これは SaaS管理 の製品です。
SaaS管理の資料をダウンロード

Subsphereとは?

Subsphereは、サブスクリプションビジネスを支援する包括的なシステムです。
商品・顧客・契約などの網羅的な管理機能や、オンラインストア・マイページの構築、仕入・販売パートナーの管理など、サブスクリプションビジネスを円滑に運営するための必要な機能が全て揃っています。
SaaS型で提供され、導入コストや運用負担が軽減されます。
Subsphereは業務プロセスを最適化し、迅速なビジネスの立ち上げをサポートします。
更に、IoTプラットフォームのThings Cloudとの統合により、製品の利用状況に基づく柔軟な課金や請求の仕組みを構築できます。
これにより、顧客に対して最適な価値提供が実現可能です。

おすすめのSaaS管理システム

類似サービス: YESOD

(4.5)

         
月額料金 要問い合わせ 契約期間 要問い合わせ
初期費用要問い合わせ 記事提供開始 要問い合わせ

YESODとは、株式会社イエソドが運営しているクラウドID統制プラットフォームです。 利用しているSaaSアカウントの統合管理や従業員情報をリアルタイムに把握できるサービスを展開しており、統合ID管理を実現します。

散在した社内のID情報を統合

YESODが提供している「YESOD ディレクトリサービス」を導入することで、従業員や組織の情報をリアルタイムに把握できるようになります。

アカウント管理のセキュリティを強化

YESODが提供している「YESOD アカウント棚卸」では、利用しているSaaSアカウント情報を自動で取得してSaaS統制を強化、セキュアな管理体制を実現します。

類似サービス: LOCKED

(4.5)

         
月額料金 要問い合わせ 契約期間 要問い合わせ
初期費用要問い合わせ 記事提供開始 要問い合わせ

LOCKEDとは、株式会社onetapが運営しているSaaSアカウントの管理ツールです。 SaaSの活用に特化した2つのサービスを提供しており、SaaSアカウントの自動設定や安全な運用を実現します。

アカウントを一括で自動設定できる

LOCKEDのサービスの1つであるLOCKED DASは、Microsoft365やGoogle Workspaceなどの人事系SaaS利用時のIDや氏名、部署などのアカウントを監視することができます。

棚卸台帳で設定状況の記録や把握ができる

LOCKEDの棚卸台帳機能では、部署/役職/拠点/所属企業名/在籍状況/入退職日など、様々な項目で柔軟にユーザーを検索し、アカウントの保有状況を瞬時に把握する事が可能です。 監査の面から定期的に行われるべき棚卸しを、簡単かつミスなく実現できるようになります。

利用実態ログで解析ができる

利用端末や地域などを記録する事で、統制面の強化や利用促進まで、様々な取り組みが実現できます。 結果は分かりやすいレポートで確認できるため、各社の状況がひと目で分かります。

これはSaaS管理の製品です。

SaaS管理の製品をまとめて資料請求

Subsphereの特徴

特徴① DXを加速させるスモールスタート

Subsphereは、既存のシステムや業務に対する影響を最小限に抑えつつ、迅速にサブスクリプションビジネスを立ち上げることができるプラットフォームです。
その柔軟性により、スモールスタートからデジタルトランスフォーメーション(DX)を迅速かつ効果的に推進できます。
新しいビジネスモデルの採用を迅速かつリスクなく実現し、サブスクリプションビジネスの展開をスムーズに進めるための頼れるツールとして、Subsphereが活躍します。

特徴② 自由なデザイン

独自のオンラインストアを立ち上げ、ショッピングカートやマイページの提供、魅力的なランディングページの構築、そしてHTML/CSSによる自由なデザイン変更など、Subsphereはオンラインストアおよびマイページのフロントエンド機能を幅広くサポートしています。
これにより、ビジネスオーナーは独自のブランドイメージを確立し、顧客エクスペリエンスを最適化するために必要な要素を柔軟に組み込むことができます。

特徴③ 多様なサブスクリプションモデルに対応

Subsphereは、定期購入型、利用量課金型、会員制型など、多岐にわたるサブスクリプションモデルに対応しています。
これにより、ビジネスは顧客のニーズに最適化され、柔軟かつ効果的にサービスを提供できます。
Subsphereの対応範囲の広さは、企業が多様なビジネスモデルを採用し、市場の変化に素早く適応できることを意味しています。
顧客との関係を深め、ビジネスの成長を促進するためには、これらの異なるサブスクリプションモデルへの適応力が不可欠です。
Subsphereはその要諦に応え、柔軟性と多様性を備えたサブスクリプションビジネスの成功をサポートします。

[table “saas_manage” not found /]
 
これは SaaS管理の製品です。
SaaS管理の資料をダウンロード

Subsphereの料金・価格

初期費用

150万円

月額費用

15万円

上記全て税抜き価格で表示されています。

Subsphereの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Subsphereの良い評判・口コミ

・Subsphereを利用すれば、簡単な設定でWebストアを構築し、サブスクリプションビジネスを迅速に展開できます。
・定額や従量課金などの複雑な課金にも対応するSubsphereは、収益の安定化に貢献します。

Subsphereのその他の評判・口コミ

・無料で試せる環境があるなら、新規サブスクリプション事業を検討中の企業が取り組みやすくなりそうです。

Subsphereを導入した結果に関する評判・口コミ

・サブスクリプションサービスの商品を取り扱う場合、毎月の請求や契約の延長のような煩雑な管理がありますが、Subsphereを利用すると、システムの作り込みが不要で、各種マスタの設定だけで処理が自動化されるため、管理業務の削減が期待できます。

 
これは SaaS管理の製品です。
SaaS管理の資料をダウンロード

その他の関連する記事