柔軟な登録が可能で、カスタマイズ項目を追加することができるため従業員や組織の情報をいつでも最新の状態で把握できるようになります。

その他の関連する記事