https://sheepdog.co.jp/wp-content/uploads/2023/08/2023_07_31_14_36_jinjer_kintai.png
これは 勤怠管理 の製品です。
ジンジャー勤怠の資料をダウンロード

ジンジャー勤怠とは?

ジンジャーは、クラウドで勤怠管理・労務管理・給与計算など、さまざまな人事領域のデータを横断的にマネンジメントできるクラウド型人事労務システムです。
これまで多くの企業でバラバラに管理されていた人事業務を1つのプラットフォームに集約することで、管理する人における業務効率を大幅に改善できます。

ジンジャー勤怠とは、ジンジャープラットフォーム上で勤怠管理を担うサービスであり、多彩な打刻方法、アプリ対応、シフト作成、予実管理などの機能を搭載しています。
さらに、AIによるエンゲージメントアラート機能の搭載、管理者機能スマホ完全対応により、勤怠管理のオペレーション効率化を実現し、人事担当者の負担になっていた工数の無駄を削減することが可能です。

ジンジャー勤怠の特徴

月末月初のミスや漏れを無くせる

月末月初に必ず実施される労働時間の集計では、日報を集めたり、タイムカードの情報をエクセルへ入力したりと、勤怠を管理するのに、多くの手間が発生します。
それに加え、人力で集計を行う場合、ミスが発生することもあるため確認作業にも手間がかかります。
ジンジャー勤怠では、残業や休暇を含め、勤務データを自動的に集めて計算してくれるため、勤務の状況や勤務の実績をリアルタイムで把握可能です。

休憩時間などを設けた際には、勤務している時間から自動的に引かれるなど、フレックスや変形労働時間制といったさまざまな勤務形態にも適切に処置してくれます。
管理する画面も、マルチデバイス対応となっているため、管理側もスマホやタブレットから確認することができ便利です。

初期導入から運用定着まで担当者のサポートが受けられる

導入初期は、組織の大きさや体制に適したプランを選べるように、サポートプランが搭載されています。
サポーターと電話またはオンラインで打ち合わせを行い、初期の導入における設定から運用の仕方までサポートしてもらうことが可能です。

そのため、パソコンでの操作やシステムを扱ったことがないような担当者でも、安心して利用できます。
運用していくスケジュールや初期設定に関するサポートだけでなく、業務を効率化するために最も適した利用の仕方も提案してもらえます。

誰でも使える・柔軟な打刻方法

従業員の働き方が多様化している昨今、さまざまな働き方に対応できる打刻方法を搭載していることが大切です。
さまざまな働き方に対応した打刻方法を搭載させることで、管理者の管理にかかる手間が減るだけでなく、従業員が働きやすい環境の構築や、不正の防止、働き方の改善といった効果も期待でき、生産性アップにもつながる可能性があります。
従業員のさまざまな働き方に合うように、パソコンだけでなくタブレットやスマートフォンなど、多くの打刻デバイスを提供しているのも特徴です。

例えば、モバイルで打刻する際は、打刻する際にカメラを起動させたり、GPS機能で一定範囲内での打刻のみできるように設定したりと、不正な打刻を防ぐための工夫が豊富です。
他にも生体認証により打刻できる機能も備えられており、非接触での顔認証システムにより、勤怠打刻と温度検知を同時に行えます。
[table “kintai” not found /]

ジンジャー勤怠の資料をダウンロード

ジンジャー勤怠の料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

400円/ユーザー

ジンジャー勤怠の評判・口コミ

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

以下のような口コミがありました。

ジンジャー勤怠の良い評判・口コミ

・オプション費用を払うことなく全ての機能を利用でき予算がたてやすい。
・ログインしてすぐ打刻ができるため、無駄な操作なくシンプルに使用することができます。
・毎日スマホもしくはPCログインして打刻ボタンを押すだけで出退勤の管理ができ便利。

ジンジャー勤怠のその他の評判・口コミ

・初期費用300,000円が発生するため、他の勤怠管理システムと比較すると割高に感じる。
・休日出勤申請等の申請手続きが「登録」「申請」の2段階で操作性が悪い。
・アラート通知機能があるのですが、通知に気づくことが難しい。

ジンジャー勤怠を導入した結果に関する評判・口コミ

・勤怠管理が複数の事業所をまたいで一位にできることで、アナログな電話・申請書の作成/記入、押印、メールで申請といった作業が不要となり、業務の効率化が図れるようになりました。
・導入前はタイムカードで勤怠を管理していたので、遅延があった際の管理が自己申告制とあいまいになっていたのですが、遅延証明書を添付することができ、正確に管理をすることができるようになりました。
・スマホから打刻が可能なため、出先での打刻ができるようになり直行直帰が行えるようになり、無駄な時間を削減できました。

ジンジャー勤怠の資料をダウンロード
ジンジャー勤怠の資料をダウンロード

その他の関連する記事

勤怠管理

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用 110円〜/ユーザー 無料お試し あり
初期費用 0円 最短導入期間 即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

       

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

類似サービス: freee勤怠管理Plus

(4.5)

月額費用 300円/ユーザー 無料お試し 30日間
初期費用 0円 最短導入期間 要問い合わせ

freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

       

多彩な打刻方法が導入できる

freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

わかりやすい画面で管理・修正が可能

freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

勤怠状況を一覧で確認

管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

類似サービス: KING OF TIME

(4.5)

         
月額費用 300円/ユーザー 無料お試しあり
初期費用 0円 最短導入期間 3営業日〜

KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

       

豊富な打刻手段

KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

給与計算も効率化

KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

いつでも最新の状態で利用できる

働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。