これは ID管理 の製品です。
ID管理の資料をダウンロード

microsoftentraidとは

microsoftentraidは、Microsoft社の複数のクラウドサービスのアクセス管理ができるサービスです。

microsoftentraidを導入することで、複数のクラウドサービスのアカウント情報を一元的に管理することが可能となります。

企業はクラウド認証のためのシステムを独自に構築する必要がなくなり、安全にユーザー認証できる環境が構築されます。

簡単にセキュリティ性の高い認証が行えるようになるため、業務負荷は大きく削減されるはずです。

おすすめのID管理システム

類似サービス: iDoperation

(4.5)

         
月額料金 要問い合わせ 契約期間 要問い合わせ
初期費用要問い合わせ 記事提供開始 要問い合わせ

iDoperationとは、NTTテクノクロス株式会社が提供している特権ID管理のためのソリューションです。 Administratorやrootといった特権IDの管理において発生しがちな課題が、これ1つで解決できることから、幅広い業界の企業に導入されています。

特権ID管理に必要な機能をオールインワンで提供

iDoperationは、特権ID管理に求められる3つの運用「特権IDの管理」、「特権IDの利用」、「特権IDの点検」をすべて実現し、求められる監査レベルに応じた基本機能を1つのパッケージで提供することができます。

監査対応実績100%

iDoperationは、これまでに様々なクライアントの監査事例をもとに、製品改善を続けており、監査対応実績は、100%(2012年からの当社実績)を実現しています。 豊富な監査レポートだけでなく、「監査人向け説明マニュアル」を用意しているため、導入企業が効率的に監査対応ができるようにサポートすることが可能です。

これはID管理の製品です。

ID管理の製品をまとめて資料請求

microsoftentraidの特徴

コストが削減される

microsoftentraidはクラウドサービスであることから、自社でサーバーを構築する必要はなく、初期投資や外部に委託するコストは必要ありません。

さらにSaaS型で、オンラインで始められることから、導入も簡単に行うことができます。

加えて、使用した分だけを支払う課金型のサブスクリプション制であることから、使用しないときは費用は発生しません。

したがって、運用コストが削減され、コストカットが叶うのです。

業務の負担が軽減される

microsoftentraidは、セルフパスワードリセット機能が搭載されています。

これは、ユーザーがパスワードを忘れてしまったり、アカウントがロックされたりした場合、安全で簡単な操作によって、正常な画面に戻り、作業を行える機能です。

この機能を活用することで、システム管理者・ヘルプデスク担当のサポート不要でトラブル回避を実現できるため、管理者・担当者の業務負担を削減することができます。

また、Microsoft 365など他ツールとも簡単に連携できる点も操作性が評価される所以と言えるでしょう。

セキュリティの強化が叶う

microsoftentraidは、アクセスログ・認証ログを一元管理することで、不正アクセスや侵入の早期発見・検出が叶うシステムです。

したがって、クラウド環境のセキュリティレベル強化には最適と言えるでしょう。

また、二段階認証・独自の条件設定による多要素認証などのアクセス機能など、あらゆる端末管理機能も搭載されていることから、外部アクセスされる機会が増えるリモートワーク時の安全管理の際にも、大きく力を発揮してくれることでしょう

 
これは ID管理の製品です。
ID管理の資料をダウンロード

の料金・価格

初期費用

0円〜

月額費用

0円〜

の評判・口コミ

以下のような口コミがありました。

の良い評判・口コミ

Intuneと組み合わせる事により、許可していない端末の365へのアクセスの防止が叶いました。
不正ログインなどのリスクが検出されるようになったことから、安心・安全なID管理の運用が叶いました。

のその他の評判・口コミ

コマンドレットがやや複雑なのが難点だと感じました。

を導入した結果に関する評判・口コミ

365製品との連携して便利に活用できるようになりました。

 
これは ID管理の製品です。
ID管理の資料をダウンロード

その他の関連する記事