これは リファレンスチェックの製品です。
リファレンスチェックの資料をダウンロード

back checkとは?

back checkとは、株式会社ROXXが提供するリファレンスチェックツールです。現職・前職の上司や同僚などの第三者から、候補者の実績や勤務状況、経歴を確認することが可能です。面接や書類でわからない詳細な情報をチェックすることで、候補者と企業のミスマッチを防ぎます。

氏名やメールアドレスといった情報を入力して、オンライン上で回答を依頼。スケジュール調整などの必要がなく、手軽に依頼できることがメリットです。回答済みのレポートはすぐに採用業務に役立てられます。

リファレンスチェックのおすすめ製品

ASHIATO

(4.5)

利用費30,000円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

ASHIATOとは、エン·ジャパン株式会社が運営しているリファレンスチェックサービスです。従来のリファレンスチェックは、採用候補者のマイナスな面を調査するネガティブチェックの側面が強いものでしたが、ASHIATOは、採用候補者のこれまでの「活躍の足跡」を可視化することで、入社後の活躍から定着率向上までに寄与していくことができます。

面接ではわからない人となりがわかる

ASHIATOは、これまで15万社の採用支援を行ってきたエン・ジャパンだからこそできるノウハウを詰め込んだ独自のアンケートを実施することによって、通常の面接ではわからない候補者の、それまでの働きぶりや、周りとの協調性を知ることができます。

入社後の活躍・定着まで支援

リファレンスチェックによって、採用候補者と一緒に働いてきた人から「当時の働きぶり」、「人柄」、「相性が良いチーム」、「パフォーマンスを発揮した場面」などの情報を取得できることで、入社後の人材配置・チーム編成に活かすことが可能になります。

スピーディーなヒアリングとレポート回収が可能

ASHIATOによるヒアリングは、候補者1名あたり5分程度でヒアリングを行うことが可能です。 レポートの回収も平均で3営業日ほどで可能なため、選考フローのスピードを落とすことなく利用することができます。

レキシル

(4)

月額費用6.6万円無料お試し要問い合わせ
初期費用11万円(税込)最短導入期間要問い合わせ

レキシルとは、株式会社ビットミックスが運営している採用におけるリスク対策ツールです。 採用したスタッフが、「協調性に欠けている」、「ストレスに弱い」、「不平不満ばかり言う」、「経歴が疑わしい」、「SNSトラブル」、「情報漏洩」、といったネガティブ要素によるミスマッチを解消することができます

精度の高い第三者チェックを実施

レキシルでは、第三者からのインタビューを通した「経歴チェック」、「評価チェック」を実施しています。 面接における、過去の役職や学歴の過大申告、経歴詐称のリスクを早期に発見し、入社後のトラブルを事前に防ぐことが可能です。

Webによるバックグラウンド調査が可能

第三者へのインタビュー調査だけでなく、Webによるバックグラウンド調査も可能です。 ネット検索情報やSNS情報、個人ブログ、マスメディア情報などの調査手法を用いて、性格や素行に問題がないか、入社後に情報漏洩につながるリスクを抱えていないかといった要素を調べ、リスクヘッジを行うことができます。

法令遵守の安心サービス

レキシルは、弁護士、社労士監修のサービスで、個人情報保護法への抵触リスクを排除、厚生労働省の示している候補者の適正や能力に関係がないとされる項目(出生地や家族に関することなど)の情報収集はせず、労働基準にも配慮しているため、安心して利用することができます。

Parame Recruit

(5)

月額費用1.5万円〜無料お試し要問い合わせ
初期費用0円最短導入期間最短即日導入可能

Parame Recruitとは、株式会社Parame Recruitが運営しているリファレンスチェックサービスです。採用候補者をよく知る人物からの他己評価を取得することで、書類や面接だけではわからない採用候補者をより深く知ることができます。

面接だけではわからない候補者情報を取得できる

Parame Recruitは、独自のアルゴリズムによって、採用候補者の性格傾向を分析することができます。

信憑性の担保が可能

Parame Recruitでは、推薦者には身分証明書での本人確認を実施しているため、なりすましを防止することができます。

チャットで追加質問ができる

回答を取得した後に、推薦者と直接チャットによるやりとりを行うことが可能です。回答結果の中で気になった項目や、曖昧な部分を深堀することはもちろん、追加の質問も可能なため、面談前にしっかりと情報を収集することができます。

リファレンスチェックの製品をまとめて資料請求

back checkの特徴

特徴①候補者のデータを収集

back checkでは候補者のスキル・実績を確認できます。リファレンスチェックによる性格診断によって、面接や書類ではわからない性格や勤務態度などを把握することが可能です。

活躍条件やカルチャーフィットの確認、コンプライアンスチェックにも対応しています。収集したデータをもとに判断することで、候補者と企業のミスマッチを防げるでしょう。早期離職の低減や活躍人材の発見、オンボーディングの最適化につなげられます。

特徴②レポートの共有とコンプライアンスチェックの一元管理

back checkにはレポートの共有機能が備わっています。リファレンスチェックのレポートを、他社の採用選考でも活用することが可能です。推薦者は繰り返し回答をする必要がなく、採用企業や候補者、推薦者にとってスムーズな転職活動を実現できます。

さらにオプションによってコンプライアンスチェックを追加。反社会勢力との関係や犯罪歴の有無を確認できます。プランによっては、破産歴やグローバル制裁リスト調査、経歴確認、取得資格情報、SNS行動歴などの情報収集が可能です。

特徴③セキュリティとサポート

back checkでは、強固なセキュリティによって情報漏洩を防げます。情報セキュリティの国際規格であるISMS認証と、Pマークを取得。SAML SSOに対応することで、セキュリティポリシーに準拠してサインインができます。

常時SSL化で強固な通信によるアクセスが可能です。データベースの冗長化により、システムにトラブルが発生した際もすぐに復旧できるでしょう。さらにキックオフMTGや定期MTG、チャットサポートなどサポートも充実。安心して利用できることがメリットです。
[table “reference_check” not found /]

これは リファレンスチェックの製品です。
リファレンスチェックの資料をダウンロード

back checkの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

back checkの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

back checkの良い評判・口コミ

・採用候補者の経歴・性格が簡単に取得できるので助かります。

back checkのその他の評判・口コミ

・解約した際に、残額分を一括支払いしなければいけないのが不満です。

back checkを導入した結果に関する評判・口コミ

・客観的な視点から意見を確認できるため、ミスマッチのリスクが最小限になりました。

  • 満足度

    入社後のギャップや適性の読み間違いを減らせます

    良い点

    短期間で応募者のほしい情報を集められたこと。

    改善点

    リファレンスチェックの実施自体を嫌がる応募者も少なくないので、そういった課題をツールなども含めて改善していきたい。

    導入して改善できた課題や効果

    従来の面接だけでは判断できない要素や一度きりの面談で判断ミスが発生することもある応募者の人柄や適性について、事前にチェックをすることができるようになりました。

  • 満足度

    応募者の適性をある程度判断できます

    良い点

    応募者にしっかり事前説明をする資料が用意されているところが良かったです。

    改善点

    サポートの返信のスピード感にバラつきがあるので、すぐに回答が欲しいときにやや不便に感じました。

    導入して改善できた課題や効果

    入社後の早期退職が数件続いた際に、リファレンスチェックの重要性を認識して導入しました。単なる経歴調査だけでなく、応募してくれた人の人柄や適正をある程度科学的に判断材料として活用できるところが良いです。

これは リファレンスチェックの製品です。
リファレンスチェックの資料をダウンロード