これは 勤怠管理 の製品です。
勤怠管理の資料をダウンロード

ミナジン勤怠管理とは?

ミナジン勤怠管理は、すべての企業にとって必要な「ちゃんとした人事機能」を提供する総合人事サービスです。
勤怠管理では、あらゆる企業のコンプライアンスに対応し、Win/MacのPCログを取得可能であり、複雑で特殊な就業ルールも反映できます。
不正打刻防止機能も備えています。
また、年々厳しくなる法改正や複雑な就業制度にも対応できるよう、アップデートを重ねてきたクラウド型システムとなっています。
労務アウトソーシングでは、トータルサポートからスポットまで幅広く提供し、煩雑な労務作業を効率的に処理します。
これらは給与・労務管理に精通したスペシャリストが提供するサービスです。
中小企業には「ちゃんとした人事評価」を提供し、人事評価制度の構築から運用サポート、クラウド型人事評価システムまでを網羅的にサポートします。

おすすめの勤怠管理システム

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用 110円〜/ユーザー 無料お試し あり
初期費用 0円 最短導入期間 即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

       

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

類似サービス: freee勤怠管理Plus

(4.5)

月額費用 300円/ユーザー 無料お試し 30日間
初期費用 0円 最短導入期間 要問い合わせ

freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

       

多彩な打刻方法が導入できる

freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

わかりやすい画面で管理・修正が可能

freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

勤怠状況を一覧で確認

管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

類似サービス: KING OF TIME

(4.5)

         
月額費用 300円/ユーザー 無料お試しあり
初期費用 0円 最短導入期間 3営業日〜

KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

       

豊富な打刻手段

KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

給与計算も効率化

KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

いつでも最新の状態で利用できる

働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。

ミナジン勤怠管理の特徴

特徴① PCログ(Win/Mac)の取得が可能

打刻データとは別にPCログデータ(Win・Mac対応)を取得できるため、テレワークであっても在社勤務であっても従業員の勤務実態を可視化させることが可能です。PCログを打刻とみなすことも、打刻とはみなさず、ログデータとして保持しておくことも可能です。また、打刻データとPCログデータの突合作業も容易なため、30分以上など乖離の大きい従業員にはタイムリーなアクションも可能です。

特徴② システム初期設定作業を代行

初期システム設定作業をミナジンが代行してくれます。そのため、設定ミスによる法令違反リスクや担当者の作業工数を大幅に軽減することが可能です。また、企業独自の規則や運用ルールにも対応しています。システムリテラシーが不足していたり、導入リソースを確保できない企業にとっておすすめです。

特徴③ 客観的打刻の実現

初回の打刻データが永久保存される仕様のため、打刻時間の改ざんや上書きを防止します。これにより厚労省ガイドラインにもある”客観的打刻”を実現しているため、労基署調査対策やIPO準備における適切な労働時間管理体制を実現することが可能です。

[table “kintai” not found /]
 
これは 勤怠管理の製品です。
勤怠管理の資料をダウンロード

ミナジン勤怠管理の料金・価格

初期費用

0円~

月額費用

30,000円

ミナジン勤怠管理の評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

ミナジン勤怠管理の良い評判・口コミ

・メンバーの就業状況管理画面で、リアルタイムの打刻や手入力が一目で分かるのが便利でした。
・月間の勤怠が一覧で確認できるので、残業申請を忘れた日もすぐに気づき、漏れなく申請できます。
・在宅勤務でも打刻を忘れることがないので、安心して翌日の勤務に移れます。

ミナジン勤怠管理のその他の評判・口コミ

・スマートフォンでの操作がもう少し楽になると嬉しいですね。
・画面遷移に少々時間がかかる点があります。前月の勤怠や一覧を見てから各種申請を行う際、別画面に移行するのに5秒から10秒程度かかるように感じます。
・リモートワーク時には結局手動で入力し、そのたびに管理者の承認が必要です。

ミナジン勤怠管理を導入した結果に関する評判・口コミ

・チームメンバーの実際の稼働状況を把握するのに役立ちます。
・導入後、締め日までに各自で残業や休暇の申請ができるようになり、非常に便利です。
・勤務がシフト制だったため、事前にシフト予定を記録できるのは素晴らしいシステムでした。

  • 満足度

    ユーザーに寄り添った勤怠管理をしてくれる

    良い点

    ミナジン勤怠管理はとてもユーザーに寄り添ってくれる勤怠管理。さまざまな社員の勤怠形態や管理側の実情まで考慮したうえで、こちらの勤怠管理の運用提案をしてくれる。

    改善点

    タイムカードの打刻管理や集計・出力、設定したアラートの着信の仕方など基本的に不満な機能はとくにない。大量に起票された時間外労働の申請がある場合、責任者の承認が煩雑であるなど不満の声が上がっている。しかしこれはミナジン仕様のせいではないと思う。

    導入して改善できた課題や効果

    スムーズに勤怠を管理でき、社員別の時間外合計や有給休暇の取得状況など、必要な情報を早急かつ容易に取り出せる。そのため経営層や管理職への報告・改善指導が遅滞なくできている。

  • 満足度

    正確な勤務実態の把握ができる

    良い点

    勤怠管理を紙管理から脱することができた。有給・フレックス・代休等の申請が全てできるため、事務所へ行く回数が減った。

    改善点

    上司が部下の勤務スケジュールを手入力する必要があるらしく面倒と感じる。上司の入力漏れがあるとタイムカードエラーが登録されないことがある。管理に重きを置いていると思うが、全てを上司が管理できるわけではないためこの仕組はないほうがいいと思う。

    導入して改善できた課題や効果

    以前は紙であるため虚偽報告をやりたい放題だった。しかしこのミナジン勤怠管理を導入してからはここの勤務管理を簡単に把握でき、虚偽報告の減少、紙管理からの脱却ができた。

  • 満足度

    クリックするだけで出勤・退勤の記録を残せる

    良い点

    Web打刻があるためクリックするだけで出勤・退勤の記録が残せる。有給休暇の申請もプルダウンから内容を選べるため、文字を入力することもほとんどない。

    改善点

    リモートワークがメインとなり毎日備考欄に「在宅勤務」と入力している。1日ずつしか入力できず、まとめて入力できると助かる。

    導入して改善できた課題や効果

    有給休暇の申請が楽になった。一覧で見直した際も、自分がいつ休んだのかがひと目で分かる。

  • 満足度

    Web上でチェック

    良い点

    こちらのツールを導入したことにより給与明細・源泉徴収票をWeb閲覧できるようになった。
    改善してほしい点は動作が遅いこと。全体的に動作が遅いことが不満で、具体的にはタイムカードを入力してから個人のタイムカード画面を開くまで7秒はかかる。給与計算データ出力までの工数削減をできた。給与計算データの作成には毎月1.5日を要していたが、現在は30分以内でできるようになった。

    改善点

    導入して改善できた課題や効果

 
これは 勤怠管理の製品です。
勤怠管理の資料をダウンロード

その他の関連する記事