これは ID管理 の製品です。
ID管理の資料をダウンロード

おすすめのID管理システム

類似サービス: iDoperation

(4.5)

         
月額料金 要問い合わせ 契約期間 要問い合わせ
初期費用要問い合わせ 記事提供開始 要問い合わせ

iDoperationとは、NTTテクノクロス株式会社が提供している特権ID管理のためのソリューションです。 Administratorやrootといった特権IDの管理において発生しがちな課題が、これ1つで解決できることから、幅広い業界の企業に導入されています。

特権ID管理に必要な機能をオールインワンで提供

iDoperationは、特権ID管理に求められる3つの運用「特権IDの管理」、「特権IDの利用」、「特権IDの点検」をすべて実現し、求められる監査レベルに応じた基本機能を1つのパッケージで提供することができます。

監査対応実績100%

iDoperationは、これまでに様々なクライアントの監査事例をもとに、製品改善を続けており、監査対応実績は、100%(2012年からの当社実績)を実現しています。 豊富な監査レポートだけでなく、「監査人向け説明マニュアル」を用意しているため、導入企業が効率的に監査対応ができるようにサポートすることが可能です。

これはID管理の製品です。

ID管理の製品をまとめて資料請求

Unified-oneとは?

Unified-Oneとは、富士通株式会社が提供する大学向けのID管理システムです。複数のシステムで使用する、IDやパスワード、氏名、住所、所属を一元で管理できます。学生や職員、教員、卒業生、父母、図書館利用者、公開講座受講者の情報をシステム上に登録。学生・人事システムや教育研究システム、図書館情報システム、公開講座受講システムなどの利用者情報を、まとめて管理することが可能です。

Unified-Oneで登録・変更することで、外部サービスでも一括処理できます。個人単位はもちろん、グループ別の処理にも対応。システムごとに別々に管理する必要がないため、煩雑なID管理業務を効率化できるでしょう。

Unified-oneの特徴

特徴①利用者情報を一元管理・一括処理

利用者情報をシステム上で一元管理することで、大学内の下位システムに配信できます。Unified-Oneで利用者情報を管理するだけでよいため、いちいち登録・更新する手間がかかりません。運用スタート後の下位システム追加にも対応しています。

入学や卒業時の一括登録や削除・変更をスムーズにおこなえるでしょう。「卒業後の一定期間後に削除」「長期間パスワード変更をしない学生へのシステムの利用停止・解除」「一人に複数ID保有」にも対応しています。

特徴②IDライフサイクルの完全自動化

Unified-Oneでは、学生システムや人事システムなど上位システムで生成した利用者情報を自動で取り込めます。学生が大学に入学してから卒業するまで、それぞれの学歴状態に適したID運用定義が可能です。登録や更新、削除、利用停止、利用停止解除など、IDライフサイクルを完全に自動化できます。学歴状態にあわせて手作業で処理する必要がないため、手間や時間がかかりません。

特徴③全学拡張オプションが充実

Unified-Oneでは複数の全学拡張オプションが揃っています。小学校や中学校、高等学校など付属校から大学卒業後まで、生涯IDとして管理。IDライフサイクル管理や、職員・父母といった種別の異なるIDを紐づけできるため、個人の特定が簡単です。さらにICカード管理機能によって、ICカード情報管理やICカード情報連携がおこなえます。サービス利用申請承認機能ではサービスの利用申請を承認でき、承認内容もシステムに反映させることが可能です。

[table “id_kanri” not found /]
 
これは ID管理の製品です。
ID管理の資料をダウンロード

Unified-oneの料金・価格

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

Unified-oneの評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

Unified-oneの良い評判・口コミ

・複数のシステムで、ユーザーの一元管理と一括処理がおこなえるので便利です。

Unified-oneのその他の評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

Unified-oneを導入した結果に関する評判・口コミ

現在当製品の口コミを募集しています。

 
これは ID管理の製品です。
ID管理の資料をダウンロード

その他の関連する記事